今日の臨床サポート

正常圧水頭症

著者: 厚見秀樹 東海大学医学部外科学系

監修: 高橋裕秀 昭和大学藤が丘病院 脳神経内科

著者校正/監修レビュー済:2021/11/02
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 特発性正常圧水頭症(iNPHの有病率は、0.2~3.7%で、120/10万人と推定される。
  1. iNPHの三徴の中で、歩行障害は94~100%、認知障害は78~98%、排尿障害は60~92%に認める[1]。三徴候が全て揃う例は60程度である。
  1. 画像診断上、DESH所見、脳梁角の急峻化所見が、iNPHの診断、手術効果予測に有用である。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
厚見秀樹 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:高橋裕秀 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 正常圧水頭症を、1)先天性水頭症(Congenital/Developmental etiologies)、2)二次性水頭症(Acquired etiologies : sNPH)、3)特発性(Idiopathic : iNPH)、4)家族性(Familial etiologies)に分類した。
  1. iNPHは、Suspected、Possible、Probable、Definiteの4段階に分類された。歩行障害を呈し、画像上くも膜下腔の不均衡な拡大を伴う水頭症(Disproportionately Enlarged Subarachnoid-space Hydrocephalus: DESH)所見、または脳脊髄液排除試験で症状の改善を認めるPossible群のシャント術の有効性が示され、画像所見の診断価値が見直された[2]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 正常圧水頭症とは、脳脊髄液の正常な運動が何らかの理由により慢性的に障害されることにより生じる、歩行障害、認知障害、尿失禁を主症候とし、いずれか1つあるいは複数を認める進行性の病態であり、適切なシャント術によって症状の改善を得る可能性がある症候群である。
  1. クモ膜下出血、髄膜炎、頭部外傷など先行する病態が存在し、その後の変化として発症するもの(二次性)、画像上の特徴を有し、先天的な原因が症状遅発で発症するもの(先天性)、特定の原因が不明なもの(特発性)、家族性に発症する例(家族性)に分類される。
  1. 特発性正常圧水頭症(iNPH)の有病率は0.2~3.7%、罹患率は年間120/10万人と推定されている。
  1. iNPH発症の危険因子でエビデンスレベルの高いものは明らかではないが、加齢は明らかと考えられる。
 
病歴・診察のポイント  
  1. 60歳以上で、画像上脳室拡大を認め、歩行障害、認知障害、排尿障害の1つ以上症状を認める場合は、正常圧水頭症を疑う。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Masaaki Hashimoto, Masatsune Ishikawa, Etsuro Mori, Nobumasa Kuwana, Study of INPH on neurological improvement (SINPHONI)
雑誌名: Cerebrospinal Fluid Res. 2010 Oct 31;7:18. doi: 10.1186/1743-8454-7-18. Epub 2010 Oct 31.
Abstract/Text BACKGROUND: Idiopathic normal pressure hydrocephalus (iNPH) is a treatable neurological syndrome in the elderly. Although the magnetic resonance imaging (MRI) findings of tight high-convexity and medial subarachnoid spaces and the ventriculo-peritoneal (VP) shunt with programmable valve are reportedly useful for diagnosis and treatment, respectively, their clinical significance remains to be validated. We conducted a multicenter prospective study (Study of Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus on Neurological Improvement: SINPHONI) to evaluate the utility of the MRI-based diagnosis for determining the 1-year outcome after VP shunt with the Codman-Hakim programmable valve.
METHODS: Twenty-six centers in Japan were involved in this study. Patients aged between 60 and 85 years with one or more of symptoms (gait, cognitive, and urinary problems) and MRI evidence of ventriculomegaly and tight high-convexity and medial subarachnoid spaces received VP shunt using the height/weight-based valve pressure-setting scheme. The primary endpoint was a favorable outcome (improvement of one level or more on the modified Rankin Scale: mRS) at one year after surgery, and the secondary endpoints included improvement of one point or more on the total score of the iNPH grading scale. Shunt responder was defined by more than one level on mRS at any evaluation point in one year.
RESULTS: The full analysis set included 100 patients. A favorable outcome was achieved in 69.0% and 80.0% were shunt responders. When measured with the iNPH grading scale, the one-year improvement rate was 77.0%, and response to the surgery at any evaluation point was detected in 89.0%. Serious adverse events were recorded in 15 patients, three of which were events related to surgery or VP shunt. Subdural effusion and orthostatic headache were reported as non-serious shunt-related adverse events, which were well controlled with readjustment of pressure.
CONCLUSIONS: The MRI-based diagnostic scheme is highly useful. Tight high-convexity and medial subarachnoid spaces, and enlarged Sylvian fissures with ventriculomegaly, defined as disproportionately enlarged subarachnoid-space hydrocephalus (DESH), are worthwhile for the diagnosis of iNPH. This study is registered with ClinicalTrials.gov, number NCT00221091.

PMID 21040519  Cerebrospinal Fluid Res. 2010 Oct 31;7:18. doi: 10.1186・・・
著者: H Stolze, J P Kuhtz-Buschbeck, H Drücke, K Jöhnk, M Illert, G Deuschl
雑誌名: J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2001 Mar;70(3):289-97. doi: 10.1136/jnnp.70.3.289.
Abstract/Text OBJECTIVES: Comparative gait analyses in neurological diseases interfering with locomotion are of particular interest, as many hypokinetic gait disorders have the same main features. The aim of the present study was (1) to compare the gait disturbance in normal pressure hydrocephalus and Parkinson's disease; (2) to evaluate which variables of the disturbed gait pattern respond to specific treatment in both diseases; and (3) to assess the responsiveness to visual and acoustic cues for gait improvement.
METHODS: In study 1 gait analysis was carried out on 11 patients with normal pressure hydrocephalus, 10 patients with Parkinson's disease, and 12 age matched healthy control subjects, on a walkway and on a treadmill. In study 2, patients with normal pressure hydrocephalus were reinvestigated after removal of 30 ml CSF, and patients with Parkinson's disease after administration of 150 mg levodopa. In part 3 visual cues were provided as stripes fixed on the walkway and acoustic cues as beats of a metronome.
RESULTS: The gait disorder in both diseases shared the feature of a reduced gait velocity, due to a diminished and highly variable stride length. Specific features of the gait disturbance in normal pressure hydrocephalus were a broad based gait pattern with outward rotated feet and a diminished height of the steps. After treatment in both diseases, the speed increased, due to an enlarged stride length, now presenting a lower variability. All other gait variables remained unaffected. External cues only mildly improved gait in normal pressure hydrocephalus, whereas they were highly effective in raising the stride length and cadence in Parkinson's disease.
CONCLUSION: The gait pattern in normal pressure hydrocephalus is clearly distinguishable from the gait of Parkinson's disease. As well as the basal ganglia output connections, other pathways and structures most likely in the frontal lobes are responsible for the gait pattern and especially the disturbed dynamic equilibrium in normal pressure hydrocephalus. Hypokinesia and its responsiveness to external cues in both diseases are assumed to be an expression of a disturbed motor planning.

PMID 11181848  J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2001 Mar;70(3):289-97. d・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから