今日の臨床サポート

脂漏性湿疹

著者: 五十嵐敦之 NTT東日本関東病院 皮膚科

監修: 戸倉新樹 掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター 参与/浜松医科大学 名誉教授

著者校正/監修レビュー済:2021/05/26
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 頭部、顔面、耳後部、腋窩、胸部や背部正中部、臍周囲などのいわゆる脂漏部位にみられる鱗屑、紅斑で軽度の瘙痒を伴う。
  1. ふけ症とは軽症の脂漏性皮膚炎を指しているものと考えられる。
  1. 皮膚に常在する真菌の一種であるマラセチアが脂漏性皮膚炎の発病因子として重要視されている。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。

閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
五十嵐敦之 : 報酬額(マルホ株式会社,ヤンセンファーマ株式会社),講演料(マルホ株式会社)[2021年]
監修:戸倉新樹 : 講演料(田辺三菱,サノフィ,マルホ,協和キリン),研究費・助成金など(ノバルティス,レオファーマ)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、治療について加筆修正を行った。 

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 頭部、顔面、耳後部、腋窩、胸部や背部正中部、臍周囲などのいわゆる脂漏部位にみられる鱗屑、紅斑で軽度の瘙痒を伴う。
 
前額髪際部の脂漏性湿疹

ケースの説明
病歴:70歳代、男性。数年来ふけが目立ち前額も赤みを伴い、時に痒みがある。
診察:前額髪際部に鱗屑、紅斑を認める。
治療:ケトコナゾールクリームを1日2回外用指示。
転帰:外用4週後には鱗屑、紅斑が改善した。
a:治療開始時。b:ケトコナゾールクリーム外用4週後。

出典

img1:  著者提供
 
 
 
耳後部の脂漏性皮膚炎

病歴:40歳代、女性。初診の数カ月前より耳後部に軽度の痒みを伴う皮疹が出現。
診察:耳後部に鱗屑、紅斑を認める。
治療:ミディアムクラスのステロイド外用薬を1日2回外用指示。
転帰:外用2週後には著明改善。

出典

img1:  著者提供
 
 
 
脂漏性皮膚炎

前額部にみられた典型的な臨床像

出典

img1:  著者提供
 
 
 
  1. アトピー性皮膚炎では鼻唇溝と鼻部に皮疹がみられないのと対照的に、脂漏性皮膚炎では皮疹の好発部位である。
  1. ふけ症とは軽症の脂漏性皮膚炎を指しているものと考えられる。
  1. 思春期以降に生じるが男女比は2:1と男性に多い傾向にあり、中年男性に好発する。
  1. 生後1カ月前後の乳児の頭部や顔面にみられる乳児脂漏性皮膚炎は2、3カ月後に自然治癒する例がほとんどであり、成人のものとは別の病態と考えられる。
  1. 皮膚に常在する真菌の一種であるマラセチアが脂漏性皮膚炎の発病因子として重要視されている[1]
問診・診察のポイント  
  1. 脂漏性皮膚炎患者の約2/3は頭皮に症状を有し、粃糠様落屑を付着した浸潤を欠く紅斑がみられる。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Ismael A Conti Diaz, Eduardo Civila, Rafael Veiga
雑誌名: Mycopathologia. 2002;153(2):71-5.
Abstract/Text After determining the usual malassezic biota of the scalp in adult, normal persons, 259 patients with different desquamative diseases were studied by a simple adhesive tape technique. The main purpose of this study was to investigate the utility of this technique to improve the diagnosis and treatment of patients. Most patients with seborrhoeic dermatitis and sebopsoriasis demonstrated large numbers of Malassezia spp. cells corresponding to the so called "pityrosporosis". Only 43.6% of patients with pityriasis capitis (dandruff) presented with such a diagnosis. Symptomatic pityrosporosis of the scalp should be treated with imidazolic derivatives or other antifungal substances. Patients with psoriasis of the scalp showed a typical microscopic picture represented by parakeratosic (nucleated) keratinocytes with absence of lipophilic yeasts which should be attributed to the usual dryness of the scales Microbial epidermitis (eczema) of the scalp revealed another characteristic picture constituted by abundant leukocytes and bacteria without the presence of yeasts. The different microscopic pictures seen with this simple technique for diseases of the scalp, offer an adjunct to make a proper diagnosis and to establish a convenient treatment in cases which are not clinically well defined.

PMID 12000128  Mycopathologia. 2002;153(2):71-5.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから