今日の臨床サポート

丘疹紅斑型薬疹

著者: 寺木祐一 埼玉医科大学総合医療センター 皮膚科

監修: 戸倉新樹 掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター 参与/浜松医科大学 名誉教授

著者校正/監修レビュー済:2021/09/15
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 丘疹紅斑型薬疹は臨床的に大小の紅斑が体幹、四肢を中心に播種状に多発、しばしば融合傾向を示す薬疹である。
  1. 鑑別すべき疾患には感染症に伴う皮疹、特にウイルス性の急性発疹症が重要である(推奨度1)。
  1. 軽症例であれば、ステロイド外用、また抗ヒスタミン薬の内服を併用する(推奨度1)。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必 要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
寺木祐一 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:戸倉新樹 : 講演料(田辺三菱,サノフィ,マルホ,協和キリン),研究費・助成金など(ノバルティス,レオファーマ)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 薬疹の診断について詳しく述べた。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 丘疹紅斑型薬疹は臨床的に大小の紅斑が体幹、四肢を中心に播種状に多発、しばしば融合傾向を示す薬疹である。播種状紅斑丘疹型とも呼ばれる。
  1. 様々な程度の痒みを伴うことが多く、しばしば発熱も見られる。
  1. 薬疹の臨床病型の中で最も多いタイプの薬疹である。
  1. 原因薬剤は多彩であるが、ペニシリンなどの抗菌薬、サルファ薬、抗てんかん薬、アロプリノール、NSAIDs、造影剤などによる報告が多い。
  1. 遅延型アレルギー機序により発症する。薬剤を新規に摂取した場合、4日~2週で皮疹が出現することが多い。既に感作されている個体では、1~3日で発症する。
  1. 発疹学的に急性ウイルス性発疹症との鑑別が難しい。
  1. 原因薬中止1~2週間で改善するが、薬剤性過敏症症候群やスティーブンス・ジョンソン症候群に進展する症例もあるので、注意する。
  1. [文献参考:[1][2][3]]
問診・診察のポイント  
  1. 薬剤摂取中に丘疹紅斑型の発疹が出現すれば、薬剤摂取歴と皮疹の発生時期との関係を中心に詳しく問診する。薬疹の既往歴も尋ねる。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Michael R Ardern-Jones, Peter S Friedmann
雑誌名: Br J Clin Pharmacol. 2011 May;71(5):672-83. doi: 10.1111/j.1365-2125.2010.03703.x.
Abstract/Text Cutaneous adverse drug reactions range from mild to severe and from those localized only to skin to those associated with systemic disease. It is important to distinguish features of cutaneous drug reactions which help classify the underlying mechanism and likely prognosis as both of these influence management decisions, some of which necessarily have to be taken rapidly. Severe cutaneous reactions are generally T cell-mediated, yet this immunological process is frequently poorly understood and principles for identification of the culprit drug are different to those of IgE mediated allergic reactions. Furthermore, intervention in severe skin manifestations of drug allergy is frequently necessary. However, a substantial literature reports on success or otherwise of glucocorticoids, cyclophsphamide, ciclosporin, intravenous immunoglobulin and anti-tumour necrosis factor therapy for the treatment of toxic epidermal necrolysis without clear consensus. As well as reviewing the recommended supportive measures and evidence base for interventions, this review aims to provide a mechanistic overview relating to a proposed clinical classification to assist the assessment and management of these complex patients.

© 2011 The Authors. British Journal of Clinical Pharmacology © 2011 The British Pharmacological Society.
PMID 21480947  Br J Clin Pharmacol. 2011 May;71(5):672-83. doi: 10.111・・・
著者: Nikhil Yawalkar
雑誌名: Toxicology. 2005 Apr 15;209(2):131-4. doi: 10.1016/j.tox.2004.12.023.
Abstract/Text Cutaneous adverse reactions to drugs can comprise a broad spectrum of clinical and histopathological features. Recent evidence from immunohistological and functional studies of drug-reactive T cells suggest that distinct T-cell functions may be responsible for this broad spectrum of different clinical reactions. Maculopapular exanthems represent the most commonly encountered cutaneous drug eruption. Previous studies on maculopapular exanthems indicate that drug-specific CD4+ T cells expressing cytotoxic granule proteins such as perforin and granzyme B are critically involved in killing activated keratinocytes. These cells are particularly found at the dermo-epidermal junction and may contribute to the generation of vacuolar alteration and destruction of basal keratinocytes, which are typical found in drug-induced maculopapular exanthems. In contrast to maculopapular exanthems, the preferential activation of drug-specific cytotoxic CD8+ T cells may lead to more severe reactions like bullous drug eruptions. Furthermore, activation of drug-specific T with distinct cytokine and chemokines profiles may also explain the different clinical features of drug-induced exanthems. IL-5 and eotaxin are upregulated in maculopapular exanthems and explain the eosinophilia often found in these reactions.

PMID 15767025  Toxicology. 2005 Apr 15;209(2):131-4. doi: 10.1016/j.to・・・
著者: Jean-Christoph Caubet, Laurent Kaiser, Barbara Lemaître, Benoît Fellay, Alain Gervaix, Philippe A Eigenmann
雑誌名: J Allergy Clin Immunol. 2011 Jan;127(1):218-22. doi: 10.1016/j.jaci.2010.08.025. Epub 2010 Oct 28.
Abstract/Text BACKGROUND: Delayed-onset urticarial or maculopapular rashes are frequently observed in children treated with β-lactams. Many are labeled "allergic" without reliable testing.
OBJECTIVE: Determine the etiology of these rashes by exploring both infectious and allergic causes.
METHODS: Children presenting to the emergency department with delayed-onset urticarial or maculopapular rashes were enrolled. Acute and convalescent sera were obtained for viral screening along with a throat swab. Subjects underwent intradermal and patch skin testing for β-lactams 2 months after presentation. Anti-β-lactam blood allergy tests were also obtained. All subjects underwent an oral challenge test (OCT) with the culprit antibiotic.
RESULTS: Eighty-eight children were enrolled between 2006 and 2008. There were 11 (12.5%) positive intradermal and no positive patch tests. There were 2 (2.3%) positive blood allergy tests. There were 6 (6.8%) subjects with a positive OCT, 2 were intradermal-negative, and 4 were intradermal-positive. No OCT reactions were more severe than the index event. Most subjects had at least 1 positive viral study, 54 (65.9%) in the OCT negative group.
CONCLUSION: In this situation, β-lactam allergy is clearly overdiagnosed because the skin rash is only rarely reproducible (6.8%) by a subsequent challenge. Viral infections may be an important factor in many of these rashes. OCTs were positive in a minority of intradermal skin test-positive subjects. Patch testing and blood allergy testing provided no useful information. OCTs should be considered in all children who develop a delayed-onset urticarial or maculopapular rash during treatment with a β-lactam.

Copyright © 2010 American Academy of Allergy, Asthma & Immunology. Published by Mosby, Inc. All rights reserved.
PMID 21035175  J Allergy Clin Immunol. 2011 Jan;127(1):218-22. doi: 10・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから