今日の臨床サポート

腋臭症

著者: 嵯峨賢次 廣仁会アリオ札幌皮膚科クリニック

監修: 戸倉新樹 掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター 参与/浜松医科大学 名誉教授

著者校正/監修レビュー済:2019/05/31
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 腋窩の清潔を保つ。
  1. 塩化アルミニウム液を外用する。
  1. 腋毛を処理する。
  1. 閲覧にはご契約が必要と
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
嵯峨賢次 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:戸倉新樹 : 講演料(田辺三菱,サノフィ,マルホ,協和キリン),研究費・助成金など(ノバルティス,レオファーマ)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い「概要・推奨」を加筆した。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 腋臭症は「わきが」と呼ばれており、思春期以降に発症する。
  1. 腋臭症は湿性耳垢と関連しており、遺伝性がある[1]
  1. 腋窩の汗が独特の刺激臭を発し、湿性耳垢、家族性があるなどの所見があれば診断は容易である。
  1. 腋窩に存在するアポクリン汗腺分泌液が細菌により分解されて臭いを発する。
  1. 実際には臭わないにもかかわらず腋臭を強く訴える場合がある。
 
アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は腋窩、乳暈、外陰部に存在する。アポクリン汗腺は毛包に開口する。思春期に分泌が活発になる。アポクリン汗腺分泌液は有機物を多量に含み刺激臭を発する。

出典

問診・診察のポイント  
  1. 思春期以降に発症し、腋窩アポクリン汗腺分泌物が独特な刺激臭を発する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Dietrich Keppler
雑誌名: Handb Exp Pharmacol. 2011;(201):299-323. doi: 10.1007/978-3-642-14541-4_8.
Abstract/Text The nine multidrug resistance proteins (MRPs) represent the major part of the 12 members of the MRP/CFTR subfamily belonging to the 48 human ATP-binding cassette (ABC) transporters. Cloning, functional characterization, and cellular localization of most MRP subfamily members have identified them as ATP-dependent efflux pumps with a broad substrate specificity for the transport of endogenous and xenobiotic anionic substances localized in cellular plasma membranes. Prototypic substrates include glutathione conjugates such as leukotriene C(4) for MRP1, MRP2, and MRP4, bilirubin glucuronosides for MRP2 and MRP3, and cyclic AMP and cyclic GMP for MRP4, MRP5, and MRP8. Reduced glutathione (GSH), present in living cells at millimolar concentrations, modifies the substrate specificities of several MRPs, as exemplified by the cotransport of vincristine with GSH by MRP1, or by the cotransport of GSH with bile acids or of GSH with leukotriene B(4) by MRP4.The role of MRP subfamily members in pathophysiology may be illustrated by the MRP-mediated release of proinflammatory and immunomodulatory mediators such as leukotrienes and prostanoids. Pathophysiological consequences of many genetic variants leading to a lack of functional MRP protein in the plasma membrane are observed in the hereditary MRP2 deficiency associated with conjugated hyperbilirubinemia in Dubin-Johnson syndrome, in pseudoxanthoma elasticum due to mutations in the MRP6 (ABCC6) gene, or in the type of human earwax and osmidrosis determined by single nucleotide polymorphisms in the MRP8 (ABCC8) gene. The hepatobiliary and renal elimination of many drugs and their metabolites is mediated by MRP2 in the hepatocyte canalicular membrane and by MRP4 as well as MRP2 in the luminal membrane of kidney proximal tubules. Therefore, inhibition of these efflux pumps affects pharmacokinetics, unless compensated by other ATP-dependent efflux pumps with overlapping substrate specificities.

PMID 21103974  Handb Exp Pharmacol. 2011;(201):299-323. doi: 10.1007/9・・・
著者: Y J Park, M S Shin
雑誌名: Ann Plast Surg. 2001 Sep;47(3):303-9.
Abstract/Text Axillary osmidrosis is caused by excessive secretion of apocrine, which causes an acrid odor and extreme social embarrassment. Elimination of the apocrine glands by a radical surgical procedure is known as the best solution for axillary osmidrosis; however, it is often accompanied by marked complications. The purpose of this study was to seek a more effective surgical procedure by comparing the various preexisting subcutaneous apocrine gland elimination methods using four parameters: odor, scar, immobilization period, and other surgical complications such as hematoma, seroma, flap necrosis, and wound dehiscence. From March 1995 to March 2000, a total of 189 patients underwent surgery for axillary osmidrosis via manual subdermal shavings (N = 117), liposuction curettage (N = 32), CO2 laser vaporization (N = 18), and ultrasonic aspiration (N = 22). Of these procedures, manual shaving had the lowest recurrence rate for malodor. However, the disadvantages of this procedure included wide scar, a long immobilization period, and moderate cases of surgical complications. CO2 laser vaporization had results similar to manual shaving except for a clinically higher recurrence rate. Liposuction had advantages such as small invisible scars, a short-term immobilization period, and the least number of surgical complications, but it had a high rate of dissatisfaction in postoperative malodor (46.9%). Ultrasonic aspiration offered better results such as short surgical scar and relatively low recurrence rate, but it had some surgical complications (3 of 44 axillas). Therefore, removal of subcutaneous apocrine glands by manual subdermal shaving is the treatment of choice for axillary osmidrosis, with a low recurrence rate (7.7%). Other adjuvant procedures were effective in achieving short scars and low surgical complications, but there was dissatisfaction in the rate of recurrence.

PMID 11562036  Ann Plast Surg. 2001 Sep;47(3):303-9.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから