今日の臨床サポート

舌痛症

著者: 豊福 明 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科歯科心身医学分野

監修: 近津大地 東京医科大学

著者校正/監修レビュー済:2019/06/06
患者向け説明資料
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
豊福 明 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:近津大地 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、参考文献を改訂した

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 舌の慢性の「ピリピリ」「ヒリヒリ」感を訴える
  1. 50歳代以降の女性が80%程度
  1. 器質的異常所見は認められず、食事には支障が少ない
  1. ステロイド軟膏やビタミン剤などは無効
  1. 抗うつ薬が奏効する
  1. 舌痛症の患者の20%程度にうつ病の合併があるので注意
  1. 約60%で味覚障害や口腔乾燥症を伴うとされ、痛みよりそれらが前景に立つこともある。
  1. 本症の自然治癒率は5年間で3%である[1]
問診・診察のポイント  
  1. 舌癌や口底癌を見逃さないよう、口腔内の視診と触診は必須

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: A Sardella, G Lodi, F Demarosi, C Bez, S Cassano, A Carrassi
雑誌名: Oral Dis. 2006 Mar;12(2):152-5. doi: 10.1111/j.1601-0825.2005.01174.x.
Abstract/Text OBJECTIVE: The aim of this investigation was to evaluate the spontaneous remission rate of burning mouth syndrome (BMS) in a group of subjects suffering from this syndrome.
SUBJECTS AND METHODS: The medical records of BMS patients attending the Unit of Oral Medicine (1995-2002) were reviewed. The patients with a follow-up period of at least 18 months were then contacted over phone and interviewed using a structured ad hoc questionnaire to record their current symptoms and data about their treatment responses to the therapies.
RESULTS: Forty-eight women and five men with a mean age of 67.7 years (range 33-82 years) were included in the study (mean duration of BMS 5.5 years, s.d. +/-1.9 years, mean follow-up period of 56 months). As a consequence of different treatments, 26 patients (49.0%) reported no change in oral symptoms, 15 (28.3%) moderate improvement and 10 (18.9%) a worsening of oral complaints. Only two patients (3.7%) reported a complete spontaneous remission of oral symptoms without any treatment.
CONCLUSIONS: In this study, a complete spontaneous remission was observed in 3% of the patients within 5 years after the onset of BMS. A moderate improvement was obtained in <30% of the subjects.

PMID 16476036  Oral Dis. 2006 Mar;12(2):152-5. doi: 10.1111/j.1601-082・・・
著者: Trang T H Tu, Miho Takenoshita, Hirofumi Matsuoka, Takeshi Watanabe, Takayuki Suga, Yuma Aota, Yoshihiro Abiko, Akira Toyofuku
雑誌名: Biopsychosoc Med. 2019;13:1. doi: 10.1186/s13030-019-0142-7. Epub 2019 Jan 31.
Abstract/Text Burning Mouth Syndrome (BMS), a chronic intraoral burning sensation or dysesthesia without clinically evident causes, is one of the most common medically unexplained oral symptoms/syndromes. Even though the clinical features of BMS have been astonishingly common and consistent throughout the world for hundreds of years, BMS remains an enigma and has evolved to more intractable condition. In fact, there is a large and growing number of elderly BMS patients for whom the disease is accompanied by systemic diseases, in addition to aging physical change, which makes the diagnosis and treatment of BMS more difficult. Because the biggest barrier preventing us from finding the core pathophysiology and best therapy for BMS seems to be its heterogeneity, this syndrome remains challenging for clinicians. In this review, we discuss currently hopeful management strategies, including central neuromodulators (Tricyclic Antidepressants - TCAs, Serotonin, and Norepinephrine Reuptake Inhibitors - SNRIs, Selective Serotonin Reuptake Inhibitors - SSRIs, Clonazepam) and solutions for applying non-pharmacology approaches. Moreover, we also emphasize the important role of patient education and anxiety management to improve the patients' quality of life. A combination of optimized medication with a short-term supportive psychotherapeutic approach might be a useful solution.

PMID 30733824  Biopsychosoc Med. 2019;13:1. doi: 10.1186/s13030-019-01・・・
著者: Miho Takenoshita, Haruhiko Motomura, Akira Toyofuku
雑誌名: Pain Med. 2017 Apr 1;18(4):814-815. doi: 10.1093/pm/pnw200.
Abstract/Text
PMID 27558854  Pain Med. 2017 Apr 1;18(4):814-815. doi: 10.1093/pm/pnw・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから