今日の臨床サポート

手足口病(小児科)

著者: 細矢光亮 福島県立医科大学 小児科学講座

監修: 渡辺博 帝京大学老人保健センター

著者校正/監修レビュー済:2021/07/14
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 手足口病は、手足および口腔内に水疱性発疹を呈する疾患であり、主にエンテロウイルス71やコクサッキーウイルスA6、A16などのエンテロウイルスによって引き起こされる。一般に、対症療法のみで治癒する予後の良好な疾患であるが、高熱や経口摂取困難等のために脱水症をきたしやすく、補液が必要な場合がある。ときに、髄膜炎、脳炎・脳症、ポリオ様麻痺、ギラン・バレー症候群などの神経系合併症をきたすことがあり、特にエンテロウイルス71では脳幹脳炎の発症に注意が必要である(推奨度2)。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
細矢光亮 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:渡辺博 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(大きな改訂はなし)

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 手足口病とは、エンテロウイルス71、コクサッキーウイルスA16やA6などのエンテロウイルスによって起こる、手、足、口腔内の水疱を主訴とする感染症である。
  1. エンテロウイルスは、従来の血清型による分類により、急性灰白髄炎(Poliomyelitis)の病原体であるポリオ(Polio)ウイルス(1~3型の3種)、哺乳マウスを用いて分離され、最初に分離された地名をもとに名づけられたコクサッキー(Coxsackie)ウイルス(A群:1~22,24型の23種、B群:1~6型の6種)、細胞培養法により分離され、当初疾患との関連が見いだせなかったことから名づけられたエコー(Enteric cytopathogenic human orphan、Echo)ウイルス(1~7,9,11~21,24~27,29~33型の28種)に分けられる。1969年以降に発見されたウイルスに対しては、コクサッキーウイルスとエコーウイルスを生物学的性状からは明瞭に区別できないことから、エンテロウイルスとして通し番号を付して呼ばれるようになり、新たに同定されたウイルスはエンテロウイルス(68-71型,その他)と命名された。
  1. 近年、エンテロウイルスは遺伝的相動性に基づき、ポリオウイルス以外をエンテロウイルスA(コクサッキーウイルスA2~8,10,12,14,16型、エンテロウイルス71型)、B(コクサッキーウイルスB1~6型、エコーウイルス1~7,9,11~21,24~27,29~33型、コクサッキーウイルスA9型、エンテロウイルス69型)、C(コクサッキーウイルスA1,11,13、15,17~22,24型)、D(エンテロウイルス68,70型)の4種(species)に新たに再分類されている。手足口病の原因となるエンテロウイルス71、コクサッキーウイルスA16やA6は、エンテロウイルスA種に分類される。
 
エンテロウイルス感染症の病態

エンテロウイルス感染症の病態とエンテロウイルスの血清型との間には関連がある。手足口病には、エンテロウイルス71とコクサッキーウイルスA16やA6が、ヘルパンギーナにはコクサッキーウイルスA群が関与する場合が多い。

 
  1. エンテロウイルス感染症は、熱帯地域では季節性に乏しいが、わが国を含む温帯地域においては夏季の急性熱性疾患に関わる病原体の代表であり、世界中に普遍的に存在するウイルスである。
  1. エンテロウイルスの一般的な感染経路は糞口(fecal-oral)あるいは飛沫(oral-oropharyngeal)によるヒト-ヒト感染である。ウイルスは通常の環境においては容易には失活せず、間接的にも感染(接触感染)し得る[1]
  1. 潜伏期は通常3-6日である。呼吸器系へのウイルス排泄は通常1週間未満であるが、糞便への排泄は発症から数週間持続する。不顕性感染においてもウイルスは糞便に排泄され、感染源となる[1]
  1. ウイルスは体内に侵入後、腸管で増殖し、その一部が血液中に入り、ウイルス血症を起こす。血液を介して種々の臓器に運ばれ、各臓器で再び増殖して組織障害を引き起こし、急性灰白髄炎(ポリオ)、手足口病、ヘルパンギーナ、無菌性髄膜炎、脳炎などのさまざまな臨床症状を呈する[2]
  1. 手足口病は、手足口に水疱性発疹を来す疾患である。手掌、手背、指間、足底、足背、口腔粘膜にみられ、ときに下腿、膝関節、殿部にも出現する。
  1. 手足口病の原因としては、エンテロウイルス71とコクサッキーウイルスA16が多かったが、近年コクサッキーウイルスA6による手足口病の流行が増加している。
  1. 通常、手足口病は軽症であるが、特にエンテロウイルス71では、中枢神経合併症として髄膜炎、脳幹脳炎、ポリオ様麻痺、ギラン・バレー症候群などを引き起こすことがある。
問診・診察のポイント  
  1. 手足口に水疱性発疹がみられる疾患である。手掌、手背、指間、足底、足背、口腔粘膜にみられ、ときに下腿、膝関節、殿部にも出現する。水疱性発疹を認めたら、出現部位を丁寧に確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Mitsuaki Hosoya, Yukihiko Kawasaki, Masatoki Sato, Ken Honzumi, Asako Kato, Toyomasa Hiroshima, Hiroaki Ishiko, Hitoshi Suzuki
雑誌名: Pediatr Infect Dis J. 2006 Aug;25(8):691-4. doi: 10.1097/01.inf.0000227959.89339.c3.
Abstract/Text BACKGROUND: Enterovirus 71 (EV71) is one of the major etiologic agents of hand, foot and mouth disease (HFMD). The surveillance data indicate that EV71 infection follows an epidemic mode of transmission, causing large outbreaks and then becoming quiescent for a few years.
METHODS: We investigated the genetic diversity of a total of 121 EV71 strains isolated from patients with HFMD in Fukushima, Japan, from 1983 to 2003 and compared their genetic relation with the 164 EV71 strains isolated in the world using phylogenetic analysis based on the VP4 sequence.
RESULTS: We observed EV71-related HFMD outbreaks in Fukushima in 1984, 1987, 1990, 1993, 1997, 2000 and 2003. Phylogenetic reconstruction of EV71 strains isolated in Fukushima demonstrated 8 genetically distinct clusters, including 6 subgroups previously designated as B-1, B-2 and 3, B-4, C-1, C-2, and C-3 and 2 subgroups newly designated as B-5 and C-4. Additional 2 indistinct clusters belonged to genogroup C and were named C-U1 and C-U2. Of those subgroups, B-1, C-U1, C-U2, C-2, B4, and C-4 and B-5 dominantly related to epidemics that occurred in the years 1984, 1987 and 1990, 1993, 1997, 2000 and 2003, respectively. EV71 strains derived from each outbreak in Fukushima formed a single cluster with those isolated during almost the same time period in other area of Japan and in other countries.
CONCLUSIONS: Our results suggested that the repeated EV71 outbreaks might be the result of the worldwide transmission of the newly introduced genetically divergent EV71 strains.

PMID 16874167  Pediatr Infect Dis J. 2006 Aug;25(8):691-4. doi: 10.109・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから