今日の臨床サポート

熱性けいれん(小児科)

著者: 高橋長久 心身障害児総合医療療育センター

監修: 五十嵐隆 国立成育医療研究センター

著者校正済:2020/09/24
現在監修レビュー中
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 生後6カ月から6歳ころに好発する。
  1. 再発率は50%以下であり、てんかん発症のリスクは90%以下である。
  1. 脳波検査は推奨されない。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
高橋長久 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:五十嵐隆 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、けいれん重積治療ガイドラインに則り変更を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 熱性けいれんは生後6カ月から6歳ごろに好発する発熱に伴うけいれん性疾患である。
  1. 多くの場合全身性強直間代けいれんであり、重積に至ることはまれである。
  1. けいれんが持続している場合には救急疾患であり、まずはけいれん頓挫に努めなければならない。
  1. 発症率は3.4~9.3%という報告がある。欧米に比して日本人では多い。
  1. 家族性に出現率が高いことが知られており、何らかの遺伝的な関与が示唆されている。
  1. けいれん重積を除いて、けいれんそのものには治療は必要ではない場合が多い。
  1. 再発率は50%以下であることが知られている。
  1. てんかん発症のリスクは2.0~7.5%程度であり、一般人口における発症率(0.5~1.0%)に比して高いが、保護者への説明においては90%以上が発症しないことの理解を促すように努める。
  1. 再発を繰り返す場合は、予防が必要な場合がある。
  1. 運動発達および知的発達の予後は良好である。
 
  1. 脳波検査でてんかん発症のリスクの評価は困難である。(参考文献:[1]
  1. 熱性けいれん重積の患者に1週間以内に脳波検査を実施した研究があるが、いずれも30%程度の患者に局所的な脳波異常(slow wave)を伴ったと報告されている。これらの研究は時代と場所を超えての発表であり、確からしいと考えられている。
  1. 熱性けいれん重積の患者がてんかんを発症したという報告もある。また局所的な脳波異常が将来的な棘波の出現に関係している可能性があるという報告がある。局所的な徐波がてんかん発症のリスクだという報告もある。
  1. 上記を結び付けると熱性けいれんで局所的な徐波の出現が将来的にてんかんの発症と関与する可能性は否定できないが、研究として報告されているものはない。前方視的な研究が必要であるという結論がある。
問診・診察のポイント  
  1. まずは意識状態の確認が重要である。けいれんが持続していればまずけいれんを頓挫させることを優先する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: D R Nordli, S L Moshé, S Shinnar
雑誌名: Brain Dev. 2010 Jan;32(1):37-41. doi: 10.1016/j.braindev.2009.09.015. Epub 2009 Oct 27.
Abstract/Text Febrile status epilepticus is an important neurological emergency and a risk factor for later development of epilepsy. There are guidelines recommending against the use of EEG in the evaluation of simple febrile seizures but the role in febrile status epilepticus is not well established. This article reviews the literature on the role of EEG in the evaluation of the patient with prolonged febrile seizures, summarizes the findings, and concludes with some simple recommendations based upon the existing knowledge. At least 30-40% of EEGs obtained within one week of febrile status epilepticus will contain abnormalities including focal slowing. In some series focal slowing appears to be associated with development of a spike focus in the same location. Prospective series with large numbers of patients and follow-up are required to ascertain whether such abnormalities are associated with later development of epilepsy.

Copyright 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.
PMID 19864096  Brain Dev. 2010 Jan;32(1):37-41. doi: 10.1016/j.brainde・・・
著者: Y Fukuyama, T Seki, C Ohtsuka, H Miura, M Hara
雑誌名: Brain Dev. 1996 Nov-Dec;18(6):479-84.
Abstract/Text Recent studies have shown that adequate medication can prevent the recurrence of febrile seizures (FS). It has also been clarified that the vast majority of, though not all, FS patients follow a benign course. Then, questions arise as to whether or not FS should be prevented, particularly in light of the risks of side effects from drugs. Which kinds of FS can be prevented, if necessary? The guidelines presented here are aimed primarily at helping general practitioners in considering how to manage FS most appropriately. The guidelines stress that judgements should be individualized, while referring to a few specific 'warning factors'. The guidelines follow a 'laissez-faire' principle for the majority of FS cases, whereas intermittent therapy with diazepam and continuous medication with either phenobarbital or valproate are indicated in other limited cases meeting respective definite criteria.

PMID 8980847  Brain Dev. 1996 Nov-Dec;18(6):479-84.
著者: Kenji Sugai
雑誌名: Brain Dev. 2010 Jan;32(1):64-70. doi: 10.1016/j.braindev.2009.09.019. Epub 2009 Oct 22.
Abstract/Text Febrile seizures (FS) require both acute and chronic management. Acute management includes the treatment and differential diagnosis of FS and depend on the presence of seizures and a patient's level of consciousness upon arrival at hospital: a patient may be discharged after physical examination if there are no seizures and no alteration of consciousness; close observation and laboratory examinations may be indicated in cases when there are no seizures but the patient exhibits altered consciousness; and intravenous diazepam (DZP) is indicated if seizures persist. Central nervous system infections should be ruled out: if the patient has signs of meningeal irritation or increased intracranial pressure, disturbed consciousness for >1h, atypical seizures (partial seizures, seizures for >15 min, or recurrent seizures within 24h), cerebrospinal fluid examinations and/or computed tomography/magnetic resonance imaging are warranted. Chronic management includes the prevention of recurrent FS, counseling parents, and vaccination. Japanese guideline for the prevention of recurrent FS defines two types of warning factors (WF) for selecting patients who should be monitored carefully: factors related to the onset of epilepsy (EP factors) and recurrence of FS (FS factors). The EP factors consist of neurological or developmental abnormalities prior to the onset of FS, atypical seizures, and history of epilepsy in parents or siblings. The FS factors include the onset of FS before 1 year of age and a history of FS in one or both parents. The guideline recommends no medication for children with two or fewer past episodes of FS without WF; prophylactic DZP for children with prolonged FS exceeding 15 min, or two or more episodes of FS with two or more WF; and daily administration of phenobarbital or valproate for children in whom FS occur under 38 degrees C or who have prolonged FS despite prophylactic DZP. To reduce parents' anxiety, the natural history of FS should be explained. A child can be given all current vaccinations 2-3 months after the last episode of FS by his/her family doctor with information provided to the parents as to how to cope with fever and convulsions.

Copyright 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.
PMID 19853393  Brain Dev. 2010 Jan;32(1):64-70. doi: 10.1016/j.brainde・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから