今日の臨床サポート

小児薬用量の考え方と小児薬物療法における注意点(小児科)

著者: 清宮啓介1) 慶應義塾大学病院 薬剤部

著者: 鈴木小夜2) 慶應義塾大学 薬学部

監修: 五十嵐隆 国立成育医療研究センター

著者校正/監修レビュー済:2021/04/21

概要・推奨   

  1. 成長・発達過程にある小児薬用量決定には、小児に特有の副作用や投与禁忌・注意薬剤を確認し、薬物体内動態や薬剤感受性の年齢に伴う変化を考慮する(推奨度1)
  1. 小児に対する効能・効果、用法・用量が添付文書に記載されている医薬品は約30%に過ぎない。小児薬用量算出にはAugsberger式(Ⅱ)などの換算式や簡便なVon Harnackの表を利用できる。必要に応じて最新のガイドラインやエビデンスレベルの高い論文を参考にする(推奨度1)。
  1. 年齢・発達に応じた薬剤の剤形選択や服薬方法の工夫が必要である。適切な剤形選択や患児・保護者に対する服用支援は薬剤師に相談できるほか、服薬補助食品や補助用具も利用できる(推奨度2)。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
清宮啓介 : 未申告[2021年]
鈴木小夜 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:五十嵐隆 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った。

まとめ

概要  
  1. 成長・発達過程にある小児薬物療法の用量・決定には、小児に特有の副作用や投与禁忌・注意薬剤を必ず確認し、薬物体内動態や薬剤感受性の年齢に伴う変化を考慮する。
  1. 小児薬用量算出にはさまざまな換算式を利用できるが、体表面積に基づく方法が優れているとされ、年齢から算出できる体表面積比に近似したAugsberger式(Ⅱ)が繁用されている(以下)。Augsberger式から求めた小児薬用量を近似したVon Harnackの表は実用的で簡便である。
  1. 小児薬用量の代表的な換算式:<図表>
  1. Augsberger式(Ⅱ): 成人用量×[(年齢×4 + 20 )/ 100 ]
  1. アドヒアランス向上のためには、年齢に応じた薬剤の剤形選択や服薬方法の工夫が必要であり、小児の服薬を助ける服薬補助食品や補助用具を利用できる。剤形選択や調剤上の疑問点などは薬剤師に相談するとよい。
  1. アドヒアランス向上のためには、保護者(介護者)に対する薬剤や服用方法についての情報提供による薬識向上も重要である。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: G A VON HARNACK
雑誌名: Monatsschr Kinderheilkd. 1956 Feb;104(2):55-6.
Abstract/Text
PMID 13321802  Monatsschr Kinderheilkd. 1956 Feb;104(2):55-6.
著者: W E Evans, M V Relling, S de Graaf, J H Rodman, J A Pieper, M L Christensen, W R Crom
雑誌名: J Pharm Sci. 1989 Jun;78(6):452-6.
Abstract/Text For several drugs metabolized by the liver, higher dosages (mg/kg body weight) are required in children to attain serum concentrations comparable to those in adults. Indocyanine green (ICG), a commonly used model substrate for hepatic elimination of high intrinsic clearance drugs, has been extensively evaluated in adults but not in children. We evaluated the disposition of ICG in 115 children with leukemia and nine healthy adult volunteers. The mean (SD) ICG plasma clearance (CLp) for all 115 children (age 0.9-17.8 years) was significantly greater (p = 0.0006) than for adults [14.8 (7.8) versus 10.6 (2.4) mL/min/kg]. When clearances from only children less than 10 years of age (N = 85) were compared with those from adults, the difference was even greater [15.6 (7.3) versus 10.6 (2.4) mL/min/kg; p = 0.0001]. However, when ICG CLp was normalized to body surface area, values for children did not differ significantly from adults [378 (204) versus 422 (102) mL/min/m2]. These data provide insight as to why dosage (mg/kg) requirements of certain drugs are higher in children.

PMID 2760818  J Pharm Sci. 1989 Jun;78(6):452-6.
著者: Gregory L Kearns, Susan M Abdel-Rahman, Sarah W Alander, Douglas L Blowey, J Steven Leeder, Ralph E Kauffman
雑誌名: N Engl J Med. 2003 Sep 18;349(12):1157-67. doi: 10.1056/NEJMra035092.
Abstract/Text
PMID 13679531  N Engl J Med. 2003 Sep 18;349(12):1157-67. doi: 10.1056・・・
著者: Sevasti B Koukouritaki, Jason R Manro, Sandra A Marsh, Jeffrey C Stevens, Allan E Rettie, D Gail McCarver, Ronald N Hines
雑誌名: J Pharmacol Exp Ther. 2004 Mar;308(3):965-74. doi: 10.1124/jpet.103.060137. Epub 2003 Nov 21.
Abstract/Text The CYP2C subfamily is responsible for metabolizing many important drugs and accounts for about 20% of the cytochrome p450 in adult liver. To determine developmental expression patterns, liver microsomal CYP2C9 and -2C19 were measured (n = 237; ages, 8 weeks gestation-18 years) by Western blotting and with diclofenac or mephenytoin, respectively, as probe substrates. CYP2C9-specific content and catalytic activity were consistent with expression at 1 to 2% of mature values (i.e., specific content, 18.3 pmol/mg protein and n = 79; specific activity, 549.5 pmol/mg/min and n = 72) during the first trimester, with progressive increases during the second and third trimesters to levels approximately 30% of mature values. From birth to 5 months, CYP2C9 protein values varied 35-fold and were significantly higher than those observed during the late fetal period, with 51% of samples exhibiting values commensurate with mature levels. Less variable CYP2C9 protein and activity values were observed between 5 months and 18 years. CYP2C19 protein and catalytic activities that were 12 to 15% of mature values (i.e., specific content, 14.6 pmol/mg and n = 20; specific activity, 18.5 pmol/mg/min and n = 19) were observed as early as 8 weeks of gestation and were similar throughout the prenatal period. CYP2C19 expression did not change at birth, increased linearly over the first 5 postnatal months, and varied 21-fold from 5 months to 10 years. Adult CYP2C19 protein and activity values were observed in samples older than 10 years. The ontogeny of CYP2C9 and -2C19 were dissimilar among both fetal and 0- to 5-months postnatal samples, implying different developmental regulatory mechanisms.

PMID 14634042  J Pharmacol Exp Ther. 2004 Mar;308(3):965-74. doi: 10.1・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから