今日の臨床サポート

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)

著者: 相良博典 昭和大学医学部 内科学講座 呼吸器・アレルギー内科学部門

監修: 長瀬隆英 東京大学 内科学専攻器官病態内科学講座

著者校正/監修レビュー済:2017/12/25

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. アレルギー性気管支肺アスペルギルス症とは、アスペルギルスに対するアレルギー反応の結果生じる疾患で好酸球増多性肺浸潤症候群(PIE症候群:pulmonary infiltration with eosinophilia syndrome)の代表的疾患の1つと考えられている。
  1. 喘息あるいは嚢胞性線維症(cystic fibrosis)などの呼吸器の基礎疾患を持つ患者に発症するといわれ、特に喘息患者の1~2%に認められる。
  1. 不可逆的な気道構造の破壊、嚢胞性変化と線維化が進行するので早期診断、早期治療および管理が重要である。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には ご
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
相良博典 : 講演料(グラクソ・スミスクライン株式会社,アストラゼネカ株式会社,サノフィ株式会社,ノバルティスファーマ株式会社,クラシエ薬品)[2021年]
監修:長瀬隆英 : 講演料(アストラゼネカ),研究費・助成金など(中外製薬)[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. アレルギー性気管支肺アスペルギルス症とは、アスペルギルスに対するアレルギー反応の結果生じる疾患で好酸球増多性肺浸潤症候群(PIE症候群:pulmonary infiltration with eosinophilia syndrome)の代表的疾患の1つと考えられている。
  1. 1952年にHinsonによって報告された疾患であり、吸入されたアスペルギルスの胞子が気道内で増殖し、その菌糸に感作されることによって起こり、アスペルギルスに対するⅠ、Ⅲ、Ⅳ型アレルギー反応が発症に関係している。
  1. ほとんどはAspergillus fumigatusによって発症するが、それ以外のアスペルギルス属や他の真菌でも発症が報告されている。
  1. 喘息あるいは嚢胞性線維症(cystic fibrosis)などの呼吸器の基礎疾患を持つ患者に発症するといわれ、特に喘息患者の1~2%に認められる。
問診・診察のポイント  
  1. 症状は喘鳴、末梢血好酸球の増加、胸部X線での移動する浸潤影、アスペルギルスを含む粘液栓がある。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: S C Donnelly, H McLaughlin, C P Bredin
雑誌名: Ir J Med Sci. 1991 Sep;160(9):288-90.
Abstract/Text The period of prevalence, 1988 inclusive, of Allergic Bronchopulmonary Aspergillosis (ABPA) and Allergic Bronchopulmonary Candiasis (ABPC), the two most frequently reported forms of allergic Bronchopulmonary Mycosis (ABPM), was investigated in an Irish regional hospital respiratory medicine outpatients, catchment area population 536,000. ABPM was defined by the presence of a majority of seven criteria: asthma, eosinophilia, elevated IgE, antibodies to Aspergillus Fumigatus or Candida Albicans, immediate skin test reaction to either fungus, culture of either fungus in sputum, and otherwise unexplained transient or permanent lung field x-ray abnormalities. New referrals were investigated for ABPM if they had asthma and eosinophilia, or asthma and lung field x-ray abnormalities. Fourteen patients with ABPM were identified from a total of 1390 new referrals, a period prevalence of just over one per cent. It is concluded that (1) ABPM is a relatively common disorder in an Irish regional hospital respiratory medicine outpatient population and (2) ABPC constitutes a higher proportion of this disorder than previously considered.

PMID 1769811  Ir J Med Sci. 1991 Sep;160(9):288-90.
著者: R Agarwal, A N Aggarwal, D Gupta, S K Jindal
雑誌名: Int J Tuberc Lung Dis. 2009 Aug;13(8):936-44.
Abstract/Text BACKGROUND: The prevalence of Aspergillus hypersensitivity (AH) and allergic bronchopulmonary aspergillosis (ABPA) in bronchial asthma is reported differently in various studies.
OBJECTIVE: To determine the prevalence of AH and ABPA in asthma using a systematic review.
METHODS: We searched the MEDLINE and EMBASE databases for studies published from 1965 to 2008 and included studies that report the prevalence of AH/ABPA in asthma. We calculated the proportions with 95% confidence interval (CI) to assess the prevalence of AH/ABPA in the individual studies and pooled the results using a random effects model.
RESULTS: Our search yielded 21 eligible studies. The prevalence of AH in bronchial asthma was 28% (95%CI 24-34), and was higher with an intradermal test vs. a prick test (28.7% vs. 24.8%, P = 0.002), but did not vary with the type of antigen used (indigenous or commercial). The prevalence of ABPA in bronchial asthma and Aspergillus-hypersensitive bronchial asthma was respectively 12.9% (95%CI 7.9-18.9) and 40% (95%CI 27-53). There was a wide variation in the criteria used for the diagnosis of ABPA. There was significant statistical heterogeneity assessed by the I(2) test and Cochran Q statistic in all the outcomes.
CONCLUSIONS: There is a high prevalence of AH and ABPA in patients with bronchial asthma. Careful screening should therefore be performed in all patients with bronchial asthma. Intradermal tests are more sensitive than prick tests for the diagnosis of AH. Finally, there is a need to adopt a uniform methodology and criteria for the diagnosis of AH/ABPA.

PMID 19723372  Int J Tuberc Lung Dis. 2009 Aug;13(8):936-44.
著者: J N Allen, E R Pacht, J E Gadek, W B Davis
雑誌名: N Engl J Med. 1989 Aug 31;321(9):569-74. doi: 10.1056/NEJM198908313210903.
Abstract/Text Although chronic eosinophilic pneumonia is a well-known disorder, acute eosinophilic pneumonia has not been as well characterized. We describe the clinical features, results of bronchoalveolar lavage, and follow-up studies of four patients with acute eosinophilic pneumonia. The patients presented with an acute febrile illness, severe hypoxemia (partial pressure of arterial oxygen less than 60 mm Hg), diffuse pulmonary infiltrates, an increased number of eosinophils (mean +/- SEM, 42 +/- 4.8 percent) in bronchoalveolar-lavage fluid, and an absence of infection and previous atopic illness. The illness resolved rapidly after treatment with erythromycin and corticosteroids. The patients received doses of oral prednisone that were tapered over 10 days to 12 weeks, and none have relapsed since the steroids were discontinued. After a minimum follow-up period of five months, clinical evaluation, chest radiography, and pulmonary-function tests have shown no residual abnormalities attributable to the acute eosinophilic pneumonia. Follow-up bronchoalveolar lavage has demonstrated less than or equal to 1 percent eosinophils in all patients. We believe that we are describing an acute form of eosinophilic lung disease distinct from previously described syndromes. It can be diagnosed by bronchoalveolar lavage and seems to respond to treatment with corticosteroids.

PMID 2761601  N Engl J Med. 1989 Aug 31;321(9):569-74. doi: 10.1056/N・・・
著者: N E Vlahakis, T R Aksamit
雑誌名: Mayo Clin Proc. 2001 Sep;76(9):930-8. doi: 10.4065/76.9.930.
Abstract/Text Allergic bronchopulmonary aspergillosis (ABPA) is an underdiagnosed pulmonary disorder in asthmatic patients and patients with cystic fibrosis. Its clinical and diagnostic manifestations arise from an allergic response to multiple antigens expressed by fungi, most commonly Aspergillus fumigatus, colonizing the bronchial mucus. The clinical course is one of recurrent exacerbations characterized by chest infiltrates evident on chest x-ray films and associated with cough, wheeze, and sputum production that usually respond to oral corticosteroid treatment. Specific immunologic and radiologic markers of disease include elevation of the total serum IgE levels, presence of aspergillus IgE antibodies, and the occurrence of central bronchiectasis. Long-term treatment with corticosteroids is often required for effective management. The adverse effects of chronic corticosteroid use have led to attempts at treatment with antifungal agents such as itraconazole. Itraconazole has been reported anecdotally to be effective, and evidence for its effectiveness in randomized trials is still accruing. Consideration should be given to its use as a corticosteroid-sparing agent or for treatment of patients in whom corticosteroid response is poor. The natural history and prognosis of ABPA are not well characterized but may be complicated by progression to bronchiectasis and pulmonary fibrosis. If ABPA is diagnosed and treated before the development of bronchiectasis and fibrosis, these complications may be prevented.

PMID 11560305  Mayo Clin Proc. 2001 Sep;76(9):930-8. doi: 10.4065/76.9・・・
著者: I Tillie-Leblond, A-B Tonnel
雑誌名: Allergy. 2005 Aug;60(8):1004-13. doi: 10.1111/j.1398-9995.2005.00887.x.
Abstract/Text Allergic bronchopulmonary aspergillosis (ABPA) occurs in nonimmunocompromised patients and belongs to the hypersensitivity disorders induced by Aspergillus. Genetic factors and activation of bronchial epithelial cells in asthma or cystic fibrosis are responsible for the development of a CD(4)+Th2 lymphocyte activation and IgE, IgG and IgA-AF antibodies production. The diagnosis of ABPA is based on the presence of a combination of clinical, biological and radiological criteria. The severity of the disease is related to corticosteroid-dependant asthma or/and diffuse bronchiectasis with fibrosis. The treatment is based on oral corticosteroids for 6-8 weeks at acute phase or exacerbation and itraconazole is now recommended and validated at a dose of 200 mg/day for a duration of 16 weeks.

PMID 15969680  Allergy. 2005 Aug;60(8):1004-13. doi: 10.1111/j.1398-99・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから