今日の臨床サポート

血胸

著者: 南木伸基 さぬき市民病院 内科

監修: 杉山幸比古 練馬光が丘病院 呼吸器内科

著者校正/監修レビュー済:2018/05/23
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 血胸とは、外傷などを契機に胸腔内に血液が貯留する疾患である。胸壁損傷、横隔膜損傷、腹部臓器損傷による横隔膜破裂、血管損傷、胸郭内臓器損傷などにより生じる。
 
診断:
  1. エコー(focused assessment with sonography for trauma、FAST)やX線、CTなどで胸水の存在を診断し、胸水穿刺にて血液を認めた場合に血胸と診断する。
  1. 血胸症例(CXR):
  1. 閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
南木伸基 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:杉山幸比古 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 血胸は、胸壁損傷、横隔膜損傷、腹部臓器損傷による横隔膜破裂、血管損傷、胸郭内臓器損傷などにより生じる。
  1. 特発性、胸部大動脈解離、動脈瘤破裂、von Recklinghausen病、尿毒症性胸膜炎、胸膜原発血管肉腫、胸椎破裂骨折、鈍的多発外傷、バイパス術後遅発性血胸、スワンガンツカテーテル用のシース挿入後、胸腔内子宮内膜症、月経随伴性血胸、肋骨骨折、胸腔ドレナージチューブ挿入時、心筋挫傷、交通外傷、緊張性気胸の胸腔ドレナージ後などの報告がある。
  1. 大量の血胸では、出血性ショックと肺拡張障害による呼吸不全に陥る。
問診、診察のポイント  
  1. 突然の胸痛、呼吸困難、ショック(心外拘束性ショック・緊張性血胸)などで発症する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: J M Wagner, W P McKinney, J L Carpenter
雑誌名: JAMA. 1996 Nov 20;276(19):1589-94.
Abstract/Text Appendicitis is a common cause of abdominal pain for which prompt diagnosis is rewarded by a marked decrease in morbidity and mortality. The history and physical examination are at least as accurate as any laboratory modality in diagnosing or excluding appendicitis. Those signs and symptoms most helpful in diagnosing or excluding appendicitis are reviewed. The presence of a positive psoas sign, fever, or migratory pain to the right lower quadrant suggests an increased likelihood of appendicitis. Conversely, the presence of vomiting before pain makes appendicitis unlikely. The lack of the classic migration of pain, right lower quadrant pain, guarding, or fever makes appendicitis less likely. This article reviews the literature evaluating the operating characteristics of the most useful elements of the history and physical examination for the diagnosis of appendicitis.

PMID 8918857  JAMA. 1996 Nov 20;276(19):1589-94.
著者: Kameshwar Prasad, Pudukode R Krishnan, Khaldoon Al-Roomi, Reginald Sequeira
雑誌名: Br J Clin Pharmacol. 2007 Jun;63(6):640-7. doi: 10.1111/j.1365-2125.2007.02931.x. Epub 2007 Apr 18.
Abstract/Text AIMS: To determine whether a particular anticonvulsant is more effective or safer than another or placebo in patients with status epilepticus, and to summarize the available evidence from randomized controlled trials, and to highlight areas for future research in status epilepticus.
METHODS: Randomized controlled trials of participants with premonitory, early, established or refractory status epilepticus using a truly random or quasi-random allocation of treatments were included.
RESULTS: Eleven studies with 2017 participants met the inclusion criteria. Lorazepam was better than diazepam for reducing risk of seizure continuation [relative risk (RR) 0.64, 95% confidence interval (CI) 0.45, 0.90] and of requirement of a different drug or general anaesthesia (RR 0.63, 95% CI 0.45, 0.88) with no statistically significant difference in the risk of adverse effects. Lorazepam was better than phenytoin for risk of seizure continuation (RR 0.62, 95% CI 0.45, 0.86). Diazepam 30 mg intrarectal gel was better than 20 mg in premonitory status epilepticus for the risk of seizure continuation (RR 0.39, 95% CI 0.18, 0.86).
CONCLUSIONS: Lorazepam is better than diazepam or phenytoin alone for cessation of seizures and carries a lower risk of continuation of status epilepticus requiring a different drug or general anaesthesia. Both lorazepam and diazepam are better than placebo for the same outcomes. In the treatment of premonitory seizures, diazepam 30 mg intrarectal gel is better than 20 mg for cessation of seizures without a statistically significant increase in adverse effects. Universally accepted definitions of premonitory, early, established and refractory status epilepticus are required.

PMID 17439538  Br J Clin Pharmacol. 2007 Jun;63(6):640-7. doi: 10.1111・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから