今日の臨床サポート

子宮腺筋症

著者: 五味淵秀人 河北総合病院産婦人科

監修: 小西郁生 独立行政法人国立病院機構 京都医療センター

著者校正/監修レビュー済:2021/05/26
参考ガイドライン:
  1. 日本産科婦人科学会:産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2020
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 診断には超音波検査が有用である。精査が必要な場合はMRIを追加する (推奨度2) 。
  1. 鎮痛剤などによる対症療法、ホルモン剤による保存療法を行うが、挙児希望のない場合には子宮摘出による根治療法も選択可能である (推奨度2) 。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
五味淵秀人 : 未申告[2021年]
監修:小西郁生 : 未申告[2021年]

改訂のポイント:
  1. 産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2020 に基づき確認を行った。 

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 子宮腺筋症とは、子宮筋層内に異所性子宮内膜組織を認める疾患である。以前は、骨盤内膜症を外性子宮内膜症と呼んでおり、また、子宮腺筋症を内性子宮内膜症と呼んでいたが、現在は別の疾患として対応されるようになっている。
  1. 子宮内膜症に比べて発症年齢はやや高く、性成熟期から更年期に多い。
  1. 頻度は、子宮摘出標本の10~50%と報告に差が大きい。超音波やMRIなど画像診断の進歩により軽症の子宮腺筋症もみつけることができるようになってきた。
  1. 月経困難症などの痛みと過多月経が主たる症状。病巣の程度によっては、不妊、流早産、子宮復古不全など妊孕性の障害となることが示されている。
  1. 子宮内膜症と同様に対症療法やホルモン療法を行う。
  1. 根治療法は子宮全摘である。
問診・診察のポイント  
  1. 無症状であることが少なくない。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Margit Dueholm
雑誌名: Best Pract Res Clin Obstet Gynaecol. 2006 Aug;20(4):569-82. doi: 10.1016/j.bpobgyn.2006.01.005. Epub 2006 Mar 20.
Abstract/Text The objective of this chapter is to relate the image findings of transvaginal ultrasound (TVS) to structural changes of adenomyosis; in order to clarify the present clinical diagnostic approach in the diagnosis of adenomyosis, the performance of TVS is evaluated in comparison to other diagnostic modalities. A Medline search of papers in English on the use of TVS and needle biopsy for the diagnosis of adenomyosis was carried out. It was found that TVS is highly observer-dependent, but in the hands of experienced investigators it has an adequate diagnostic accuracy in clinically suspected cases. The diagnostic accuracy of TVS is at an intermediate level but is in line with that of magnetic resonance imaging (MRI) in unselected patients without myomas undergoing surgery. TVS is a sufficiently accurate tool for diagnosis of adenomyosis in clinically suspected cases, but not in unselected premenopausal women with myomas. Resectoscopic hysteroscopic biopsy has not been sufficiently evaluated but could be a useful diagnostic tool, whereas needle biopsy is not. In conclusion, in clinically suspected adenomyosis cases TVS should be favoured as the primary diagnostic tool. Substantial experience and specific training is required for TVS to be a useful diagnostic tool in adenomyosis. MRI may be considered when TVS is inconclusive. Clinicians should above all be observant of image findings of adenomyosis in patients with no wish to preserve fertility.

PMID 16545618  Best Pract Res Clin Obstet Gynaecol. 2006 Aug;20(4):569・・・
著者: Michael Levgur
雑誌名: Arch Gynecol Obstet. 2007 Jul;276(1):1-15. doi: 10.1007/s00404-006-0299-8. Epub 2006 Dec 22.
Abstract/Text BACKGROUND: To review the literature on various therapeutic modalities for uterine adenomyosis.
METHODS: Reviews, case-controlled studies and reports from November 1949 until August 2006 written in English or summarized in English abstracts retrieved from Medline and Pubmed using the key words: adenomyosis and adenomyosis therapy.
RESULTS: Symptoms of adenomyosis may be alleviated by antiprostaglandins, sex hormones, danazol and GnRH analogs. Minor surgical procedures for therapy include endomyometrial ablation, laparoscopic myometrial electrocoagulation and adenomyoma excision. Patient's age and symptoms, desired fertility, site and extent of lesion and surgeon's skills should be considered in choosing the appropriate procedure. Endomyometrial ablation is effective for lesions deeper than the endometrial-myometrial junction whereas the efficacy of hysteroscopic ablation is limited to foci 2-3 mm deep. Focal and diffuse disease may be managed by laparoscopic electrocoagulation or myometrial excision with preservation of fertility but risk of recurrence exists. Uterine artery embolization assumingly invokes infarction and necrosis. Encouraging results reported in some cases warrant expanding its use for more experience. Hysterectomy is the ultimate solution for women with deep myometrial involvement or if future fertility is not desired.
CONCLUSIONS: Various therapeutic options for adenomyosis, including few minimally invasive procedures became available in the last two decades but need evaluation and improvement.

PMID 17186255  Arch Gynecol Obstet. 2007 Jul;276(1):1-15. doi: 10.1007・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから