今日の臨床サポート

胞状奇胎

著者: 井箟一彦 和歌山県立医科大学 産科婦人科学講座

監修: 金山尚裕 静岡医療科学専門大学校

著者校正/監修レビュー済:2018/05/23
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 胞状奇胎とは、絨毛性疾患の1つであり、絨毛性疾患取扱い規約においては、絨毛における栄養膜細胞の異常増殖と間質の浮腫を特徴とする病変と定義される。
 
診断:
  1. 胞状奇胎の術前診断は経腟超音波検査で子宮内にvesicular pattern()を認めることでされる。
  1. 血中または尿中hCG値は通常の妊娠に比較して高値になることが多い。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
井箟一彦 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:金山尚裕 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 胞状奇胎は絨毛性疾患の1つであり、絨毛性疾患取扱い規約[1]においては、絨毛における栄養膜細胞の異常増殖と間質の浮腫を特徴とする病変と定義され、確定診断は病理組織学的所見による。
  1. 300~1,000分娩に1回の割合で発生し、受精の異常により発生する異常妊娠の1つである。
  1. 細胞遺伝学的に雄核発生(父方の遺伝子のみを有する)である全奇胎と2精子受精による3倍体(父方、母方両者の遺伝子を有する)である部分奇胎に分類される。
  1. 全奇胎の10~20%、部分奇胎の0.5~4%に侵入胞状奇胎の続発が認められ、全奇胎の1~2%に絨毛癌の続発が認められるので、胞状奇胎後の管理は重要である。
問診・診察のポイント  
  1. 無月経で妊娠と考え受診する場合がほとんどであるため、最終月経と妊娠の可能性を問診で聴取する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Maki Kihara, Hideo Matsui, Katsuyoshi Seki, Yuichiro Nagai, Norio Wake, Souei Sekiya
雑誌名: J Reprod Med. 2005 May;50(5):307-12.
Abstract/Text OBJECTIVE: To evaluate whether p57KIP2 expression is concordant with the result of DNA polymorphism analysis in molar pregnancy.
STUDY DESIGN: Eleven molar pregnancies diagnosed by pathologic findings between October 2002 and April 2004 were studied. Histopathologic diagnosis, DNA polymorphism analysis and p57KIP2 immunohistochemistry were investigated.
RESULTS: DNA polymorphism analysis identified 3 biparental conceptuses as well as 4 dispermic androgenetic complete moles (CMs) and 4 suggestive monospermic CMs. Distinctly positive nuclear immunoreactivity of p57KIP2 was observed in a significant proportion of the villous cytotrophoblast and mesenchyme (30-60% of cells positive) in 3 cases of biparental conceptuses proven by DNA polymorphism. In contrast, p57KIP2 expression was negative (< 5% positive cells) in either the villous cytotrophoblast or mesenchyme in 8 cases of androgenetic conceptuses proven by DNA polymorphism. In all 11, p57KIP2 immunostaining was observed in the nuclei of extravillous trophoblasts that served as internal positive controls.
CONCLUSION: Negative p57KIP2 immunoreactivity (paternally imprinted, maternally expressed gene) was in perfect concordance with the androgenetic origin of molar pregnancies proven by DNA polymorphism. The results suggest that p57KIP2 immunoreactivity, which can be performed in routine pathologic examinations, is a promising ancillary diagnostic tool to differentiate androgenetic CM from biparental conceptuses.

PMID 15971478  J Reprod Med. 2005 May;50(5):307-12.
著者: Eisuke Kaneki, Hiroaki Kobayashi, Toshio Hirakawa, Takao Matsuda, Hidenori Kato, Norio Wake
雑誌名: Cancer Sci. 2010 Jul;101(7):1717-21. doi: 10.1111/j.1349-7006.2010.01602.x. Epub 2010 Apr 23.
Abstract/Text In the present study, we evaluated the incidence of postmolar gestational trophoblastic disease (GTD) in molar pregnancy. We also validated the macroscopic diagnosis based on the Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG) classification. A total of 297 samples of hydropic villi were classified according to DNA polymorphisms as androgenetic moles, dispermic triploids, or biparental diploids (hydropic abortion), clinically corresponding to complete hydatidiform mole (CHM), partial hydatidiform mole (PHM), and hydropic abortion, respectively. These samples were also classified morphologically based on the JSOG classification. A follow-up study was performed to investigate the incidence of postmolar GTD. A subset of 267 samples eligible for testing were analyzed and diagnosed as androgenetic moles (232 cases), dispermic triploids (20 cases), and biparental diploids (15 cases). Most of the macroscopically diagnosed CHM cases were genetically androgenetic in origin. The PHM cases consisted of 30 androgenetic moles and 12 dispermic triploids. We reviewed the outcomes of 200 patients (178 cases of androgenetic mole, 13 cases of dispermic triploids, and nine cases of biparental diploids). Twenty-eight cases (16%) of androgenetic moles developed postmolar GTD. None of the patients with dispermic triploids developed postmolar GTD. Among the 28 patients who developed postmolar GTD, the shortest diameter of the largest hydropic villi was significantly longer than that of patients not developing postmolar GTD. None of the patients with androgenetic moles who had hydropic villi <2 mm in their shortest diameter developed postmolar GTD. For the patients with dispermic triploids, the risk of postmolar GTD is extremely low. The risk of postmolar GTD is also low in patients with androgenetic moles with small hydropic villi. The JSOG classification based on the morphology of hydropic villi is reliable for the diagnosis of CHM, but inaccurate for the diagnosis of PHM or "microscopic" moles.

PMID 20518791  Cancer Sci. 2010 Jul;101(7):1717-21. doi: 10.1111/j.134・・・
著者: Hideo Matsui, Yoshinori Iitsuka, Koji Yamazawa, Naotake Tanaka, Akira Mitsuhashi, Katsuyoshi Seki, Souei Sekiya
雑誌名: Tumour Biol. 2003 May-Jun;24(3):140-6. doi: 73843.
Abstract/Text OBJECTIVES: To evaluate the spontaneous regression curve of serum human chorionic gonadotropin (hCG) in patients with an uneventful course after evacuation of hydatidiform mole and to compare the criteria for initiating chemotherapy in patients after evacuation of mole.
METHODS: From 1986 to 2001, 608 patients were followed at our department after evacuation of mole. The spontaneous regression curves of serum hCG in 432 patients with an uneventful course were established.
RESULTS: After evacuation of mole, the titers of serum hCG decreased constantly, and 90% of patients with an uneventful course were within normal range within 16 weeks. In 432 patients with an uneventful course, the upper 95% confidence limit of serum hCG at 5, 8 and 20 weeks was 753.7, 422.9 and 14.8 mIU/ml, respectively. Moreover, 39 (9.0%) and 15 patients (3.5%) with an uneventful course might have been diagnosed with gestational trophoblastic tumor and received needless chemotherapy based on the normal regression curve established by the Japan Society of Obstetrics and Gynecology or the US criteria of 4 consecutive plateauing or rising hCG values, respectively.
CONCLUSIONS: Our more selective criteria for initiating chemotherapy in patients after evacuation of mole, i.e. hCG of 10,000 mIU/ml at 5 weeks, 1,000 mIU/ml at 8 weeks and nondetectable levels at 24 weeks after evacuation of mole, may be safe and acceptable in the management of patients after evacuation of mole.

Copyright 2003 S. Karger AG, Basel
PMID 14610317  Tumour Biol. 2003 May-Jun;24(3):140-6. doi: 73843.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから