今日の臨床サポート

卵巣嚢胞(妊娠中)

著者: 万代昌紀 京都大学大学院医学研究科婦人科学産科学

監修: 金山尚裕 静岡医療科学専門大学校

著者校正/監修レビュー済:2019/04/10
参考ガイドライン:
産婦人科診療ガイドライン 産科編 2017
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 卵巣嚢胞の有無と良悪性の評価に、主に経腟超音波を使用することが推奨される。妊娠中に頻度の高ルテイン嚢胞の鑑別のため、複数回の検査で、内部構造の変化、充実部の出現がないかどうかなど、複合的に変化を見極めることが重要である(推奨度1)。
  1. ルテイン嚢胞などの機能性嚢胞や子宮内膜症性嚢胞が疑われる場合、経過観察を行うことが推奨される(推奨度1)
  1. 良性腫瘍が疑われる場合、直径が6cm以下の場合は経過観察、10cmを超える場合は破裂や分娩時障害の頻度、悪性腫瘍の可能性が高まるので手術を考慮する。6~10cmの場合、単房嚢胞性腫瘤で悪性腫瘍の可能性がない場合は、経過観察、それ以外は手術を考慮する。手術時期は妊娠12週以降が望ましい(推奨度1)
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
万代昌紀 : 講演料(アストラゼネカ,武田薬品,中外製薬),奨学(奨励)寄付など(中外製薬,テルモ,ツムラ)[2021年]
監修:金山尚裕 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 産婦人科診療ガイドライン 産科編 2017
に基づき、軽微な修正を行った

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 卵巣嚢胞とは、卵巣に生ずる嚢胞状の病変の総称である。一般に、全妊娠の56%に付属器の腫瘤が合併するといわれている[1]。妊婦健診の経腟超音波でみつかることが多い。
  1. 治療方針の決定で重要なことは、それが機能性嚢胞か腫瘍性病変か、後者なら良性腫瘍か悪性腫瘍かを鑑別することである。
  1. 妊娠に合併する卵巣嚢胞の約半数がルテイン嚢胞をはじめとする機能性嚢胞(卵胞嚢胞、黄体嚢胞)であり、特に直径が5cm以下の場合、80%がルテイン嚢胞である。次いで成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢腫)、漿液性嚢胞腺腫、粘液性嚢胞腺腫、子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞)などの良性腫瘍、および悪性腫瘍である[2][3][4]
  1. 妊娠に合併する卵巣腫瘍の1~3%を卵巣癌(境界悪性腫瘍を含む)が占める。進行期は大半がI期である。組織分類では、表層上皮性腫瘍が50~70%、未分化胚細胞腫などの胚細胞腫瘍が20~40%である。表層上皮性腫瘍の約80%を境界悪性腫瘍が占める[2][5][3]
  1. 卵巣嚢胞の有無および良悪性の評価にはまず、超音波検査を行う。
  1. ルテイン嚢胞や子宮内膜症性嚢胞が疑われる場合、注意深くエコーにて経過観察する。
  1. 良性腫瘍が疑われる場合、直径が6cm以下の場合は経過観察、10cmを超える場合は手術を考慮する。6~10cmの場合、単房嚢胞性腫瘤は経過観察、それ以外は手術を考慮する。手術時期は妊娠12週以降が望ましい。
  1. 悪性腫瘍が疑われる場合、大きさや妊娠週数にかかわらず手術を行う。
  1. 強い疼痛などがあり捻転、破裂、出血などが疑われる場合、良悪性や妊娠週数にかかわらず手術を行う。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 卵巣嚢胞の既往を確認する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Gary S Leiserowitz
雑誌名: Obstet Gynecol Surv. 2006 Jul;61(7):463-70. doi: 10.1097/01.ogx.0000224614.51356.b7.
Abstract/Text The management of adnexal masses during pregnancy can be challenging for the patient and the clinician. The specter of a possible malignancy can sway the decision for intervention versus expectant management. The etiologies of ovarian masses are reflective of the patient's age; and, therefore, benign entities such as functional ovarian cysts, benign cystic teratomas, and serous cystadenomas predominate. In the unusual cases when cancer is present, they are typically germ cell and borderline ovarian tumors, and are commonly low stage and low grade. Ultrasound is the primary modality used to detect ovarian masses and to assess the risk of malignancy. Morphologic criteria more accurately identify benign cysts compared with malignant tumors. Tumor markers are used primarily to monitor disease status after treatment rather than establish the ovarian tumor diagnosis as a result of lack of specificity, because several markers can be elevated inherent to the pregnancy itself (eg, CA-125, beta-hCG). Expectant management is recommended for most pregnant patients with asymptomatic, nonsuspicious cystic ovarian masses. Surgical intervention during pregnancy is indicated for large and/or symptomatic tumors and those that appear highly suspicious for malignancy on imaging tests. The extent of surgery depends on the intraoperative diagnosis of a benign versus a malignant tumor. Conservative surgery is appropriate for benign masses and borderline ovarian tumors. More aggressive surgery is indicated for ovarian malignancies, including surgical staging. Although rarely necessary, chemotherapy has been used during pregnancy with minimal fetal toxicity in patients with advanced-stage ovarian cancer in which the risk of maternal mortality outweighs the fetal consequences.

PMID 16787549  Obstet Gynecol Surv. 2006 Jul;61(7):463-70. doi: 10.109・・・
著者: Rami N Sammour, Zvi Leibovitz, Israel Shapiro, Shimon Degani, Zohar Levitan, Ariel Aharoni, Joseph Tal, Michael Lurie, Gonen Ohel
雑誌名: J Ultrasound Med. 2005 Sep;24(9):1289-94.
Abstract/Text OBJECTIVE: The purpose of this series is to present deciduosis (the formation of extrauterine decidua) as one of the differential diagnoses of a malignant tumor during pregnancy.
METHODS: Two cases are described in which pregnant patients had a pelvic tumor. The lesions, which were diagnosed in the early second trimester, consisted of complex masses with an extensive blood supply and had a sonographic appearance of a malignant tumor. The high suspicion for malignancy necessitated surgical intervention.
RESULTS: During surgery, the lesions were observed to be of an ovarian origin with papillary excrescences covering their exterior. The lesions were excised and sent for histologic examination. The results showed a markedly decidualized endometriotic cyst in both cases.
CONCLUSIONS: This phenomenon is a diagnostic challenge and should be considered in the differential diagnosis of a malignant mass during pregnancy.

PMID 16123189  J Ultrasound Med. 2005 Sep;24(9):1289-94.
著者: U Ebert, H Löffler, W Kirch
雑誌名: Pharmacol Ther. 1997;74(2):207-20.
Abstract/Text The use of cytotoxic agents during pregnancy may be unavoidable in order to ensure maternal survival-despite the dangers to the developing fetus. We review 217 such cases published between 1983 and 1995, classifying them into 5 groups according to whether the cytotoxic drugs were used to treat leukaemias, malignant lymphomas, severe rheumatic diseases, gynaecological/breast neoplasms, or other grave conditions. Various factors, such as the drug type, dose, and timing to exposure to gestational age, are analysed with respect to the outcome of these pregnancies (teratogenicity, stillbirths, spontaneous abortions, prematurity, etc.). These results are then integrated in order to determine whether one can predict the individual risk of abnormality for the newborn when cytotoxic agents must be administered to pregnant women faced with a malignancy or other serious condition.

PMID 9336023  Pharmacol Ther. 1997;74(2):207-20.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから