今日の臨床サポート

妊娠初期ウイルス感染

著者: 下屋浩一郎 川崎医科大学附属病院 女性医療センター

監修: 金山尚裕 静岡医療科学専門大学校

著者校正/監修レビュー済:2017/12/25

概要・推奨   

ポイント:
  1. 妊娠初期に母体のウイルス感染が疑われた場合に、母子感染の予防の立場から、母体およびその家族に対して詳細な説明が求められる。代表的な疾患についてポイントを詳述する。
  1. 本項に記載する疾患は以下の通りである。
  1. その他、インフルエンザ、流行性耳下腺炎など、問い合わせが多い疾患は存在するが、現在のところ、胎児奇形の報告はないか、きわめてまれであると対応してよいと考えられている。
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と なりま す。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり ます。閲覧には ご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が 必要となります。閲覧に はご契約が必要とな ります。閲覧には ご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります 。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
下屋浩一郎 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:金山尚裕 : 特に申告事項無し[2021年]

まとめ

まとめ  
  1. 妊娠初期に母体のウイルス感染が疑われた場合に、母子感染の予防の立場から、母体およびその家族に対して詳細な説明が求められる。代表的な疾患についてポイントを詳述する。本項に記載する疾患は以下の通りである。
  1. B型肝炎ウイルス(HBV)
  1. C型肝炎ウイルス(HCV)
  1. ヒト免疫不全ウイルス(HIV)
  1. 成人T細胞白血病ウイルス−1(HTLV-1)
  1. 風疹ウイルス
  1. サイトメガロウイルス(CMV)
  1. パルボウイルスB19
  1. 水痘帯状疱疹ウイルス
  1. 単純ヘルペスウイルス
  1. 以上、わが国における代表的な妊娠初期ウイルス感染について述べた。その他、インフルエンザ、流行性耳下腺炎など、問い合わせが多い疾患は存在するが、現在のところ、胎児奇形の報告はないか、きわめてまれであると対応してよいと考えられている。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Committee on Obstetric Practice
雑誌名: Obstet Gynecol. 2002 May;99(5 Pt 1):871-3.
Abstract/Text The National Institute of Child Health and Human Development and the Office of Medical Applications of Research of the National Institutes of Health convened consensus conference in 1194 and 2000 that recommended giving a single course of corticosteriods to all pregnant women between 24 and 34 weeks of gestation who are at risk of preterm delivery within 7 days. Because of insufficient scientific evidence, the consensus panel also recommended that repeat corticosteroid courses, including so-called "rescue therapy," should not be routinely used but should be reserved for women enrolled in clinical trials. Betamethasone and dexamethasone have been most widely studied and have generally been the preferred corticosteroids for antenatal treatment to accelerate fetal organ maturation. The American College of Obstetricians and Gynecologists' Committee on Obstetric Practice supports the conclusions of the consensus conferences.

PMID 11978304  Obstet Gynecol. 2002 May;99(5 Pt 1):871-3.
著者: O P Heinonen, S Shapiro, R R Monson, S C Hartz, L Rosenberg, D Slone
雑誌名: Int J Epidemiol. 1973 Autumn;2(3):229-35.
Abstract/Text
PMID 4359832  Int J Epidemiol. 1973 Autumn;2(3):229-35.
著者: K Zaman, Eliza Roy, Shams E Arifeen, Mahbubur Rahman, Rubhana Raqib, Emily Wilson, Saad B Omer, Nigar S Shahid, Robert F Breiman, Robert E Breiman, Mark C Steinhoff
雑誌名: N Engl J Med. 2008 Oct 9;359(15):1555-64. doi: 10.1056/NEJMoa0708630. Epub 2008 Sep 17.
Abstract/Text BACKGROUND: Young infants and pregnant women are at increased risk for serious consequences of influenza infection. Inactivated influenza vaccine is recommended for pregnant women but is not licensed for infants younger than 6 months of age. We assessed the clinical effectiveness of inactivated influenza vaccine administered during pregnancy in Bangladesh.
METHODS: In this randomized study, we assigned 340 mothers to receive either inactivated influenza vaccine (influenza-vaccine group) or the 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine (control group). Mothers were interviewed weekly to assess illnesses until 24 weeks after birth. Subjects with febrile respiratory illness were assessed clinically, and ill infants were tested for influenza antigens. We estimated the incidence of illness, incidence rate ratios, and vaccine effectiveness.
RESULTS: Mothers and infants were observed from August 2004 through December 2005. Among infants of mothers who received influenza vaccine, there were fewer cases of laboratory-confirmed influenza than among infants in the control group (6 cases and 16 cases, respectively), with a vaccine effectiveness of 63% (95% confidence interval [CI], 5 to 85). Respiratory illness with fever occurred in 110 infants in the influenza-vaccine group and 153 infants in the control group, with a vaccine effectiveness of 29% (95% CI, 7 to 46). Among the mothers, there was a reduction in the rate of respiratory illness with fever of 36% (95% CI, 4 to 57).
CONCLUSIONS: Inactivated influenza vaccine reduced proven influenza illness by 63% in infants up to 6 months of age and averted approximately a third of all febrile respiratory illnesses in mothers and young infants. Maternal influenza immunization is a strategy with substantial benefits for both mothers and infants. (ClinicalTrials.gov number, NCT00142389.)

Massachusetts Medical Society
PMID 18799552  N Engl J Med. 2008 Oct 9;359(15):1555-64. doi: 10.1056/・・・
著者: Cristofer S Price, William W Thompson, Barbara Goodson, Eric S Weintraub, Lisa A Croen, Virginia L Hinrichsen, Michael Marcy, Anne Robertson, Eileen Eriksen, Edwin Lewis, Pilar Bernal, David Shay, Robert L Davis, Frank DeStefano
雑誌名: Pediatrics. 2010 Oct;126(4):656-64. doi: 10.1542/peds.2010-0309. Epub 2010 Sep 13.
Abstract/Text OBJECTIVE: Exposure to thimerosal, a mercury-containing preservative that is used in vaccines and immunoglobulin preparations, has been hypothesized to be associated with increased risk of autism spectrum disorder (ASD). This study was designed to examine relationships between prenatal and infant ethylmercury exposure from thimerosal-containing vaccines and/or immunoglobulin preparations and ASD and 2 ASD subcategories: autistic disorder (AD) and ASD with regression.
METHODS: A case-control study was conducted in 3 managed care organizations (MCOs) of 256 children with ASD and 752 controls matched by birth year, gender, and MCO. ASD diagnoses were validated through standardized in-person evaluations. Exposure to thimerosal in vaccines and immunoglobulin preparations was determined from electronic immunization registries, medical charts, and parent interviews. Information on potential confounding factors was obtained from the interviews and medical charts. We used conditional logistic regression to assess associations between ASD, AD, and ASD with regression and exposure to ethylmercury during prenatal, birth-to-1 month, birth-to-7-month, and birth-to-20-month periods.
RESULTS: There were no findings of increased risk for any of the 3 ASD outcomes. The adjusted odds ratios (95% confidence intervals) for ASD associated with a 2-SD increase in ethylmercury exposure were 1.12 (0.83-1.51) for prenatal exposure, 0.88 (0.62-1.26) for exposure from birth to 1 month, 0.60 (0.36-0.99) for exposure from birth to 7 months, and 0.60 (0.32-0.97) for exposure from birth to 20 months.
CONCLUSIONS: In our study of MCO members, prenatal and early-life exposure to ethylmercury from thimerosal-containing vaccines and immunoglobulin preparations was not related to increased risk of ASDs.

PMID 20837594  Pediatrics. 2010 Oct;126(4):656-64. doi: 10.1542/peds.2・・・
著者: K M Neuzil, G W Reed, E F Mitchel, L Simonsen, M R Griffin
雑誌名: Am J Epidemiol. 1998 Dec 1;148(11):1094-102.
Abstract/Text This study sought to quantify influenza-related serious morbidity in pregnant women, as measured by hospitalizations for or death from selected acute cardiopulmonary conditions during predefined influenza seasons. The study population included women aged 15-44 years who were enrolled in the Tennessee Medicaid program for at least 180 days between 1974 and 1993. In a nested case-control study, 4,369 women with a first study event during influenza season were compared with 21,845 population controls. The odds ratios associated with study events increased from 1.44 (95% confidence interval (CI) 0.97-2.15) for women at 14-20 weeks' gestation to 4.67 (95% CI 3.42-6.39) for those at 37-42 weeks in comparison with postpartum women. A retrospective cohort analysis, which controlled for risk factors identified in the case-control study, identified 22,824 study events during 1,393,166 women-years of follow-up. Women in their third trimester without other identified risk factors for influenza morbidity had an event rate of 21.7 per 10,000 women-months during influenza season. Approximately half of this morbidity, 10.5 (95% CI 6.7-14.3) events per 10,000 women-months, was attributable to influenza. Influenza-attributable risks in comparable nonpregnant and postpartum women were 1.91 (95% CI 1.51-2.31) and 1.16 (95% CI -0.09 to 2.42) per 10,000 women-months, respectively. The data suggest that, out of every 10,000 women in their third trimester without other identified risk factors who experience an average influenza season of 2.5 months, 25 will be hospitalized with influenza-related morbidity.

PMID 9850132  Am J Epidemiol. 1998 Dec 1;148(11):1094-102.
著者: Toshihiro Tanaka, Ken Nakajima, Atsuko Murashima, Facundo Garcia-Bournissen, Gideon Koren, Shinya Ito
雑誌名: CMAJ. 2009 Jul 7;181(1-2):55-8. doi: 10.1503/cmaj.090866. Epub 2009 Jun 15.
Abstract/Text
PMID 19528139  CMAJ. 2009 Jul 7;181(1-2):55-8. doi: 10.1503/cmaj.09086・・・
著者: D Nathwani, A Maclean, S Conway, D Carrington
雑誌名: J Infect. 1998 Jan;36 Suppl 1:59-71.
Abstract/Text
PMID 9514109  J Infect. 1998 Jan;36 Suppl 1:59-71.
著者: D E McCarter-Spaulding
雑誌名: J Obstet Gynecol Neonatal Nurs. 2001 Nov-Dec;30(6):667-73.
Abstract/Text Varicella (chickenpox) is a common childhood illness. Most adults are immune to the virus because of previous exposure. Pregnant women who contract varicella risk complications such as pneumonia. Varicella may be transmitted from mother to fetus and could cause congenital varicella syndrome or perinatal infection. Susceptibility to varicella should be determined before pregnancy. Varicella zoster immune globulin may be considered for the mother or newborn if exposure occurs. Acyclovir may decrease the risk of maternal complications from infection.

PMID 11724203  J Obstet Gynecol Neonatal Nurs. 2001 Nov-Dec;30(6):667-・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから