今日の臨床サポート

無排卵症

著者: 堀江 昭史 京都大学大学院 医学研究科

監修: 杉野法広 山口大学 産科婦人科学

著者校正/監修レビュー済:2020/11/06
参考ガイドライン:
  1. 日本産科婦人科学会:産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編2020
  1. 日本生殖医学会:生殖医療の必修知識 2017
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 無排卵を発症する原理を理解する
  1. 無排卵の原因疾患を把握する。
  1. 無排卵の治療について理解する。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
堀江 昭史 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:杉野法広 : 研究費・助成金など(浜田市,あすか製薬)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 産婦人科診療ガイドラインに基づき確認を行った。

病態・疫学・診察

疾患(疫学・病態)  
ポイント:
  1. 無排卵は下記のいずれかの部位の障害によるもので、視床下部・下垂体性と卵巣性の無排卵に大別される[1]
  1. 視床下部から分泌されるGnRHの刺激により、下垂体からFSHとLHが分泌される。FSH、LHの作用により卵巣内の卵胞発育が促進し、卵胞からはエストロゲン(E2)が産生される。E2の産生がピークに達するとLHサージが誘発(ポジティブフィードバック)され、排卵が誘起される。
  1. 性成熟女性において排卵は1カ月に一度起こるが、数カ月に1回の排卵になることを稀発排卵といい、全く排卵が起こらない状態を無排卵症という。
 
視床下部・下垂体性無排卵症:
  1. 視床下部−下垂体−卵巣系の未熟性による排卵障害であることが多く、若年者に多いことが特徴である。
  1. 低ゴナドトロピン性性腺機能低下:FSH、LH値が低くE2値も低い(下垂体腫瘍などによる障害や、多くは神経性食欲不振症、スポーツ選手に代表的な視床下部の抑制)[1]。なお、軽度の視床下部の障害であれば、FSH、LHは正常値を示す。
  1. 高プロラクチン血症に伴う視床下部GnRH分泌の障害による。
 
卵巣性無排卵症:
  1. Turner症候群など染色体変化により卵子を認めないことが原因:E2は基準値以下で、FSH、LHは高値を示す。
  1. 手術、化学療法、放射線治療による卵巣に障害が加わったことが原因:E2は基準値以下で、FSH、LHは高値を示す。
  1. 黄体化非破裂卵胞(LUF):卵胞は成長し排卵の時期となっても、卵胞が破裂せず、排卵が起こらないまま卵胞が黄体化する病態である。一般的に基礎体温は2相性となり、一見、排卵が生じているように思われるので注意する。
 
多嚢胞性卵巣症候群(polycystic ovary syndrome: PCOS)
  1. LH高値、FSH正常で、続発性無月経の女性の約30%に認める。
問診・診察のポイント  
  1. 妊娠の可能性を否定する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: ESHRE Capri Workshop Group
雑誌名: Hum Reprod Update. 2012 Sep-Oct;18(5):586-99. doi: 10.1093/humupd/dms019. Epub 2012 May 19.
Abstract/Text BACKGROUND: Disruption of ovulation occurs in different types of clinical infertility. The World Health Organization (WHO) has provided a classification of ovulation disorders. This review focuses on WHO group 2 anovulation.
METHODS: Searches were performed in Medline/PubMed and EMBASE. Each subject summary was presented to the European Society of Human Reproduction and Embryology (ESHRE) Workshop Group, where omissions or disagreements were resolved by discussion.
RESULTS: Disorders resulting in ovulatory disturbances are a relatively common cause of infertility. They occur most frequently in the context of WHO group 2 anovulation as reflected, for example, in the polycystic ovary syndrome (PCOS). The aetiology of PCOS remains unclear but evidence exists for a multifactorial origin with a genetic predisposition. Women with PCOS show an increased time to pregnancy but their eventual family size is not necessarily reduced. Also their frequency of miscarriage does not appear increased. Clomiphene citrate is still the first-line treatment in subfertile anovulatory patients with PCOS, with gonadotrophins and laparoscopic ovarian surgery as second-line options. Aromatase inhibitors show promising results.
CONCLUSIONS: Long-term health risks in patients with WHO group 2 anovulation demand their general health be monitored, even after their reproductive needs have been fulfilled. Metabolic and cardiovascular risk prevention in women with PCOS should start as early as possible. It is not easy to analyse the possible role of PCOS, independent of obesity, metabolic syndrome, insulin resistance and diabetes, on long-term health.

PMID 22611175  Hum Reprod Update. 2012 Sep-Oct;18(5):586-99. doi: 10.1・・・
著者: Hatem Abu Hashim, Hesham Al-Inany, Michel De Vos, Herman Tournaye
雑誌名: Arch Gynecol Obstet. 2013 Aug;288(2):409-22. doi: 10.1007/s00404-013-2808-x. Epub 2013 Mar 30.
Abstract/Text BACKGROUND: The introduction of laparoscopic ovarian drilling (LOD) by Gjönnaess in 1984 as a substitute for ovarian wedge resection created opportunities for extensive research given its worldwide application for ovulation induction in women with polycystic ovary syndrome (PCOS).
PURPOSE: To critically evaluate and summarize the current body of literature regarding the role of LOD for the management of PCOS entailing its different preoperative, operative and postoperative aspects. In addition, long-term efficacy, cost-effectiveness, patient preference and health-related quality of life issues will be evaluated together with other available alternatives of ovulation induction treatments.
METHODS: A PubMed search was conducted looking for the different trials, reviews and various guidelines relating to the role of LOD in the management of PCOS.
RESULTS: LOD whether unilateral or bilateral is a beneficial second-line treatment in infertile women with clomiphene citrate (CC)-resistant PCOS. It is as effective as gonadotrophin treatment but without the risk of multiple pregnancy or ovarian hyperstimulation and does not require intensive monitoring. Increased responsiveness of the ovary to CC especially in patients who remain anovulatory following LOD is another advantage. Recent evidence suggests that relatively novel oral methods of ovulation induction, e.g. CC plus metformin, CC plus tamoxifen, rosiglitazone plus CC and aromatase inhibitors represent a successful alternative to LOD in CC-resistant PCOS. Meanwhile current evidence does not support LOD as a first-line approach in PCOS-related anovulation or before IVF.
CONCLUSION: LOD is currently recommended as a successful and economical second-line treatment for ovulation induction in women with CC-resistant PCOS.

PMID 23543241  Arch Gynecol Obstet. 2013 Aug;288(2):409-22. doi: 10.10・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから