今日の臨床サポート

咽喉頭炎

著者: 余田敬子 東京女子医科大学 東医療センター 耳鼻咽喉科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2017/06/30
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 咽喉頭炎は、発症からの経過によって急性と慢性に分けられる。
  1. 急性咽喉頭炎は咽頭痛や嗄声、慢性咽喉頭炎は咽喉頭異常感や痰などの症状を訴える疾患である。上咽頭に炎症の主体がある場合は、耳閉感・難聴などの耳症状を伴う場合もある。
  1. 診察:
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要とな ります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
余田敬子 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 発症からの経過によって急性と慢性に分けられる。
  1. 急性咽喉頭炎は咽頭痛や嗄声、慢性咽喉頭炎は咽喉頭異常感や痰などの症状を訴える疾患である。
  1. 上咽頭に炎症の主体がある場合は、 耳閉感 ・難聴などの耳症状を伴う場合もある。また、喉頭に炎症の主体がある喉頭炎は、咽頭痛とともに嗄声( 嗄声・発声障害 )、痰、咳嗽を訴える。
問診・診察のポイント  
問診のポイント:
  1. 下記の症状の有無と経緯。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Michael R Wessels
雑誌名: N Engl J Med. 2011 Feb 17;364(7):648-55. doi: 10.1056/NEJMcp1009126.
Abstract/Text
PMID 21323542  N Engl J Med. 2011 Feb 17;364(7):648-55. doi: 10.1056/N・・・
著者: Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
雑誌名: MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2011 Jul 8;60(26):873-7.
Abstract/Text Neisseria gonorrhoeae is a major cause of pelvic inflammatory disease, ectopic pregnancy, and infertility, and it can facilitate human immunodeficiency virus (HIV) transmission. Emergence of gonococcal resistance to penicillin and tetracycline occurred during the 1970s and became widespread during the early 1980s. More recently, resistance to fluoroquinolones developed. Resistance was documented first in Asia, then emerged in the United States in Hawaii followed by other western states. It then became prevalent in all other regions of the United States. In Hawaii, fluoroquinolone resistance was first noted among heterosexuals; however, resistance in the United States initially became prevalent among men who have sex with men (MSM) before generalizing to heterosexuals. This emergence of resistance led CDC, in 2007, to discontinue recommending any fluoroquinolone regimens for the treatment of gonorrhea. CDC now recommends dual therapy for gonorrhea with a cephalosporin (ceftriaxone 250 mg) plus either azithromycin or doxycycline. This report summarizes trends in cephalosporin susceptibility among N. gonorrhoeae isolates in the United States during 2000-2010 using data from the Gonococcal Isolate Surveillance Project (GISP). During that period, the percentage of isolates with elevated minimum inhibitory concentrations (MICs) to cephalosporins (≥0.25 µg/mL for cefixime and ≥0.125 µg/mL for ceftriaxone) increased from 0.2% in 2000 to 1.4% in 2010 for cefixime and from 0.1% in 2000 to 0.3% in 2010 for ceftriaxone. Although cephalosporins remain an effective treatment for gonococcal infections, health-care providers should be vigilant for treatment failure and are requested to report its occurrence to state and local health departments. State and local public health departments should promote maintenance of laboratory capability to culture N. gonorrhoeae to allow testing of isolates for cephalosporin resistance. They also should develop enhanced surveillance and response protocols for gonorrhea treatment failures and report gonococcal treatment failures to CDC.

PMID 21734634  MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2011 Jul 8;60(26):873-7.
著者: A W Tustin, A B Kaiser
雑誌名: Sex Transm Dis. 1979 Jan-Mar;6(1):23-4.
Abstract/Text A 21-year-old man who had pharyngitis needed hospitalization for observation of airway patency and for parenteral fluid therapy. Infection with herpes simplex virus, type 2 (HSV-2), was diagnosed on the basis of the finding of significantly increased IgM indirect hemagglutination antibody titers. The pharyngitis appeared to have been contracted by heterosexual orogenital contact (cunnilingus). The results of this case study indicate that HSV-2 infection should be considered in the differential diagnosis in cases of severe pharyngitis in sexually active patients.

PMID 221994  Sex Transm Dis. 1979 Jan-Mar;6(1):23-4.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから