今日の臨床サポート

喉頭腫瘍(白斑症、乳頭腫、癌)

著者: 塩谷彰浩 防衛医科大学校 耳鼻咽喉科学講座

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2018/07/04
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 喉頭腫瘍とは、文字通り喉頭に発生する腫瘍である。
  1. 喉頭にはさまざまな腫瘍が発生するが、良性腫瘍のなかでは乳頭腫が、悪性腫瘍のなかでは扁平上皮癌が最も多い。
 
声帯白斑症:
  1. 声帯白斑症は、声帯に白色病変を認める場合に用いる臨床症候名である。良悪性の鑑別のための生検が必須である。
閲覧にはご契
閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲 覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
閲覧にはご契
閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
塩谷彰浩 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2021年]

まとめ

まとめ  
  1. 喉頭にはさまざまな腫瘍が発生するが、良性腫瘍のなかでは乳頭腫が、悪性腫瘍のなかでは扁平上皮癌が最も多い。
  1. 声帯白斑症は、声帯に白色病変を認める場合に用いる臨床症候名である。良性の過角化症から異型上皮(dysplasia)、さらには上皮内癌(carcinoma in situ)や微小浸潤癌(microinvasive carcinoma)も含まれているので、鑑別のための生検が必須である。
  1. 喉頭乳頭腫には若年型と成人型がある。若年型喉頭乳頭腫は生後6カ月から4~5歳の間に発症し、多発性再発性傾向が強く、複数回の手術を必要とし、制御に難渋する。しかし、思春期以降にしばしば自然寛解することも多い。Human Papillomavirus(HPV)6型および11型が腫瘍形成に関与している。
  1. 成人型喉頭乳頭腫は単発性のものも多く(一部は若年型のように多発性再発性)、単回の手術で制御されることも多いが、ときに癌化することもある。
  1. 喉頭癌は喫煙が最大の発癌危険因子で、声帯に発生する声門癌が65~70%、声帯の上に発生する声門上癌が30~35%、声帯の下に発生する声門下癌はわずかである。
  1. 声門癌T1では放射線でも手術でも80~90%制御可能で、喉頭癌全体でも65~70%の5 年生存率が得られる。
  1. T3、T4の進行癌には喉頭全摘出術が選択されることが多かったが、進行癌に対しても化学放射線治療や喉頭機能温存手術により、喉頭機能を温存する努力がなされている。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 嗄声の有無、その経緯:2週間以上続く嗄声では、腫瘍や良性腫瘤を含め、声帯の器質的疾患を疑う。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Arlene A Forastiere, Helmuth Goepfert, Moshe Maor, Thomas F Pajak, Randal Weber, William Morrison, Bonnie Glisson, Andy Trotti, John A Ridge, Clifford Chao, Glen Peters, Ding-Jen Lee, Andrea Leaf, John Ensley, Jay Cooper
雑誌名: N Engl J Med. 2003 Nov 27;349(22):2091-8. doi: 10.1056/NEJMoa031317.
Abstract/Text BACKGROUND: Induction chemotherapy with cisplatin plus fluorouracil followed by radiotherapy is the standard alternative to total laryngectomy for patients with locally advanced laryngeal cancer. The value of adding chemotherapy to radiotherapy and the optimal timing of chemotherapy are unknown.
METHODS: We randomly assigned patients with locally advanced cancer of the larynx to one of three treatments: induction cisplatin plus fluorouracil followed by radiotherapy, radiotherapy with concurrent administration of cisplatin, or radiotherapy alone. The primary end point was preservation of the larynx.
RESULTS: A total of 547 patients were randomly assigned to one of the three study groups. The median follow-up period was 3.8 years. At two years, the proportion of patients who had an intact larynx after radiotherapy with concurrent cisplatin (88 percent) differed significantly from the proportions in the groups given induction chemotherapy followed by radiotherapy (75 percent, P=0.005) or radiotherapy alone (70 percent, P<0.001). The rate of locoregional control was also significantly better with radiotherapy and concurrent cisplatin (78 percent, vs. 61 percent with induction cisplatin plus fluorouracil followed by radiotherapy and 56 percent with radiotherapy alone). Both of the chemotherapy-based regimens suppressed distant metastases and resulted in better disease-free survival than radiotherapy alone. However, overall survival rates were similar in all three groups. The rate of high-grade toxic effects was greater with the chemotherapy-based regimens (81 percent with induction cisplatin plus fluorouracil followed by radiotherapy and 82 percent with radiotherapy with concurrent cisplatin, vs. 61 percent with radiotherapy alone). The mucosal toxicity of concurrent radiotherapy and cisplatin was nearly twice as frequent as the mucosal toxicity of the other two treatments during radiotherapy.
CONCLUSIONS: In patients with laryngeal cancer, radiotherapy with concurrent administration of cisplatin is superior to induction chemotherapy followed by radiotherapy or radiotherapy alone for laryngeal preservation and locoregional control.

Copyright 2003 Massachusetts Medical Society
PMID 14645636  N Engl J Med. 2003 Nov 27;349(22):2091-8. doi: 10.1056/・・・
著者: American Society of Clinical Oncology, David G Pfister, Scott A Laurie, Gregory S Weinstein, William M Mendenhall, David J Adelstein, K Kian Ang, Gary L Clayman, Susan G Fisher, Arlene A Forastiere, Louis B Harrison, Jean-Louis Lefebvre, Nancy Leupold, Marcy A List, Bernard O O'Malley, Snehal Patel, Marshall R Posner, Michael A Schwartz, Gregory T Wolf
雑誌名: J Clin Oncol. 2006 Aug 1;24(22):3693-704. doi: 10.1200/JCO.2006.07.4559. Epub 2006 Jul 10.
Abstract/Text PURPOSE: To develop a clinical practice guideline for treatment of laryngeal cancer with the intent of preserving the larynx (either the organ itself or its function). This guideline is intended for use by oncologists in the care of patients outside of clinical trials.
METHODS: A multidisciplinary Expert Panel determined the clinical management questions to be addressed and reviewed the literature available through November 2005, with emphasis given to randomized controlled trials of site-specific disease. Survival, rate of larynx preservation, and toxicities were the principal outcomes assessed. The guideline underwent internal review and approval by the Panel, as well as external review by additional experts, members of the American Society of Clinical Oncology (ASCO) Health Services Committee, and the ASCO Board of Directors.
RESULTS: Evidence supports the use of larynx-preservation approaches for appropriately selected patients without a compromise in survival; however, no larynx-preservation approach offers a survival advantage compared with total laryngectomy and adjuvant therapy with rehabilitation as indicated.
RECOMMENDATIONS: All patients with T1 or T2 laryngeal cancer, with rare exception, should be treated initially with intent to preserve the larynx. For most patients with T3 or T4 disease without tumor invasion through cartilage into soft tissues, a larynx-preservation approach is an appropriate, standard treatment option, and concurrent chemoradiotherapy therapy is the most widely applicable approach. To ensure an optimum outcome, special expertise and a multidisciplinary team are necessary, and the team should fully discuss with the patient the advantages and disadvantages of larynx-preservation options compared with treatments that include total laryngectomy.

PMID 16832122  J Clin Oncol. 2006 Aug 1;24(22):3693-704. doi: 10.1200/・・・
著者: Arlene A Forastiere, Nofisat Ismaila, Jan S Lewin, Cherie Ann Nathan, David J Adelstein, Avraham Eisbruch, Gail Fass, Susan G Fisher, Scott A Laurie, Quynh-Thu Le, Bernard O'Malley, William M Mendenhall, Snehal Patel, David G Pfister, Anthony F Provenzano, Randy Weber, Gregory S Weinstein, Gregory T Wolf
雑誌名: J Clin Oncol. 2017 Nov 27;:JCO2017757385. doi: 10.1200/JCO.2017.75.7385. Epub 2017 Nov 27.
Abstract/Text Purpose To update the guideline recommendations on the use of larynx-preservation strategies in the treatment of laryngeal cancer. Methods An Expert Panel updated the systematic review of the literature for the period from January 2005 to May 2017. Results The panel confirmed that the use of a larynx-preservation approach for appropriately selected patients does not compromise survival. No larynx-preservation approach offered a survival advantage compared with total laryngectomy and adjuvant therapy as indicated. Changes were supported for the use of endoscopic surgical resection in patients with limited disease (T1, T2) and for initial total laryngectomy in patients with T4a disease or with severe pretreatment laryngeal dysfunction. New recommendations for positron emission tomography imaging for the evaluation of regional nodes after treatment and best measures for evaluating voice and swallowing function were added. Recommendations Patients with T1, T2 laryngeal cancer should be treated initially with intent to preserve the larynx by using endoscopic resection or radiation therapy, with either leading to similar outcomes. For patients with locally advanced (T3, T4) disease, organ-preservation surgery, combined chemotherapy and radiation, or radiation alone offer the potential for larynx preservation without compromising overall survival. For selected patients with extensive T3 or large T4a lesions and/or poor pretreatment laryngeal function, better survival rates and quality of life may be achieved with total laryngectomy. Patients with clinically involved regional cervical nodes (N+) who have a complete clinical and radiologic imaging response after chemoradiation do not require elective neck dissection. All patients should undergo a pretreatment baseline assessment of voice and swallowing function and receive counseling with regard to the potential impact of treatment options on voice, swallowing, and quality of life. Additional information is available at www.asco.org/head-neck-cancer-guidelines and www.asco.org/guidelineswiki .

PMID 29172863  J Clin Oncol. 2017 Nov 27;:JCO2017757385. doi: 10.1200/・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから