今日の臨床サポート

副咽頭間隙腫瘍

著者: 加藤孝邦 東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2021/04/14
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 耳下腺由来の良性腫瘍の場合は手術が推奨される(推奨度1
  1. 神経原性腫瘍の場合由来神経を同定して手術を決める(推奨度2
  1. 嚢胞性疾患では手術以外の治療法の選択ができる(推奨度1
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
加藤孝邦 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 内視鏡補助下経口的手術の報告がみられる。
  1. 海外ではロボット手術の報告もある。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 副咽頭間隙腫瘍は副咽頭間隙を占拠する腫瘍であり、副咽頭間隙内あるいはその周囲にある臓器から発生して進展してきた腫瘍の総称である。多くは良性腫瘍であるがまれに悪性腫瘍も発生する[1][2][3]
  1. 副咽頭間隙とは内側は中・上咽頭収縮筋で、外側の境界は内側および外側翼突筋、下顎技、咬筋、耳下腺深葉で境されている。また上方が頭蓋底で、下方が舌骨大角に位置し、頭蓋底を底面とし舌骨を頂点とする円錐形を呈している。比較的粗な組織と脂肪で占められた間隙である[4]
 
副咽頭間隙シェーマ

出典

img1:  著者提供
 
 
 
  1. 副咽頭間隙は2つに分けられる。茎状突起から口蓋帆張筋へ連なる筋膜により仕切りされ、完全に閉鎖されているのではなく一部は交通している。この仕切りより、茎突前隙(前区)と茎突後隙(後区)に分かれる。茎突前隙には耳下腺深葉と外頸動脈、三叉神経の第3枝の枝が含まれ、ほとんどが脂肪組織である。茎突後隙には内頸動脈、内頸静脈、下位脳神経(舌咽神経、迷走神経、副神経、舌下神経)、交感神経、リンパ節が含まれている。
  1. 茎突前隙には耳下腺組織との境界があり、耳下腺深葉由来の腫瘍が発生することが多く、大部分は多形腺腫である。
  1. 茎突後隙では神経や血管が走行しているので神経由来の腫瘍が発生することが多く、大部分は神経鞘腫である。
  1. 副咽頭間隙腫瘍の多くは良性腫瘍であるが、悪性腫瘍も発生する。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 主訴としては頸部腫脹、咽頭腫脹、咽頭違和感、異物感、嚥下時の違和感、耳閉感、耳痛、ホルネル徴候などがあるが、最近では検診で指摘されて無症状で来院することも珍しくない。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Satoshi Shirakura, Atsunobu Tsunoda, Keiichi Akita, Takuro Sumi, Masami Suzuki, Taro Sugimoto, Seiji Kishimoto
雑誌名: Auris Nasus Larynx. 2010 Oct;37(5):621-5. doi: 10.1016/j.anl.2010.01.003. Epub 2010 Feb 24.
Abstract/Text OBJECTIVE: The parapharyngeal space (PS) is defined as the deepest space in the neck and it consists of the pre- and post-styloid regions. PS tumors originating in these regions are thought to dislocate the carotid artery (CA) in either the posterior or anterior direction. To determine the precise anatomy of the PS and its relationship with the CA in diagnostic images, we conducted cadaveric and imagining analysis.
MATERIALS AND METHODS: We examined the posterior and lateral aspects of the PS in three cadavers. We also examined 17 patients who suffered from PS tumors, in which the carotid artery was dislocated (CA), then compared the results with surgical and pathological findings.
RESULTS: The anterior part of the PS was mainly composed of fatty tissue and is generally referred to as the pre-styloid region of the PS. In the posterior of this fatty region, blood vessels and nerves were tightly covered with muscles and adjacent fascias to form a compact musculo-fascial structure containing the CA, jugular vein, vagal, glossopharyngeal, accessory and sympathetic nerves, and a portion of the hypoglossal nerves. The hypoglossal nerves emerged from the hypoglossal canal posterior to this structure and coursed behind it, entering it at the upper third of the PS. These anatomical findings indicated that the PS was actually comprises of three regions. Image analysis showed that the CA was dislocated in the postero-lateral direction by a pleomorphic adenoma originating from the parotid gland and by a trigeminal schwannoma, both of which were pre-styloid tumors. On the other hand, the post-styloid tumors did not always dislocate the CA in the anterior direction. Tumors that developed within the musculo-fascial structure such as those of the carotid body tumor or sympathetic nerve schwannoma dislocated the CA from both the antero- to the postero-lateral directions. A hypoglossal nerve schwannoma originating from the most posterior part of the PS, which was behind the musculo-fascial structure dislocated the CA in the anterior direction.
CONCLUSION: The present findings indicated that the post-styloid region of the PS is considered to consist of two regions. As the CA is a component of this musculo-fascial structure, tumors originating from it that are defined as post-styloid did not always displace the CA in the anterior direction. Such anatomical recognition is helpful for diagnostic imaging of PS tumors.

Copyright 2010 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
PMID 20185257  Auris Nasus Larynx. 2010 Oct;37(5):621-5. doi: 10.1016/・・・
著者: Francesco Chu, Rita De Berardinis, Marta Tagliabue, Stefano Zorzi, Francesco Bandi, Mohssen Ansarin
雑誌名: J Craniofac Surg. 2020 Jan Feb;31(1):117-120. doi: 10.1097/SCS.0000000000005912.
Abstract/Text The parapharyngeal space (PPS) is an anatomically and functionally complex region of the craniofacial district. Tumors that originate from this region are rare, and surgery is currently the best practice in the vast majority of cases with different surgical approaches being reported in the literature. Recently, mini-invasive robotic/endoscopic techniques have begun to emerge as effective alternatives in selected cases. In this work, we retrospectively analyzed 17 patients affected by PPS tumors, and managed by transoral robotic surgery (TORS) as a therapeutic or diagnostic procedure. TORS was used alone or combined with a transcervical approach for huge lesions of the PPS, at risk of fragmentation (curative intent). TORS also permitted biopsies of unknown lesions of the PPS to be conducted (diagnostic intent) otherwise unreachable without performing a mandibulotomy. All patients treated with curative intent benefited from radical surgery. No major complications were observed, and tumor fragmentation occurred only in 2 of 17 patients (11.8%). All patients receiving TORS with diagnostic intent were successfully referred to nonsurgical treatments based on the final histhopathological findings. This work also demonstrated TORS to be effective and safe on a larger group of patients compared to our preliminary study in 2016. TORS provides good oncological and functional outcomes when used with curative intent and is an effective diagnostic tool in cases of suspicious lesions of the PPS.

PMID 31634316  J Craniofac Surg. 2020 Jan Feb;31(1):117-120. doi: 10.1・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから