今日の臨床サポート

小児の反復性耳下腺炎

著者: 松原篤 弘前大学大学院医学研究科 耳鼻咽喉科学講座

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2016/06/10
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 小児の反復性耳下腺炎は、小児期に耳下腺腫脹を来す疾患のなかでムンプスに次いで多い疾患である。
  1. 口腔内の常在菌や弱毒菌が耳下腺管から逆行性に感染することにより、一側または両側の耳下腺炎を発症する。初発時期や反復の頻度などを丁寧に問診する。
  1. 小児の耳下腺腫脹・腫瘤の鑑別のアルゴリズム:
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
松原篤 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 小児の耳下腺腫脹を来す疾患として、流行性耳下腺炎(ムンプス)の次に頻度が高い。
  1. 症状の初症は2~5歳ごろを中心として、乳幼児期から10歳ごろまでが多い。
  1. 両側の耳下腺腫脹を来す例が多いが、同時期に腫脹する例や時期の異なる例などさまざまである。
  1. 末梢の耳下腺導管が嚢状に拡張しており、口腔内の常在菌や弱毒菌の逆行性感染により発症する。
  1. 初発後に数年経過すると腫脹回数が減少し、自然に軽快することが多い。
問診・診察のポイント  
  1. 過去に耳下腺腫脹を来しことがあるかどうかが問診のポイントになる。保護者の「おたふくかぜを繰り返した」などの言葉を鵜呑みにしてはならない。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Ankur Gadodia, Ashu Seith, Raju Sharma, Alok Thakar
雑誌名: Pediatr Radiol. 2010 Aug;40(8):1405-10. doi: 10.1007/s00247-010-1639-1. Epub 2010 May 14.
Abstract/Text BACKGROUND: Juvenile recurrent parotitis (JRP) is the second most common inflammatory salivary gland disease of childhood, after mumps. Diagnosis of JRP is usually based on clinical history of recurrent unilateral or bilateral parotid swelling and demonstration of sialectasis. Conventional sialography, digital sialography, US, MRI and sialoendoscopy have been used as investigative tools for the diagnosis of JRP. MR sialography is increasingly recognized as a useful supplement to sialography in salivary duct disorders.
OBJECTIVE: To describe the MRI and MR sialographic findings in children with JRP.
MATERIALS AND METHODS: MR Sialography was performed using T2-weighted three-dimensional constructive interference in steady-state (CISS) and half fourier acquisition single-shot turbo spin-echo (HASTE) sequences in 62 children with inflammatory salivary gland disease. Out of these 62 children, 6 had JRP. Axial T1- and T2-W images were also performed.
RESULTS: The main parotid duct was normal in all six children with JRP. High signal intensity focal lesions suggestive of sialectasis were seen involving both parotid glands in all six children. CISS sequence demonstrated the intraglandular ducts and sialectasis better than HASTE images.
CONCLUSION: MRI and MR sialography can non-invasively delineate the parenchymal and ductal system abnormalities of the parotid glands in children with JRP. Although MR and MR sialography cannot substitute US, they can accurately depict findings such as sialectasis and signal intensity changes in the parotid gland depending upon the phase of the disease (acute vs. chronic inflammation). The radiologist should be familiar with MR findings of JRP.

PMID 20467735  Pediatr Radiol. 2010 Aug;40(8):1405-10. doi: 10.1007/s0・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから