今日の臨床サポート

中咽頭悪性腫瘍

著者: 朝蔭孝宏 東京医科歯科大学 頭頸部外科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2018/07/04
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 中咽頭癌で最も多いのは側壁型、次が前壁型である。
  1. 近年HPV関連中咽頭癌が増加しており、これらの特徴として若年発症、頸部リンパ節転移、化学療法、放射線量への高い感受性、良好な予後などが挙げられる。HPVの代理マーカーとしては、p16免疫染色が広く用いられている。腫瘍細胞の75%以上でp16陽性の場合、HPV関連癌と判断する。
  1. それに伴い頭頸部癌取り扱い規約第6版からは、中咽頭癌のステージングがp16陽性例と陰性例で分けて規定されるようになった。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契
閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が 必要となります。閲覧には ご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と なり ます。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
朝蔭孝宏 : 研究費・助成金など(小野薬品)[2021年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 中咽頭癌は解剖学的に前壁型(舌根)、側壁型、後壁型、上壁型に分類される。発生頻度では側壁型が最も多く、前壁型がそれに次ぐ。
  1. 病理組織学的には扁平上皮癌が大半を占め、腺系の癌がそれに次ぐ。後者は前壁型に多い。
  1. 従来、中咽頭癌は他の頭頸部癌と同様に、喫煙や飲酒による発癌が主体であったが、近年、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)による発癌が急増している。その結果、中咽頭癌はわが国でも、諸外国でも増加傾向にある[1]
  1. HPV関連中咽頭癌は、その他の要因によるものと比較して、若年発症、進行癌として見つかる、化学療法および放射線療法の感受性が高く予後良好であるなどの特徴を有する[2][3]
  1. 日本では頭頸部癌に対しては未認可であるが、海外ではロボットを用いた経口腔的腫瘍切除術が施行されるようになってきた[4]
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 咽頭の症状(違和感、疼痛など)の有無、その経緯

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Aimee R Kreimer, Gary M Clifford, Peter Boyle, Silvia Franceschi
雑誌名: Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2005 Feb;14(2):467-75. doi: 10.1158/1055-9965.EPI-04-0551.
Abstract/Text Mucosal human papillomaviruses (HPV) are the cause of cervical cancer and likely a subset of head and neck squamous cell carcinomas (HNSCC), yet the global prevalence and type distribution of HPV in HNSCC remains unclear. We systematically reviewed published studies of HNSCC biopsies that employed PCR-based methods to detect and genotype HPV to describe the prevalence and type distribution of HPV by anatomic cancer site. Geographic location and study size were investigated as possible sources of variability. In the 5,046 HNSCC cancer specimens from 60 studies, the overall HPV prevalence was 25.9% [95% confidence interval (95% CI), 24.7-27.2]. HPV prevalence was significantly higher in oropharyngeal SCCs (35.6% of 969; 95% CI, 32.6-38.7) than oral SCCs (23.5% of 2,642; 95% CI, 21.9-25.1) or laryngeal SCCs (24.0% of 1,435; 95% CI, 21.8-26.3). HPV16 accounted for a larger majority of HPV-positive oropharyngeal SCCs (86.7%; 95% CI, 82.6-90.1) compared with HPV-positive oral SCCs (68.2%; 95% CI, 64.4-71.9) and laryngeal SCCs (69.2%; 95% CI, 64.0-74.0). Conversely, HPV18 was rare in HPV-positive oropharyngeal SCCs (2.8%; 95% CI, 1.3-5.3) compared with other head and neck sites [34.1% (95% CI, 30.4-38.0) of oral SCCs and 17.0% (95% CI, 13.0-21.6) of laryngeal SCCs]. Aside from HPV16 and HPV18, other oncogenic HPVs were rarely detected in HNSCC. Tumor site-specific HPV prevalence was higher among studies from North America compared with Europe and Asia. The high HPV16 prevalence and the lack of HPV18 in oropharyngeal compared with other HNSCCs may point to specific virus-tissue interactions. Small sample size and publication bias complicate the assessment of the prevalence of HPV in head and neck sites beyond the oropharynx.

PMID 15734974  Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2005 Feb;14(2):467-75・・・
著者: Carole Fakhry, Maura L Gillison
雑誌名: J Clin Oncol. 2006 Jun 10;24(17):2606-11. doi: 10.1200/JCO.2006.06.1291.
Abstract/Text Human papillomavirus (HPV) is now recognized to play a role in the pathogenesis of a subset of head and neck squamous cell carcinomas (HNSCCs), particularly those that arise from the lingual and palatine tonsils within the oropharynx. High-risk HPV16 is identified in the overwhelming majority of HPV-positive tumors, which have molecular-genetic alterations indicative of viral oncogene function. Measures of HPV exposure, including sexual behaviors, seropositivity to HPV16, and oral, high-risk HPV infection, are associated with increased risk for oropharyngeal cancer. HPV infection may be altering the demographics of HNSCC patients, as these patients tend to be younger, nonsmokers, and nondrinkers. There is sufficient evidence to conclude that a diagnosis of HPV-positive HNSCC has significant prognostic implications; these patients have at least half the risk of death from HNSCC when compared with the HPV-negative patient. The HPV etiology of these tumors may have future clinical implications for the diagnosis, therapy, screening, and prevention of HNSCC.

PMID 16763272  J Clin Oncol. 2006 Jun 10;24(17):2606-11. doi: 10.1200/・・・
著者: Shanthi Marur, Gypsyamber D'Souza, William H Westra, Arlene A Forastiere
雑誌名: Lancet Oncol. 2010 Aug;11(8):781-9. doi: 10.1016/S1470-2045(10)70017-6. Epub 2010 May 5.
Abstract/Text A rise in incidence of oropharyngeal squamous cell cancer--specifically of the lingual and palatine tonsils--in white men younger than age 50 years who have no history of alcohol or tobacco use has been recorded over the past decade. This malignant disease is associated with human papillomavirus (HPV) 16 infection. The biology of HPV-positive oropharyngeal cancer is distinct with P53 degradation, retinoblastoma RB pathway inactivation, and P16 upregulation. By contrast, tobacco-related oropharyngeal cancer is characterised by TP53 mutation and downregulation of CDKN2A (encoding P16). The best method to detect virus in tumour is controversial, and both in-situ hybridisation and PCR are commonly used; P16 immunohistochemistry could serve as a potential surrogate marker. HPV-positive oropharyngeal cancer seems to be more responsive to chemotherapy and radiation than HPV-negative disease. HPV 16 is a prognostic marker for enhanced overall and disease-free survival, but its use as a predictive marker has not yet been proven. Many questions about the natural history of oral HPV infection remain under investigation. For example, why does the increase in HPV-related oropharyngeal cancer dominate in men? What is the potential of HPV vaccines for primary prevention? Could an accurate method to detect HPV in tumour be developed? Which treatment strategies reduce toxic effects without compromising survival? Our aim with this review is to highlight current understanding of the epidemiology, biology, detection, and management of HPV-related oropharyngeal head and neck squamous cell carcinoma, and to describe unresolved issues.

2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.
PMID 20451455  Lancet Oncol. 2010 Aug;11(8):781-9. doi: 10.1016/S1470-・・・
著者: Gregory S Weinstein, Bert W O'Malley, Wendy Snyder, Eric Sherman, Harry Quon
雑誌名: Arch Otolaryngol Head Neck Surg. 2007 Dec;133(12):1220-6. doi: 10.1001/archotol.133.12.1220.
Abstract/Text OBJECTIVE: To describe and show the feasibility of a new surgical technique for transoral robotic surgery (TORS) radical tonsillectomy.
DESIGN: A prospective, phase 1 clinical trial.
SETTING: Academic, tertiary referral center.
PATIENTS: A total of 27 participants were prospectively selected using a volunteer sample. All eligible patients agreed to participate in the study.
INTERVENTIONS: Patients underwent TORS radical tonsillectomy for previously untreated invasive squamous cell carcinoma of the tonsillar region without free-flap reconstruction, staged neck dissection, and adjuvant therapy.
MAIN OUTCOME MEASURES: Outcome measures included final pathologic margin status, need for short- and long-term tracheotomy tube placement, and need for gastrostomy tube feedings among patients with a minimum 6-month follow-up. The incidence of significant postoperative complications was recorded.
RESULTS: No mortality occurred. Final margins found to be negative for cancer were achieved in 25 of 27 patients (93%). Surgical complications included 1 case each of postoperative mucosal bleeding, delirium tremens, unplanned tracheotomy for temporary exacerbation of sleep apnea, and hypernasality and 2 cases of moderate trismus. Twenty-six of 27 patients (96%) were swallowing without the use of a gastrostomy.
CONCLUSIONS: Radical tonsillectomy using TORS is a new technique that offers excellent access for resection of carcinomas of the tonsil with acceptable acute morbidity. Future reports will focus on long-term oncologic and functional outcomes.

PMID 18086963  Arch Otolaryngol Head Neck Surg. 2007 Dec;133(12):1220-・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから