今日の臨床サポート

下咽頭悪性腫瘍

著者: 篠﨑剛 国立がん研究センター東病院 頭頸部外科

著者: 林隆一 国立がん研究センター東病院 頭頸部外科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正/監修レビュー済:2018/07/04
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 下咽頭の悪性腫瘍は、比較的まれな疾患である。頸部腫瘤、嚥下障害、嚥下痛、声のかすれ、耳痛などの風邪様の症状を認め、上気道炎と評価されて発見が遅れることがある。
  1. この癌の発生のピークは、男女ともに50~60歳の年齢である。男性に多く認められる。病理組織型では扁平上皮癌が大部分を占め、また、梨状陥凹由来の癌が最も多い。
  1. 過度のアルコール使用および喫煙が、下咽頭癌に対する危険因子である。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります 。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要と
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
篠﨑剛 : 報酬額(楽天メディカル)[2021年]
林隆一 : 報酬額(楽天メディカルジャパン株式会社)[2021年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント
  1. 頭頸部癌診療ガイドライン2018
  1. NCCNガイドライン2017
に基づき改訂を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 下咽頭癌は、比較的まれな疾患である。この癌の発生のピークは、男女ともに50~60歳の年齢である。男性に多く認められる。
  1. 過度のアルコール使用および喫煙が、下咽頭癌に対する危険因子である。
  1. 下咽頭は梨状陥凹・輪状後部・咽頭後壁の3つの亜部位に分類される。梨状陥凹の癌が最も多い。
  1. 輪状後部癌は、貧血(特に鉄欠乏性貧血)を持つ女性に多く発症する。
  1. 病理組織型では扁平上皮癌が大部分を占める。
  1. 食道癌や頭頸部癌、肺癌の重複がしばしば認められる[1]
問診・診察のポイント  
  1. 初発症状として頸部腫瘤、嚥下障害、嚥下痛、声のかすれ、耳痛などが多い。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Akira Yokoyama, Takeshi Mizukami, Tetsuji Yokoyama
雑誌名: Adv Exp Med Biol. 2015;815:265-79. doi: 10.1007/978-3-319-09614-8_15.
Abstract/Text Genetic polymorphisms of alcohol dehydrogenase-1B (ADH1B) and aldehyde dehydrogenase-2 (ALDH2) modulate exposure levels to ethanol/acetaldehyde. Endoscopic screening of 6,014 Japanese alcoholics yielded high detection rates of esophageal squamous cell carcinoma (SCC; 4.1%) and head and neck SCC (1.0%). The risks of upper aerodigestive tract SCC/dysplasia, especially of multiple SCC/dysplasia, were increased in a multiplicative fashion by the presence of a combination of slow-metabolizing ADH1B*1/*1 and inactive heterozygous ALDH2*1/*2 because of prolonged exposure to higher concentrations of ethanol/acetaldehyde. A questionnaire asking about current and past facial flushing after drinking a glass (≈180 mL) of beer is a reliable tool for detecting the presence of inactive ALDH2. We invented a health-risk appraisal (HRA) model including the flushing questionnaire and drinking, smoking, and dietary habits. Esophageal SCC was detected at a high rate by endoscopic mass-screening in high HRA score persons. A total of 5.0% of 4,879 alcoholics had a history of (4.0%) or newly diagnosed (1.0%) gastric cancer. Their high frequency of a history of gastric cancer is partly explained by gastrectomy being a risk factor for alcoholism because of altered ethanol metabolism, e.g., by blood ethanol level overshooting. The combination of H. pylori-associated atrophic gastritis and ALDH2*1/*2 showed the greatest risk of gastric cancer in alcoholics. High detection rates of advanced colorectal adenoma/carcinoma were found in alcoholics, 15.7% of 744 immunochemical fecal occult blood test (IFOBT)-negative alcoholics and 31.5% of the 393 IFOBT-positive alcoholics. Macrocytosis with an MCV≥106 fl increased the risk of neoplasia in the entire aerodigestive tract of alcoholics, suggesting that poor nutrition as well as ethanol/acetaldehyde exposure plays an important role in neoplasia.

PMID 25427912  Adv Exp Med Biol. 2015;815:265-79. doi: 10.1007/978-3-3・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから