今日の臨床サポート

肩関節脱臼

著者: 望月由 県立広島病院 整形外科

監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター

著者校正/監修レビュー済:2016/09/02
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 肩関節は最も脱臼しやすい関節である。肩関節脱臼は、転倒や転落、スポーツの接触プレーなどで肩関節が外転・外旋、あるいは水平伸展された場合に生じる。
  1. 外傷性肩関節脱臼は前方脱臼と後方脱臼に大きく分けられ、前方脱臼が90%以上を占める。
  1. 10~20歳代の初回肩関節脱臼の50%以上が再脱臼を生じて反復性脱臼に移行する。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契 約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. X線検査により確定診断を行う。AP像のほか、Scapula Y view(traumatic view)を撮るほうが望ましい。多くの場合に上腕骨頭後外側の骨軟骨欠損(Hill-Sachs損傷)を伴う。
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と なります。閲覧に はご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧には ご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな

閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
望月由 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:落合直之 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 肩関節は骨性の支持構造が少なく、その安定性を軟部組織に委ねているため、最も脱臼しやすい関節であり、全外傷性脱臼の45%が肩関節に生じる[1]
  1. 肩関節脱臼は、転倒や転落、スポーツの接触プレーなどで肩関節が外転・外旋、あるいは水平伸展された場合に生じる。
  1. 外傷性肩関節脱臼は前方脱臼と後方脱臼に大きく分けられ、前方脱臼が90%以上を占める[2]
  1. 前方脱臼は脱臼した上腕骨頭の位置により、烏口下脱臼、鎖骨下脱臼、腋窩(垂直)脱臼に分けられるが、ほとんどが烏口下脱臼である。
  1. 10~20歳代の初回肩関節脱臼の50%以上が再脱臼を生じて反復性脱臼に移行する。
  1. 前方関節唇・下関節靱帯前索複合体(AIGHL complex)が関節窩から剥離するBankart損傷が94~97%に認められる。
  1. Bankart損傷以外にも下関節上腕靱帯(IGHL)が上腕骨側で剥離するHAGL(humeral avulsion of glenohumeral ligament)損傷、靱帯実質部での断裂(関節包断裂)なども認められる。
  1. いずれの部位の損傷でもIGHLの機能不全が生じ、治癒しにくく反復性脱臼に移行しやすい。
  1. 初回脱臼の発生率は米国で年間2万件と推定されている[3]
  1. 好発年齢は二峰性(若年者と中高年者)である[2][4][5]
問診・診察のポイント  
問診
  1. 外傷の有無を確認する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: B Kazár, E Relovszky
雑誌名: Acta Orthop Scand. 1969;40(2):216-24.
Abstract/Text
PMID 5365161  Acta Orthop Scand. 1969;40(2):216-24.
著者: C R ROWE
雑誌名: J Bone Joint Surg Am. 1956 Oct;38-A(5):957-77.
Abstract/Text
PMID 13367074  J Bone Joint Surg Am. 1956 Oct;38-A(5):957-77.
著者: W T Simonet, L J Melton, R H Cofield, D M Ilstrup
雑誌名: Clin Orthop Relat Res. 1984 Jun;(186):186-91.
Abstract/Text The records of all Olmsted County, Minnesota residents treated for an initial traumatic anterior shoulder dislocation during a ten-year period were reviewed to study the incidence and natural history of this condition. One hundred twenty-four patients had been treated during the study period, and in 116 patients (93.5%) complete follow-up evaluation was available. The overall adjusted incidence of initial traumatic shoulder dislocations was 8.2/100,000 person-years; of all traumatic shoulder dislocations, the rate was at least 11.2/100,000 person-years. Incidence rates were significantly greater for men than for women. There was no urban versus rural difference in incidence or recurrence rates. The authors concluded that shoulder dislocation occurs most frequently in younger male patients and occurs with similar frequency in urban and rural settings. Except for age-related differences in recurrence rates no significant referral bias was found among patients treated at a tertiary care facility as compared with patients from the local community.

PMID 6723141  Clin Orthop Relat Res. 1984 Jun;(186):186-91.
著者: A Langenskiöld, O Kiviluoto
雑誌名: Clin Orthop Relat Res. 1976 Mar-Apr;(115):92-5.
Abstract/Text
PMID 1253503  Clin Orthop Relat Res. 1976 Mar-Apr;(115):92-5.
著者: M A Hoelen, A M Burgers, P M Rozing
雑誌名: Arch Orthop Trauma Surg. 1990;110(1):51-4.
Abstract/Text From 1982 to 1987, 194 patients with 196 primary traumatic anterior shoulder dislocations were treated in our hospital. One hundred and sixty-six patients with 168 shoulder dislocations (87%) were available for study at follow-up an average of 4 years after treatment. The most important prognostic factor in relation to recurrence was the age of the patient at the time of the primary dislocation. The highest recurrence rate was found in patients of 30 years and younger (64%). Athletes in this age group had no worse a prognosis as to recurrence than non-athletes. A fracture of the greater tuberosity improved the prognosis significantly (P less than 0.01). Neither the presence of a Hill-Sachs lesion nor the period of immobilization influenced the recurrence rate in patients aged 30 years and younger.

PMID 2288807  Arch Orthop Trauma Surg. 1990;110(1):51-4.
著者: E Itoi, R Sashi, H Minagawa, T Shimizu, I Wakabayashi, K Sato
雑誌名: J Bone Joint Surg Am. 2001 May;83-A(5):661-7.
Abstract/Text BACKGROUND: Glenohumeral dislocations often recur, probably because a Bankart lesion does not heal sufficiently during the period of immobilization. Using magnetic resonance imaging, we assessed the position of the Bankart lesion, with the arm in internal and external rotation, in shoulders that had had a dislocation.
METHODS: Coaptation of a Bankart lesion was examined with use of magnetic resonance imaging, with the arm held at the side of the trunk and positioned first in internal rotation (mean, 29 degrees) and then in external rotation (mean, 35 degrees), in nineteen shoulders. Six shoulders (six patients) had had an initial anterior dislocation, and thirteen shoulders (twelve patients) had had recurrent anterior dislocation. Fast-spin-echo T2-weighted axial images were made when the dislocation had occurred less than two weeks earlier, and spin-echo T1-weighted axial images after intra-articular injection of gadolinium-diethylenetriamine pentaacetic acid were made when the dislocation had occurred more than two weeks earlier. Separation and displacement of the anteroinferior portion of the labrum from the glenoid rim were measured on the axial images, and coaptation of the anterior part of the capsule to the glenoid neck was assessed by measurement of the detached area, opening angle, and detached length.
RESULTS: Separation and displacement of the labrum were both significantly less (p = 0.0047 and p = 0.0017, respectively) when the arm was in external rotation than when it was in internal rotation. The detached area and the opening angle of the anteroinferior portion of the capsule were both significantly smaller (p = 0.0003 and p < 0.0001, respectively), and the detached length was significantly shorter (p < 0.0001) with the arm in external rotation.
CONCLUSION: Immobilization of the arm in external rotation better approximates the Bankart lesion to the glenoid neck than does the conventional position of internal rotation.

PMID 11379734  J Bone Joint Surg Am. 2001 May;83-A(5):661-7.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから