今日の臨床サポート

頚肩腕症候群

著者: 遠藤健司 東京医科大学 整形外科分野

監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター

著者校正/監修レビュー済:2021/03/03
参考ガイドライン:
  1. 「慢性疼痛の痛み・教育の基盤となるシステム構築に関する研究」研究班(日本運動器疼痛学会など):慢性疼痛治療ガイドライン(2018)
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 椎間関節由来の慢性頸部痛に対しての後内側枝ブロック(3,CJ)、椎間関節ブロック(3,CJは有効である。
  1. トリガーポイント注射は慢性疼痛治療に短期的に有効であるエビデンスがある(3,CJ
  1. 星状神経節ブロックの有効性は、臨床的に頭頸部痛や上肢などの痛みの緩和目的で行われているが、複合性局所疼痛症候群(CRPSを除き、質の高いエビデンスはない。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
遠藤健司 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:落合直之 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. インターベンショナル治療と運動療法について加筆を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 頚肩腕症候群は、約300年前にイタリアで書記の肩から腕にかけた痛みを主訴とした病気として記載されたのが最初で、その後電信手、農夫、鍛冶屋、日本では1950年代頃からキーパンチャーやタイピストに発症すると報告された経緯がある。
  1. 職種のみならず、激務(外食業、自営業)、フレックス、パート、下請け、短期契約、派遣など雇用形態や就業時間の長さなども発症誘因となる。
  1. 現在では、パソコン操作で発症することが多く、若年層から発症し男性より女性に多く発症する。職業によって発症した場合には頚肩腕障害と呼ばれることもある。
  1. 上肢の長時間にわたる同一肢位の継続、反復によって、精神、筋の疲労を背景として発症し、頚椎から肩甲帯に及ぶ筋肉(僧帽筋、胸鎖乳突筋)の疼痛、肩、肩甲骨周囲、腕にかけての痛みやしびれなど頚部、肩、腕、背中を中心としたいわゆる頚肩腕部分の感覚障害が中心となる[1]
  1. 眼痛、眼精疲労、頭痛、めまい、耳鳴などの症状の他、集中力低下、思考減退、易疲労感、情緒不安定、抑うつ症状、睡眠障害などの精神症状、四肢冷感など末梢循環障害、胃腸障害などを合併することもある。
  1. 病像形成に運動器(腱鞘炎、筋膜炎、関節炎、斜角筋症候群など)のみならず精神的因子や環境因子によるストレスの関与も無視することはできない。
  1. 治療には、器質的疾患がない慢性頸部痛が存在する場合、運動療法を行うことは強く推奨されている(推奨度3,CJ)。
  1. しかし、物理療法、マニプレーションは有効であるというエビデンスは不足しており、積極的な実施は推奨されない。
  1. 疼痛のため、運動が困難な場合は、ブロックなどの疼痛処置を併用すると良い。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 疼痛部位、運動障害の有無、発症時期を確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Pierre Côté, Jessica J Wong, Deborah Sutton, Heather M Shearer, Silvano Mior, Kristi Randhawa, Arthur Ameis, Linda J Carroll, Margareta Nordin, Hainan Yu, Gail M Lindsay, Danielle Southerst, Sharanya Varatharajan, Craig Jacobs, Maja Stupar, Anne Taylor-Vaisey, Gabrielle van der Velde, Douglas P Gross, Robert J Brison, Mike Paulden, Carlo Ammendolia, J David Cassidy, Patrick Loisel, Shawn Marshall, Richard N Bohay, John Stapleton, Michel Lacerte, Murray Krahn, Roger Salhany
雑誌名: Eur Spine J. 2016 Jul;25(7):2000-22. doi: 10.1007/s00586-016-4467-7. Epub 2016 Mar 16.
Abstract/Text PURPOSE: To develop an evidence-based guideline for the management of grades I-III neck pain and associated disorders (NAD).
METHODS: This guideline is based on recent systematic reviews of high-quality studies. A multidisciplinary expert panel considered the evidence of effectiveness, safety, cost-effectiveness, societal and ethical values, and patient experiences (obtained from qualitative research) when formulating recommendations. Target audience includes clinicians; target population is adults with grades I-III NAD <6 months duration.
RECOMMENDATION 1: Clinicians should rule out major structural or other pathologies as the cause of NAD. Once major pathology has been ruled out, clinicians should classify NAD as grade I, II, or III.
RECOMMENDATION 2: Clinicians should assess prognostic factors for delayed recovery from NAD.
RECOMMENDATION 3: Clinicians should educate and reassure patients about the benign and self-limited nature of the typical course of NAD grades I-III and the importance of maintaining activity and movement. Patients with worsening symptoms and those who develop new physical or psychological symptoms should be referred to a physician for further evaluation at any time during their care.
RECOMMENDATION 4: For NAD grades I-II ≤3 months duration, clinicians may consider structured patient education in combination with: range of motion exercise, multimodal care (range of motion exercise with manipulation or mobilization), or muscle relaxants. In view of evidence of no effectiveness, clinicians should not offer structured patient education alone, strain-counterstrain therapy, relaxation massage, cervical collar, electroacupuncture, electrotherapy, or clinic-based heat.
RECOMMENDATION 5: For NAD grades I-II >3 months duration, clinicians may consider structured patient education in combination with: range of motion and strengthening exercises, qigong, yoga, multimodal care (exercise with manipulation or mobilization), clinical massage, low-level laser therapy, or non-steroidal anti-inflammatory drugs. In view of evidence of no effectiveness, clinicians should not offer strengthening exercises alone, strain-counterstrain therapy, relaxation massage, relaxation therapy for pain or disability, electrotherapy, shortwave diathermy, clinic-based heat, electroacupuncture, or botulinum toxin injections.
RECOMMENDATION 6: For NAD grade III ≤3 months duration, clinicians may consider supervised strengthening exercises in addition to structured patient education. In view of evidence of no effectiveness, clinicians should not offer structured patient education alone, cervical collar, low-level laser therapy, or traction. RECOMMENDATION 7: For NAD grade III >3 months duration, clinicians should not offer a cervical collar. Patients who continue to experience neurological signs and disability more than 3 months after injury should be referred to a physician for investigation and management. RECOMMENDATION 8: Clinicians should reassess the patient at every visit to determine if additional care is necessary, the condition is worsening, or the patient has recovered. Patients reporting significant recovery should be discharged.

PMID 26984876  Eur Spine J. 2016 Jul;25(7):2000-22. doi: 10.1007/s0058・・・
著者: Matthew S Robbins, Deena Kuruvilla, Andrew Blumenfeld, Larry Charleston, Michael Sorrell, Carrie E Robertson, Brian M Grosberg, Steven D Bender, Uri Napchan, Avi Ashkenazi, Peripheral Nerve Blocks and Other Interventional Procedures Special Interest Section of the American Headache Society
雑誌名: Headache. 2014 Oct;54(9):1441-59. doi: 10.1111/head.12442. Epub 2014 Aug 28.
Abstract/Text OBJECTIVE/BACKGROUND: To review the existing literature and describe a standardized methodology by expert consensus for the performance of trigger point injections (TPIs) in the treatment of headache disorders. Despite their widespread use, the efficacy, safety, and methodology of TPIs have not been reviewed specifically for headache disorders by expert consensus.
METHODS: The Peripheral Nerve Blocks and Other Interventional Procedures Special Interest Section of the American Headache Society over a series of meetings reached a consensus for nomenclature, indications, contraindications, precautions, procedural details, outcomes, and adverse effects for the use of TPIs for headache disorders. A subcommittee of the Section also reviewed the literature.
RESULTS: Indications for TPIs may include many types of episodic and chronic primary and secondary headache disorders, with the presence of active trigger points (TPs) on physical examination. Contraindications may include infection, a local open skull defect, or an anesthetic allergy, and precautions are necessary in the setting of anticoagulant use, pregnancy, and obesity with unclear anatomical landmarks. The most common muscles selected for TPIs include the trapezius, sternocleidomastoid, and temporalis, with bupivacaine and lidocaine the agents used most frequently. Adverse effects are typically mild with careful patient and procedural selection, though pneumothorax and other serious adverse events have been infrequently reported.
CONCLUSIONS: When performed in the appropriate setting and with the proper expertise, TPIs seem to have a role in the adjunctive treatment of the most common headache disorders. We hope our effort to characterize the methodology of TPIs by expert opinion in the context of published data motivates the performance of evidence-based and standardized treatment protocols.

© 2014 American Headache Society.
PMID 25168295  Headache. 2014 Oct;54(9):1441-59. doi: 10.1111/head.124・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから