今日の臨床サポート

リウマチ肘

著者: 水関隆也 広島県立障害者リハビリテーションセンター

監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター

著者校正/監修レビュー済:2021/06/09
患者向け説明資料
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
水関隆也 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:落合直之 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. リウマチ肘関節の滑膜切除は、直視下から関節鏡視下への移行が進んでいる。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. リウマチ肘は全身的な関節リウマチの一関節炎として肘関節に出現する。肘関節の腫脹、疼痛、運動障害が一般的であるが症状が進行すれば強直、変形、不安定性もみられる。
  1. 関節リウマチにより肘関節内の滑膜が炎症を起こすと、関節液が増加し関節は腫脹する。
  1. 放置されると関節軟骨が浸食され、軟骨下骨が露出される。随所にパンヌスが形成され、関節破壊が進行することとなる。
  1. 関節破壊が進行すると、関節裂隙の狭小化を来したり、逆に不安定性が増加したりさまざまなX線像を呈する。
  1. 臨床的には痛みは必発であるが、可動域が制限される場合と、不安定ながら維持される場合がある。
  1. 生物学的製剤の治療への導入により最近は肘関節炎に遭遇する機会が少なくなった。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 全身的に関節リウマチの合併を確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Kiwamu Horiuchi, Shigeki Momohara, Taisuke Tomatsu, Kazuhiko Inoue, Yoshiaki Toyama
雑誌名: J Bone Joint Surg Am. 2002 Mar;84(3):342-7. doi: 10.2106/00004623-200203000-00002.
Abstract/Text BACKGROUND: The purpose of this study was to investigate the results of arthroscopic synovectomy for the treatment of elbows affected by rheumatoid arthritis.
METHODS: Arthroscopic synovectomy was performed on twenty-nine elbows (twenty-seven patients) between 1984 and 1996. Twenty-one elbows (twenty patients), followed for a minimum of forty-two months, were evaluated clinically with use of the Mayo elbow performance score and radiographic findings. The mean duration of follow-up was ninety-seven months. With use of the system of Larsen et al., we classified all elbows into three groups--Grades 1 and 2, Grade 3, and Grade 4--according to the preoperative radiographic findings. These groups were then compared.
RESULTS: The mean Mayo elbow performance score improved from 48.3 points preoperatively to 77.5 points (an excellent result in two elbows, a good result in thirteen, a fair result in six, and a poor result in none) at two years after the operation and 69.8 points (an excellent result in two elbows, a good result in seven, a fair result in seven, and a poor result in five) at the final follow-up evaluation. The mean score for pain improved from 9.3 points preoperatively to 31.4 points at two years after the operation and 27.9 points at the final follow-up evaluation. Clinically apparent synovitis recurred in five of the twenty-one elbows, and two of the five required total elbow arthroplasty. Among the three groups, only elbows with Larsen Grade-1 or 2 arthritis had a favorable long-term result with regard to total function. The postoperative results were unsatisfactory for Larsen Grade-4 elbows.
CONCLUSIONS: Arthroscopic synovectomy in an elbow affected by rheumatoid arthritis is a reliable procedure that can alleviate pain. Our results suggest that one of the most favorable indications for arthroscopic synovectomy is a preoperative radiographic rating of Grade 1 or 2.

PMID 11886901  J Bone Joint Surg Am. 2002 Mar;84(3):342-7. doi: 10.210・・・
著者: F Qureshi, K P Draviaraj, D Stanley
雑誌名: J Bone Joint Surg Br. 2010 Oct;92(10):1416-21. doi: 10.1302/0301-620X.92B10.22476.
Abstract/Text Between September 1993 and September 1996, we performed 34 Kudo 5 total elbow replacements in 31 rheumatoid patients. All 22 surviving patients were reviewed at a mean of 11.9 years (10 to 14). Their mean age was 56 years (37 to 78) at the time of operation. All had Larsen grade IV or V rheumatoid changes on X-ray. Nine (three bilateral replacements and six unilateral) had died from unrelated causes. One who had died before ten years underwent revision for dislocation. Of the 22 total elbow replacements reviewed six had required revision, four for aseptic loosening (one humeral and three ulnar) and two for infection. Post-operatively, one patient had neuropraxia of the ulnar nerve and one of the radial nerve. Two patients had valgus tilting of the ulnar component. With revision as the endpoint, the mean survival time for the prosthesis was 11.3 years (95% confidence interval (10 to 13) and the estimated survival of the prosthesis at 12 years according to Kaplan-Meier survival analysis was 74% (95% confidence interval 0.53 to 0.91). Of the 16 surviving implants, ten were free from pain, four had mild pain and two moderate. The mean arc of flexion/extension of the elbow was 106° (65° to 130°) with pronation/supination of 90° (30° to 150°) with the joint at 90° of flexion. The mean Mayo elbow performance score was 82 (60 to 100) with five excellent, ten good and one fair result. Good long-term results can be expected using the Kudo 5 total elbow replacement in patients with rheumatoid disease, with a low incidence of loosening of the components.

PMID 20884981  J Bone Joint Surg Br. 2010 Oct;92(10):1416-21. doi: 10.・・・
著者: J M Aldridge, N R Lightdale, W J Mallon, R W Coonrad
雑誌名: J Bone Joint Surg Br. 2006 Apr;88(4):509-14. doi: 10.1302/0301-620X.88B4.17095.
Abstract/Text There have been few reports in the literature of total elbow arthroplasty extending beyond 10 to 15 years. We reviewed 40 patients (41 elbows) with a mean age of 56 years (19 to 83) who had undergone a Coonrad/Coonrad-Morrey elbow arthroplasty by one surgeon for various diagnoses between 1974 and 1994. Surgical selection excluded patients with previous elbow infection or who refused to accept a sedentary level of elbow activity postoperatively. Objective data were collected from charts, radiographs, clinical photographs and supplemented by the referring orthopaedic surgeons' records and radiographs if health or distance prevented a patient from returning for final review. Subjective outcome was defined by patient satisfaction. Of the 41 elbows, 21 were functional between 10 and 14 years after operation, ten between 15 and 19 years and ten between 20 and 31 years. There were 14 complications and 13 revisions, but no cases of acute infection, or permanent removal of any implant.

PMID 16567787  J Bone Joint Surg Br. 2006 Apr;88(4):509-14. doi: 10.13・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから