今日の臨床サポート

野球肘、離断性骨軟骨炎

著者: 松浦哲也 徳島大学医学部運動機能外科学

監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター

著者校正/監修レビュー済:2021/04/14
参考ガイドライン:
  1. 日本臨床スポーツ医学会整形外科学術部会:野球障害予防ガイドライン
患者向け説明資料
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
松浦哲也 : 企業などが提供する寄付講座(株式会社日本エム・ディ・エム,泉工医科工業株式会社,株式会社サージカル・スパイン)[2021年]
監修:落合直之 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 肘関節には内側に内側上顆と滑車、外側に小頭、外側上顆と橈骨頭、後方に肘頭の6つの骨端核が存在する。
  1. 骨端核の出現は最も早い小頭の1歳前後から外側上顆の11歳頃までバリエーションに富んでいるが(<図表>)、閉鎖時期は14~17歳頃に集中している[1]
 
肘の骨端核出現時期

左:正面像、右:側面像
肘関節骨端核の出現時期はバリエーションに富んでおり、最も早い小頭(c)の1歳前後から、外側上顆(L)の9~11歳頃までさまざまである。

 
  1. 投球動作では内側に牽引力、外側に圧迫力、後方に剪断力が加わり(<図表>)、それぞれの骨端核に障害が生じ得る。
 
投球動作で肘関節に加わるストレス

a:加速期
b:フォロースルー期
投球動作の加速期(a)では内側に牽引力、外側に圧迫力、後方に剪断力が加わる。また、フォロースルー期(b)では後方に圧迫・剪断力が加わる。

出典

 
  1. 広義には投球による骨端核の障害を総称して野球肘と呼ぶが、狭義には最も頻度の高い内側上顆障害のみを野球肘と呼ぶ。
  1. 次いで多いのが、離断性骨軟骨炎とも呼ばれる小頭障害である。
 
肘関節の骨軟骨障害発生頻度

最も頻度が高いのは内側上顆障害(狭義の野球肘)、次いで多いのが離断性骨軟骨炎である。

出典

 
  1. 主な症状は疼痛であるが、離断性骨軟骨炎の病初期では症状が乏しい[2]
問診・診察のポイント  
  1. 野球歴、週間練習日数と時間、年間試合数やポジションを確認する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Shawn W M O'Driscoll, Richard L Lawton, Adam M Smith
雑誌名: Am J Sports Med. 2005 Feb;33(2):231-9.
Abstract/Text BACKGROUND: The diagnosis of a painful partial tear of the medial collateral ligament in overhead-throwing athletes is challenging, even for experienced elbow surgeons and despite the use of sophisticated imaging techniques.
HYPOTHESIS: The "moving valgus stress test" is an accurate physical examination technique for diagnosis of medial collateral ligament attenuation in the elbow.
STUDY DESIGN: Cohort study (diagnosis); Level of evidence, 2.
METHODS: Twenty-one patients underwent surgical intervention for medial elbow pain due to medial collateral ligament insufficiency or other abnormality of chronic valgus overload, and they were assessed preoperatively with an examination called the moving valgus stress test. To perform the moving valgus stress test, the examiner applies and maintains a constant moderate valgus torque to the fully flexed elbow and then quickly extends the elbow. The test is positive if the medial elbow pain is reproduced at the medial collateral ligament and is at maximum between 120 degrees and 70 degrees.
RESULTS: The moving valgus stress test was highly sensitive (100%, 17 of 17 patients) and specific (75%, 3 of 4 patients) when compared to assessment of the medial collateral ligament by surgical exploration or arthroscopic valgus stress testing. The mean shear range (ie, the arc within which pain was produced with the moving valgus stress test) was 120 degrees to 70 degrees. The mean angle at which pain was at a maximum was 90 degrees of elbow flexion.
CONCLUSIONS: The moving valgus stress test is an accurate physical examination technique that, when performed and interpreted correctly, is highly sensitive for medial elbow pain arising from the medial collateral ligament.

PMID 15701609  Am J Sports Med. 2005 Feb;33(2):231-9.
著者: Tetsuya Matsuura, Shinji Kashiwaguchi, Takenobu Iwase, Yoshitsugu Takeda, Natsuo Yasui
雑誌名: Am J Sports Med. 2008 May;36(5):868-72. doi: 10.1177/0363546507312168. Epub 2008 Jan 24.
Abstract/Text BACKGROUND: Conservative treatment is recommended for the early stage of osteochondrosis of the humeral capitellum. However, the outcome of conservative treatment has not been well documented.
HYPOTHESIS: Osteochondrosis of the humeral capitellum detected at an early stage responds well to conservative treatment.
STUDY DESIGN: Cohort study; Level of evidence, 3.
METHODS: We retrospectively reviewed 176 patients with osteochondrosis of the humeral capitellum. There were 134 lesions that were stage I (radiolucent area) in patients with a mean age of 11.5 years and 42 lesions that were stage II (nondisplaced fragments) in patients with a mean age of 13.9 years based on anteroposterior radiographs of the elbow in 45 degrees of flexion. Conservative treatment was performed on 101 patients. The remaining 75 patients did not follow the authors' advice. Conservative treatment consisted of discontinuation of heavy use of the elbow for at least 6 months. Follow-up radiographs were taken at 1-month intervals. At a mean follow-up of 24 months, all patients were evaluated clinically and radiographically.
RESULTS: Conservative management produced healing in 90.5% of stage I lesions and 52.9% of stage II lesions. The mean period required for healing was 14.9 months in stage I and 12.3 months in stage II. Sixty-six of 84 (78.6%) stage I patients and 9 of 17 (52.9%) stage II patients returned to competitive-level baseball. Of the 75 patients who did not follow our advice, healing was observed in 17 (22.7%). The healing rate was higher for the 101 patients who followed our advice as opposed to the 75 patients who did not.
CONCLUSION: Osteochondrosis of the humeral capitellum can be successfully treated conservatively if treatment is begun in an early stage of the disease.

PMID 18219050  Am J Sports Med. 2008 May;36(5):868-72. doi: 10.1177/03・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから