今日の臨床サポート

姿勢異常

著者: 稲見聡 獨協医科大学 医学科整形外科学

著者: 野原裕 獨協医科大学 医学科整形外科学

監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター

著者校正/監修レビュー済:2017/03/31
患者向け説明資料

概要・推奨   

症状のポイント:
  1. 姿勢は頭部、体幹、四肢の相対的位置関係により決まる。運動器の骨、関節、筋肉、体性感覚系が関与する。
 
緊急対応:
  1. 矢状面の姿勢異常があり緊急の対応が必要な診断として、化膿性脊椎炎、腸腰筋膿瘍、脊椎腫瘍、脊椎の骨折や脱臼などがある。いずれも強い痛みを伴う。
  1. 姿勢の制御における脊柱と骨盤、下肢の関係:
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 下記の疾患が頻度の高い疾患、重篤な疾患、まれな治療可能な疾患である。ただし、上記のように通常は年齢を元に鑑別を絞ることの方が多い。
  1. 頻度の高い疾患:
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契 約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
稲見聡 : 特に申告事項無し[2021年]
野原裕 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:落合直之 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 姿勢は頭部、体幹、四肢の相対的位置関係により決まる。よって、構造的にはこれら運動器の骨、関節、筋肉が関与し、機能的には体性感覚系からの感覚入力と中枢神経系から筋肉への出力により姿勢が制御される。
  1. 原因疾患は多岐にわたる。脊椎疾患、股関節疾患、膝関節疾患、筋や末梢神経疾患、脳脊髄疾患などが鑑別疾患となる。
  1. 姿勢異常は若年者から高齢者まで幅広い年齢層で起こり得るが、日常の臨床で遭遇する頻度が高いものは限られており、各年齢層での特徴がある。
  1. 高齢者で頻度が高い疾患は、椎体骨折( 症例 )や腰椎変性後側弯症( 症例 )などによる後弯変形である。高齢者のADL障害の原因となり、決して見過ごせない病態である。
  1. 思春期以前では、特発性側弯症、Scheuermann病、先天性後弯症などを念頭に置く。
  1. 脊椎疾患以外のものとしては、四肢では股関節や膝関節疾患、下肢の脚長差の有無などが原因になる。
  1. 神経疾患では、パーキンソン病や片麻痺での異常姿勢がある。
問診・診察のポイント  
  1. まず姿勢異常を診察する場合、冠状面バランス(前後方向から見た場合の、左右のバランス)と、矢状面バランス(側面から見た場合の、前後方向のバランス)をみる( 解説 )。人体の構造上、加齢性のさまざまな要因により矢状面バランスが前方変位する(いわゆる腰が曲がった状態になる)傾向がある[1]。また、日常生活動作に及ぼす影響は、冠状面バランスよりも矢状面バランス異常がより大きい[2](本稿では矢状面の姿勢異常を中心に記述する。冠状面の姿勢異常については、 脊柱変形 を参照していただきたい)。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Frank Schwab, Virginie Lafage, Reid Boyce, Wafa Skalli, Jean-Pierre Farcy
雑誌名: Spine (Phila Pa 1976). 2006 Dec 1;31(25):E959-67. doi: 10.1097/01.brs.0000248126.96737.0f.
Abstract/Text STUDY DESIGN: Prospective radiographic and forceplate analysis in adult volunteers.
OBJECTIVE: Assess gravity line (GL) location and foot position regarding anatomic spinal structures to evaluate key correlations and age-related changes in balance.
SUMMARY OF BACKGROUND DATA: Global spinal balance is commonly assessed by the C7 plumbline. This radiographic parameter does not offer information on foot position or forces transmitted, and poor correlation with the true GL has been demonstrated.
METHODS: A total of 75 asymptomatic adult volunteers were equally distributed into three age groups. Full length, free-standing spine radiographs were obtained with simultaneous acquisition of GL and feet location (forceplate). GL and heels were projected on each radiograph to compute their distance from anatomic entities and to investigate correlations with radiologic parameters and age-related changes.
RESULTS: In this study group, advancing age led to a significant increase in thoracic kyphosis. The plumbline from C7 shifted anteriorly with age. In the sagittal plane, the GL was anterior to the vertebral column for all groups. With age, the GL location regarding the heels remained constant, while the pelvis moved posteriorly toward the heels and underwent a small retroversion (increasing pelvic tilt). The acetabulum was the most reliable radiographic marker of the GL location.
CONCLUSIONS: This quantitative study in volunteers reveals clear age-related changes in the spino-pelvic association and offers quantitative support to the "cone of economy" concept proposed by Dubousset. The pelvis can be seen as a regulator to help maintain a rather fixed GL-heel association with age-related changes in the spinal column. Further study in patients suffering from deformity can confirm the importance of radiographic-gravity line correlations and enhance our understanding of optimal balance.

PMID 17139212  Spine (Phila Pa 1976). 2006 Dec 1;31(25):E959-67. doi: ・・・
著者: Steven D Glassman, Keith Bridwell, John R Dimar, William Horton, Sigurd Berven, Frank Schwab
雑誌名: Spine (Phila Pa 1976). 2005 Sep 15;30(18):2024-9.
Abstract/Text STUDY DESIGN: This study is a retrospective review of 752 patients with adult spinal deformity enrolled in a multicenter prospective database in 2002 and 2003. Patients with positive sagittal balance (N = 352) were further evaluated regarding radiographic parameters and health status measures, including the Scoliosis Research Society patient questionnaire, MOS short form-12, and Oswestry Disability Index.
OBJECTIVES: To examine patients with adult deformity with positive sagittal balance to define parameters within that group that might differentially predict clinical impact.
SUMMARY OF BACKGROUND DATA: In a multicenter study of 298 adults with spinal deformity, positive sagittal balance was identified as the radiographic parameter most highly correlated with adverse health status outcomes.
METHODS: Radiographic evaluation was performed according to a standardized protocol for 36-inch standing radiographs. Magnitude of positive sagittal balance and regional sagittal Cobb angle measures were recorded. Statistical correlation between radiographic parameters and health status measures were performed. Potentially confounding variables were assessed.
RESULTS: Positive sagittal balance was identified in 352 patients. The C7 plumb line deviation ranged from 1 to 271 mm. All measures of health status showed significantly poorer scores as C7 plumb line deviation increased. Patients with relative kyphosis in the lumbar region had significantly more disability than patients with normal or lordotic lumbar sagittal Cobb measures.
CONCLUSIONS: This study shows that although even mildly positive sagittal balance is somewhat detrimental, severity of symptoms increases in a linear fashion with progressive sagittal imbalance. The results also show that kyphosis is more favorable in the upper thoracic region but very poorly tolerated in the lumbar spine.

PMID 16166889  Spine (Phila Pa 1976). 2005 Sep 15;30(18):2024-9.
著者: Frank Schwab, Ashish Patel, Benjamin Ungar, Jean-Pierre Farcy, Virginie Lafage
雑誌名: Spine (Phila Pa 1976). 2010 Dec 1;35(25):2224-31. doi: 10.1097/BRS.0b013e3181ee6bd4.
Abstract/Text STUDY DESIGN: Current concepts review.
OBJECTIVE: Outline the basic principles in the evaluation and treatment of adult spinal deformity patients with a focus on goals to achieve during surgical realignment surgery.
SUMMARY OF BACKGROUND DATA: Proper global alignment of the spine is critical in maintaining standing posture and balance in an efficient and pain-free manner. Outcomes data demonstrate the clinical effect of spinopelvic malalignment and form a basis for realignment strategies.
METHODS: Correlation between certain radiographic parameters and patient self-reported pain and disability has been established. Using normative values for several important spinopelvic parameters (including sagittal vertical axis, pelvic tilt, and lumbar lordosis), spinopelvic radiographic realignment objectives were identified as a tool for clinical application. Because of the complex relationship between the spine and the pelvis in maintaining posture and the wide range of "normal" values for the associated parameters, a focus on global alignment, with proportionality of individual parameters to each other, was pursued to provide clinical relevance to planning realignment for deformity across a range of clinical cases.
CONCLUSION: Good clinical outcome requires achieving proper spinopelvic alignment in the treatment of adult spinal deformity. Although variations in pelvic morphology exist, a framework has been established to determine ideal values for regional and global parameter in an individualized patient approach. When planning realignment surgery for adult spinal deformity, restoring low sagittal vertical axis and pelvic tilt values are critical goals, and should be combined with proportional lumbar lordosis to pelvic incidence.

PMID 21102297  Spine (Phila Pa 1976). 2010 Dec 1;35(25):2224-31. doi: ・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから