今日の臨床サポート

脊柱側弯症

著者: 伊東 学 国立病院機構北海道医療センター

監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室

著者校正/監修レビュー済:2021/02/03
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 思春期特発性側弯症が疑われる場合には、立位全脊柱正面、側面X画像を撮影する(推奨度1
  1. 立位全脊柱正面画像で、側弯角Cobb20°を超える成長期の症例は、日本側彎症学会会員が在籍する医療機関への受診を薦める(推奨度2)。
  1. 立位全脊柱正面画像で、側弯角が30°を超える成長期の症例は、装具などの治療が必要となるので日本側彎症学会会員が在籍する医療機関を紹介する(推奨度2)。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
伊東 学 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:酒井昭典 : 講演料(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株)),奨学(奨励)寄付など(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株))[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、食習慣と側弯症発症に関連がないこと、疾患情報や装具治療や手術治療の適応について加筆修正を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 脊柱側弯症とは、椎骨が回旋変形を伴う脊柱の側方へ弯曲した状態であり、椎間板の変形も伴い、構築学的な異常がみられる状態である[1]
  1. 小児の脊柱変形の80%程度が特発性側弯症、小児の脊柱変形が最も頻度が高い。
  1. 特発性側弯症、先天性側弯症、神経筋原性側弯症など原因は多様である。
  1. 原因は、神経系の障害、平衡機能障害、骨格筋の障害、遺伝子、成長ホルモンやメラトニンの障害、結合組織の異常など、さまざまなことが研究されてきたが、現在でもその原因については特定されていない[2]。食習慣と思春期特発性側弯症の発症とには因果関係はない。
  1. 発症の年齢から、乳児期(3歳未満)、幼児期(3歳から10歳未満)、思春期(10歳から20歳未満)と分類される。特発性側弯症の約8割が思春期側弯症である。
  1. 9歳未満の発症(early-onset)と9歳以降での発症(late-onset)の2群に分類することがある。
  1. 真の側弯変形は、椎骨の回旋変形を伴う立位全脊柱正面X線画像でCobb角が20°を超えるものである。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. いつ、誰がどのような状況下で脊柱の変形に気が付いたかを確認する。学校検診で指摘されたのか、家族が気づいたかなどを確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Yohei Takahashi, Ikuyo Kou, Atsushi Takahashi, Todd A Johnson, Katsuki Kono, Noriaki Kawakami, Koki Uno, Manabu Ito, Shohei Minami, Haruhisa Yanagida, Hiroshi Taneichi, Taichi Tsuji, Teppei Suzuki, Hideki Sudo, Toshiaki Kotani, Kota Watanabe, Kazuhiro Chiba, Naoya Hosono, Naoyuki Kamatani, Tatsuhiko Tsunoda, Yoshiaki Toyama, Michiaki Kubo, Morio Matsumoto, Shiro Ikegawa
雑誌名: Nat Genet. 2011 Oct 23;43(12):1237-40. doi: 10.1038/ng.974. Epub 2011 Oct 23.
Abstract/Text Adolescent idiopathic scoliosis is a pediatric spinal deformity affecting 2-3% of school-age children worldwide(1). Genetic factors have been implicated in its etiology(2). Through a genome-wide association study (GWAS) and replication study involving a total of 1,376 Japanese females with adolescent idiopathic scoliosis and 11,297 female controls, we identified a locus at chromosome 10q24.31 associated with adolescent idiopathic scoliosis susceptibility. The most significant SNP (rs11190870; combined P = 1.24 × 10(-19); odds ratio (OR) = 1.56) is located near LBX1 (encoding ladybird homeobox 1). The identification of this susceptibility locus provides new insights into the pathogenesis of adolescent idiopathic scoliosis.

PMID 22019779  Nat Genet. 2011 Oct 23;43(12):1237-40. doi: 10.1038/ng.・・・
著者: S L Weinstein
雑誌名: Spine (Phila Pa 1976). 1999 Dec 15;24(24):2592-600.
Abstract/Text
PMID 10635522  Spine (Phila Pa 1976). 1999 Dec 15;24(24):2592-600.
著者: Stuart L Weinstein, Lori A Dolan, Kevin F Spratt, Kirk K Peterson, Mark J Spoonamore, Ignacio V Ponseti
雑誌名: JAMA. 2003 Feb 5;289(5):559-67.
Abstract/Text CONTEXT: Previous long-term studies of idiopathic scoliosis have included patients with other etiologies, leading to the erroneous conclusion that all types of idiopathic scoliosis inevitably end in disability. Late-onset idiopathic scoliosis (LIS) is a distinct entity with a unique natural history.
OBJECTIVE: To present the outcomes related to health and function in untreated patients with LIS.
DESIGN, SETTING, AND PATIENTS: Prospective natural history study performed at a midwestern university with outpatient evaluation of patients who presented between 1932 and 1948. At 50-year follow-up, which began in 1992, 117 untreated patients were compared with 62 age- and sex-matched volunteers. The patients' mean age was 66 years (range, 54-80 years).
MAIN OUTCOME MEASURES: Mortality, back pain, pulmonary symptoms, general function, depression, and body image.
RESULTS: The estimated probability of survival was approximately 0.55 (95% confidence interval [CI], 0.47-0.63) compared with 0.57 expected for the general population. There was no significant difference in the demographic characteristics of the 2 groups. Twenty-two (22%) of 98 patients complained of shortness of breath during everyday activities compared with 8 (15%) of 53 controls. An increased risk of shortness of breath was also associated with the combination of a Cobb angle greater than 80 degrees and a thoracic apex (adjusted odds ratio, 9.75; 95% CI, 1.15-82.98). Sixty-six (61%) of 109 patients reported chronic back pain compared with 22 (35%) of 62 controls (P =.003). However, of those with pain, 48 (68%) of 71 patients and 12 (71%) of 17 controls reported only little or moderate back pain.
CONCLUSIONS: Untreated adults with LIS are productive and functional at a high level at 50-year follow-up. Untreated LIS causes little physical impairment other than back pain and cosmetic concerns.

PMID 12578488  JAMA. 2003 Feb 5;289(5):559-67.
著者: Manabu Ito, Kuniyoshi Abumi, Yoshihisa Kotani, Masahiko Takahata, Hideki Sudo, Yoshihiro Hojo, Akio Minami
雑誌名: J Neurosurg Spine. 2010 Mar;12(3):293-300. doi: 10.3171/2009.9.SPINE09377.
Abstract/Text The authors present a new posterior correction technique consisting of simultaneous double-rod rotation using 2 contoured rods and polyaxial pedicle screws with or without Nesplon tapes. The purpose of this study is to introduce the basic principles and surgical procedures of this new posterior surgery for correction of adolescent idiopathic scoliosis. Through gradual rotation of the concave-side rod by 2 rod holders, the convex-side rod simultaneously rotates with the the concave-side rod. This procedure does not involve any force pushing down the spinal column around the apex. Since this procedure consists of upward pushing and lateral translation of the spinal column with simultaneous double-rod rotation maneuvers, it is simple and can obtain thoracic kyphosis as well as favorable scoliosis correction. This technique is applicable not only to a thoracic single curve but also to double major curves in cases of adolescent idiopathic scoliosis.

PMID 20192630  J Neurosurg Spine. 2010 Mar;12(3):293-300. doi: 10.3171・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから