今日の臨床サポート

頚椎症性筋萎縮症

著者: 永田見生 久留米大学 学長

監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室

著者校正/監修レビュー済:2020/07/09
患者向け説明資料
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
永田見生 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:酒井昭典 : 講演料(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株)),奨学(奨励)寄付など(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株))[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 頚椎症性筋萎縮(cervical spondylotic amyotrophy)は肩や上腕の筋力低下を呈する近位型と、前腕や手の筋萎縮を呈する遠位型がある。
  1. 遠位型は若年性一側上肢筋萎縮症(平山病)と呼ばれ、病態は屈曲脊髄症(flexion myelopathy)とされ近位型とは異なる[1][2]
  1. 近位型が多いので、ここでは近位型の頚椎症性筋萎縮について述べる。近位型頚椎症性筋萎縮はKeegan型解離性上肢麻痺(dissociated motor loss)[3][4][5][6][7][8][9][10]、頚椎手術後の発生はC5麻痺と呼ぶことが多い[11]。近位型頚椎症性筋萎縮のほとんどは、片側の肩の挙上ができないか、挙上困難を訴えて受診する。患者には患側の三角筋のみならず、上腕二頭筋、前腕回外筋の筋力低下も認める。
  1. 約半数に、発症以前の頚椎外傷などの頚部に関する誘因があり、85%に頚部か肩の痛み、上肢の違和感などの前駆症状がある[8][10]
  1. 著者施設に来院した肩の挙上筋力が徒手筋力テスト(MMT)でpoor(2)以下の130例の経験では、男女比は4:1と男性に多く、年齢は平均56±14歳(17~88歳)、左右差はなく、両側例はまれである3例(2.3%)。
  1. 原因については脊髄障害、神経根障害説がある。
 
近位型頚椎症性筋萎縮の発症メカニズム

C5 and/or C6の神経根あるいは前角部が動的 and/or 静的因子により損傷を受け、運動麻痺が発症する。

出典

img1:  著者提供
 
 
問診・診察のポイント  
問診のポイント:
  1. 発症時期を確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: K HIRAYAMA, T TSUBAKI, Y TOYOKURA, S OKINAKA
雑誌名: Neurology. 1963 May;13:373-80. doi: 10.1212/wnl.13.5.373.
Abstract/Text
PMID 13954749  Neurology. 1963 May;13:373-80. doi: 10.1212/wnl.13.5.37・・・
著者: J J Keegan
雑誌名: J Neurosurg. 1965 Nov;23(5):528-36. doi: 10.3171/jns.1965.23.5.0528.
Abstract/Text
PMID 5858444  J Neurosurg. 1965 Nov;23(5):528-36. doi: 10.3171/jns.19・・・
著者: K Hayashi, K Tabuchi, T Yabuki, T Kurokawa, H Seki
雑誌名: Radiology. 1977 Aug;124(2):501-3. doi: 10.1148/124.2.501.
Abstract/Text Cervical spondylotic radiculopathy is likely to develop when the superior articular process is anterior to the posterior margin of the vertebral body, as determined by lateral radiographs of the spine.

PMID 877291  Radiology. 1977 Aug;124(2):501-3. doi: 10.1148/124.2.50・・・
著者: J N Borden
雑誌名: Clin Orthop Relat Res. 1975 Nov-Dec;(113):162-3.
Abstract/Text By means of a unique method, cervical traction can be maintained uninterruptedly and comfortably while the patient is free to choose any position he wishes from flat to upright in bed.

PMID 1192664  Clin Orthop Relat Res. 1975 Nov-Dec;(113):162-3.
著者: L C Persson, U Moritz, L Brandt, C A Carlsson
雑誌名: Eur Spine J. 1997;6(4):256-66.
Abstract/Text This prospective, randomised study compares the efficacy of surgery, physiotherapy and cervical collar with respect to pain, motor weakness and sensory loss in 81 patients with long-lasting cervical radiculopathy corresponding to a nerve root that was significantly compressed by spondylotic encroachment, with or without an additional bulging disk, as verified by MRI or CT-myelography. Pain intensity was registered on a visual analogue scale (VAS), muscle strength was measured by a hand-held dynamometer, Vigorometer and pinchometer. Sensory loss and paraesthesia were recorded. The measurements were performed before treatment (control 1), 4 months after the start of treatment (control 2) and after a further 12 months (control 3). A healthy control group was used for comparison and to test the reliability of the muscle-strength measurements. The study found that before start of treatment the groups were uniform with respect to pain, motor weakness and sensory loss. At control 2 the surgery group reported less pain, less sensory loss and had better muscle strength, measured as the ratio of the affected side to the non-affected side, compared to the two conservative treatment groups. After a further year (control 3), there were no differences in pain intensity, sensory loss or paraesthesia between the groups. An improvement in muscle strengths, measured as the ratio of the affected to the non-affected side, was seen in the surgery group compared to the physiotherapy group in wrist extension, elbow extension, shoulder abduction and internal rotation, but there were no differences in the ratios between the collar group and the other treatment groups. With respect to absolute muscle strength of the affected sides, there were no differences at control 1. At control 2, the surgery group performed some-what better than the two other groups but at control 3 there were no differences between the groups. We conclude that pain intensity, muscle weakness and sensory loss can be expected to improve within a few months after surgery, while slow improvement with conservative treatments and recurrent symptoms in the surgery group make the 1-year results about equal.

PMID 9294750  Eur Spine J. 1997;6(4):256-66.
著者: Simon Carette, Michael G Fehlings
雑誌名: N Engl J Med. 2005 Jul 28;353(4):392-9. doi: 10.1056/NEJMcp043887.
Abstract/Text
PMID 16049211  N Engl J Med. 2005 Jul 28;353(4):392-9. doi: 10.1056/NE・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから