今日の臨床サポート

変形性股関節症

著者: 青田恵郎 福島県立医科大学

監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室

著者校正/監修レビュー済:2017/12/25
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 変形性股関節症とは、寛骨臼と大腿骨頭の関節軟骨が摩耗し、歩行の開始時や長距離歩行時に鼠径部や殿部の痛みの症状を示す疾患である。
  1. 単純X線写真での診断では、日本での有病率は1.0~4.3%で、女性に多い。発症年齢は平均40~50歳である。
  1. 患者は、「座っていて立つときに足の付け根が痛い」「30分くらい歩くと足の付け根が痛くなる」などと訴えて受診をする。
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
青田恵郎 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:酒井昭典 : 講演料(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株)),奨学(奨励)寄付など(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株))[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 股関節は骨盤側の寛骨臼と大腿骨頭から成る球関節である。
 
股関節の構造

右側の股関節。大腿骨頭をはずした状態で、寛骨臼とともに示す。

出典

 
  1. 変形性股関節症は、寛骨臼と大腿骨頭の関節軟骨が摩耗し、歩行の開始時や長距離歩行時に鼠径部や殿部の痛みの症状を示す病気である。
  1. 日本では、多くは二次性で、特に寛骨臼形成不全を伴う患者が多い[1]
  1. 日本では、関節軟骨が摩耗する前の段階でも、単純X線写真で寛骨臼や骨頭に先天性あるいは後天性の形態変化があれば、前関節症として、変形性股関節症の病期分類に含めている。 解説 
  1. 単純X線写真での診断では、日本での有病率は1.0~4.3%で、女性に多い[2]
  1. 発症年齢は平均40~50歳である[2]
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 痛む部位と痛みの性状(歩き始めに痛む・長距離歩行で痛む・安静時にも痛むなど)を確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Seiya Jingushi, Satoko Ohfuji, Muroto Sofue, Yoshio Hirota, Moritoshi Itoman, Tadami Matsumoto, Yoshiki Hamada, Hiroyuki Shindo, Yoshio Takatori, Harumoto Yamada, Yuji Yasunaga, Hiroshi Ito, Satoshi Mori, Ichiro Owan, Genji Fujii, Hirotsugu Ohashi, Yukihide Iwamoto, Keita Miyanishi, Toshiro Iga, Naonobu Takahira, Tanzo Sugimori, Hajime Sugiyama, Kunihiko Okano, Tatsuro Karita, Kenichi Ando, Takanari Hamaki, Teruhisa Hirayama, Ken Iwata, Satoshi Nakasone, Masanori Matsuura, Taro Mawatari
雑誌名: J Orthop Sci. 2011 Mar;16(2):156-64. doi: 10.1007/s00776-011-0025-7. Epub 2011 Feb 26.
Abstract/Text BACKGROUND: We conducted a nationwide epidemiologic study regarding hip osteoarthritis (OA) in Japan, and a previous report found these patients to be unique in comparison to Caucasians. This report focused on the data regarding each hip joint, and the involvement of acetabular dysplasia with hip OA was analyzed.
METHODS: Seven hundred twenty OA hips were examined. Sixty-five joints with osteonecrosis of the femoral head and 215 non-OA contralateral joints of the unilateral patients were examined as controls. The revised system of stage classification for hip OA of the Japanese Orthopedic Association (JOA) was used according to the reproducibility in order to ensure reliable data from the multiple institutions. The acetabular dysplasia indexes were also chosen according to the reproducibility and measured in the radiograph of bilateral hip joints. The clinical score was assessed using the JOA scoring system. The relative risk of the grade of acetabular dysplasia indexes for hip OA was calculated as the odds ratio and the 95% confidence interval.
RESULTS: The stage of the OA joints deteriorated with increasing age. The clinical scores also decreased. The grade of the acetabular dysplasia indexes of the OA joints was significantly higher than that of the control joints. Each index of acetabular dysplasia demonstrated significantly increased odds ratios for hip OA. Among the OA joints, the deterioration of the OA stage was found to be significantly associated with an increasing grade of acetabular dysplasia. The odds ratio for OA deterioration in the acetabular dysplasia index was also obtained. The joints of females tended to have a higher grade and prevalence of acetabular dysplasia than those of males.
CONCLUSIONS: These findings confirmed a high prevalence of acetabular dysplasia in hip OA joints in Japan. Acetabular dysplasia was one of the most important factors associated with hip OA.

PMID 21359510  J Orthop Sci. 2011 Mar;16(2):156-64. doi: 10.1007/s0077・・・
著者: James W Youdas, Timothy J Madson, John H Hollman
雑誌名: Physiother Theory Pract. 2010 Apr 22;26(3):184-94. doi: 10.3109/09593980902750857.
Abstract/Text Abstract This study examined validity indices of the Trendelenburg test as a measure of hip abductor muscle performance (adduction of pelvis-on-femur [P-O-F]) when identifying subjects with and without hip joint osteoarthritis (OA). Muscle performance of the hip abductor muscles was obtained in standing by using the P-O-F position measured with a goniometer and in supine using a handheld dynamometer (HHD) and a manual muscle test (MMT). We studied 20 healthy adults (10 men and 10 women) and 20 adults (10 men and 10 women) with radiographically documented hip joint OA. Indices including sensitivity, specificity, and positive likelihood ratios examined values obtained from the P-O-F position and the MMT when used to identify subjects with and without hip joint OA. Sensitivity of the P-O-F position for identifying subjects with hip joint OA was 0.55, and specificity was 0.70, yielding a positive likelihood ratio of 1.83. Sensitivity of normalized hip abductor MMT strength for identifying subjects with hip joint OA was 0.35 and specificity was 0.90, yielding a positive likelihood ratio of 3.5. Based on validity information from the present study, the Trendelenburg test (P-O-F angle) is not useful in identifying subjects in the early stages of hip joint OA.

PMID 20331375  Physiother Theory Pract. 2010 Apr 22;26(3):184-94. doi:・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから