今日の臨床サポート

単純性股関節炎

著者: 扇谷浩文 おおぎや整形外科

監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室

著者校正/監修レビュー済:2021/08/18
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. こどもが下肢の痛みを訴えたり、跛行を呈してた際にまず本疾患を疑う。その際には超音波検査にてUJS(超音波上の関節裂隙)の拡大を確認する(推奨度1)。
  1. 鑑別の診断のためX線検査は施行する(推奨度1)。
  1. 同時に発熱の有無を確認。発熱ある際には超音波検査と同時に血液検査にてCRP・WBCを確認する(推奨度3)。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
扇谷浩文 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:酒井昭典 : 講演料(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株)),奨学(奨励)寄付など(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株))[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、若干の変更を行った(新たに特記すべきことはなし)。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 単純性股関節炎は、小児期の股関節痛を来す代表的な疾患で、ときとして大腿部痛・膝痛を訴えての発症がある。また、ときとして歩行困難となる。
  1. 発症年齢は3~10歳で好発年齢は5~7歳である。性別では男児に多いとされる(男女比3:2~5:1)。左右差はない。
  1. 急性に発症することが多いが、ときに感冒様症状が前駆症状としてある。病因は不明で、血液学的な炎症所見に乏しい。
  1. 通常1~2週間の安静で自然治癒する。
  1. 別名observation hipとも呼ばれる。
  1. 治療は対症療法が中心となる。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 発症時期(疼痛の発症以外に跛行や歩行困難となった時期)を確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Michelle S Caird, John M Flynn, Y Leo Leung, Jennifer E Millman, Joann G D'Italia, John P Dormans
雑誌名: J Bone Joint Surg Am. 2006 Jun;88(6):1251-7. doi: 10.2106/JBJS.E.00216.
Abstract/Text BACKGROUND: Distinguishing septic arthritis from transient synovitis of the hip in children can be challenging. Authors of recent retrospective studies have used presenting factors to establish algorithms for predicting septic arthritis of the hip in children. This study differs from previous work in three ways: data were collected prospectively, C-reactive protein levels were recorded, and the focus was on children in whom the findings were so suspicious for septic arthritis that hip aspiration was performed.
METHODS: Over four years, we prospectively collected data on every child (a total of fifty-three) who underwent hip aspiration because of a suspicion of septic arthritis at our institution. Diagnoses of confirmed septic arthritis, presumed septic arthritis, and transient synovitis were determined on the basis of the results of Gram staining, culture, and a cell count of the hip aspirate. Presenting factors and laboratory values were recorded. To evaluate the strength of predictors, we performed univariate and multivariate analysis on data from forty-eight patients who met the inclusion criteria.
RESULTS: Univariate analysis showed that fever, the C-reactive protein level, and the erythrocyte sedimentation rate were strongly associated with the final diagnosis (p < 0.05). On multivariate analysis, the C-reactive protein level and erythrocyte sedimentation rate were found to be significant predictors. However, the erythrocyte sedimentation rate was not independent of the C-reactive protein level on backward elimination, and the C-reactive protein level was the only risk factor that was strongly associated with the outcome at a 5% significance level. Patients with five predictive factors had a 98% chance of having septic arthritis, those with four factors had a 93% chance, and those with three factors had an 83% chance.
CONCLUSIONS: This prospective study of children who presented with findings that were highly suspicious for septic arthritis of the hip builds on the work of previous authors. We found fever (an oral temperature >38.5 degrees C) was the best predictor of septic arthritis followed by an elevated C-reactive protein level, an elevated erythrocyte sedimentation rate, refusal to bear weight, and an elevated serum white blood-cell count. In our study group, a C-reactive protein level of >2.0 mg/dL (>20 mg/L) was a strong independent risk factor and a valuable tool for assessing and diagnosing children suspected of having septic arthritis of the hip.

PMID 16757758  J Bone Joint Surg Am. 2006 Jun;88(6):1251-7. doi: 10.21・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから