今日の臨床サポート

化学熱傷

著者: 大森啓子 杉田玄白記念公立小浜病院

監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院

著者校正/監修レビュー済:2021/08/04
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 化学熱傷とは、酸・アルカリ・有機化合物などが皮膚に付着、接触して起こる損傷をいう。
  1. 治療の基本は原因物質の除去と洗浄である(推奨度1)。
  1. 水での洗浄を注意する物質がある:dry lime(水と反応し強アルカリとなる)、elemental metals(有害物質を発生)、フェノール(水に溶けない)、塩酸/高濃度の硫酸(熱を発生)など(推奨度1)。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
大森啓子 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:林寛之 : 講演料(メディカ出版),原稿料(羊土社)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。 

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 化学熱傷とは、酸・アルカリ・有機化合物などが皮膚に付着、接触して起こる損傷をいう[1]
  1. 熱傷の約1%を占め、女性より男性に多い。75%が工場での事故だが、近年家庭内での受傷が増えている[2]
 
化学熱傷の受傷場所

家庭内・工場内の受傷が約75%を占める。

出典

 
化学熱傷の原因物質

55%がアルカリ熱傷であり、そのうち26%がセメントによるものである。

出典

 
  1. 原因物質によって作用機序は異なる。酸化・腐食・還元・脱水・発泡・変性に分類される[3][4][5][6][7]
 
化学物質の作用機序:熱傷を引き起こす化学物質のJelenko分類

作用機序によって6つに分類される。

出典

img1:  Chemicals that "burn".
 
 J Trauma. 1974 Jan;14(1):65-72.
img2:  Harchelroad, F, Rottinghaus, D: Chemical Burns Emergency Medicine Reports 2008; 29:249 を改変 
 
 
 
  1. 治療の基本は原因物質の除去と洗浄である[1][3][4][5][6][7][8]
問診・診察のポイント  
  1. 原因物質の種類、濃度、量、接触時間、作用機序を確認する[1][3][4][5][6][7]
  1. 日本中毒情報センターの情報を利用する[9]
  1. 局所のみならず、全身的中毒とその影響にも留意する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Joseph Hardwicke, Thomas Hunter, Robert Staruch, Naiem Moiemen
雑誌名: Burns. 2012 May;38(3):383-7. doi: 10.1016/j.burns.2011.09.014. Epub 2011 Oct 28.
Abstract/Text Chemical burns represent a small proportion of cutaneous burn with an incidence of up to 10.7%, but have been reported to account for up to 30% of all burn deaths. A review of the literature shows incidences ranging from 2.4% to 10.7%, with a substantial predominance in males. Adult patients with a burn referred to our Regional Burns Centre, over an eight-year period, were identified. 185 chemical burns were recorded (7.9%). The mean age of patient was 40 years (range 16-81 years) and male to female ratio was 6.4:1. Over three-quarters of chemical injuries occurred in the domestic or industrial setting. Acids caused 26% of all chemical burns and alkalis caused 55%. A previous study from the same centre highlights a change in the demographics of chemical burn over the last 25 years. The proportion of chemical burns has risen from 2.7% to 7.9%. Chemical burns occurring in an industrial setting, have dropped, whilst the number of domestic chemical burns has increased by over three times. This change reflects the improved industrial health and safety policy in recent years. The move from the industrial setting to the domestic has implications for future regulations.

Copyright © 2011 Elsevier Ltd and ISBI. All rights reserved.
PMID 22037150  Burns. 2012 May;38(3):383-7. doi: 10.1016/j.burns.2011.・・・
著者: C Jelenko
雑誌名: J Trauma. 1974 Jan;14(1):65-72.
Abstract/Text
PMID 4809719  J Trauma. 1974 Jan;14(1):65-72.
著者: R Palao, I Monge, M Ruiz, J P Barret
雑誌名: Burns. 2010 May;36(3):295-304. doi: 10.1016/j.burns.2009.07.009. Epub 2009 Oct 28.
Abstract/Text Chemical burns continue to pose a variety of dilemmas to the clinician managing such cases. Assessment of burn depth is often difficult and the decision whether to excise the wound early is not always clear-cut. In this updated review, common agents are classified and the basic principles of management and specific recommendations are examined. The complications arising from exposure to these chemicals and the supportive measures needed during treatment are also described.

Copyright 2009 Elsevier Ltd and ISBI. All rights reserved.
PMID 19864073  Burns. 2010 May;36(3):295-304. doi: 10.1016/j.burns.200・・・
著者: L G Leonard, J J Scheulen, A M Munster
雑誌名: J Trauma. 1982 May;22(5):420-3.
Abstract/Text Chemical burns account for a relatively small proportion of the patients treated within a burn center; however, certain characteristics of these injuries, particularly in the initial stages of treatment, justify their separate consideration and review. Thirty-five patients were treated in the Baltimore Regional Burn Center from July 1976 through June 1980, with 14 different agents involved. The majority of injuries were work related; however, 20% were the result of assault. All patients received copious water lavage as primary therapy. In approximately one half of the patients this was begun as a first-aid measure at the scene of the accident. Compared to the group which did not receive lavage until admission to the hospital, the patients receiving appropriate first aid showed significantly less full-thickness injury and more than twofold shorter hospital stay, indicating the importance of public and industrial medical awareness of the role of immediate copious lavage. The problems of systemic toxicity with and specific therapy for certain agents is discussed with particular attention given to an unusual case involving cutaneous absorption of dichromate.

PMID 7077702  J Trauma. 1982 May;22(5):420-3.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから