今日の臨床サポート

コンパートメント症候群

著者: 松井健太郎 帝京大学 整形外科学講座 外傷センター

監修: 箕輪良行 みさと健和病院 救急総合診療研修顧問

著者校正/監修レビュー済:2016/11/30
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. コンパートメント症候群とは、「強すぎる腫脹の結果、問題が生じる状態」である。外傷や疾病の結果、コンパートメント内圧が上昇し、局所灌流障害などを呈する緊急疾患である。
  1. 腫張のある部位で、損傷に見合わないほど強い自発痛や鎮痛薬でもコントロール不能な疼痛がある場合に想起する。
 
診断:
  1. 意識が清明である場合は、病歴と症状、診察所見から診断する。その場合、コンパートメント徴候の6Pの確認:①Pain(疼痛)、②Pallor(蒼白)、③Paralysis(運動麻痺)、④Paresthesia(錯感覚)、⑤Pressure(or firmness)(腫脹、緊満)、⑥Pulselessness(脈拍消失)――を念頭に置いて診察する。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約 が必要となりま す。閲覧に
  1. 閲覧にはご
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に はご契約が必要となりま す。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必

閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
松井健太郎 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:箕輪良行 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. コンパートメント症候群は緊急の対応が必要な疾患である。
  1. 「早期診断」と「緊急筋膜切開による除圧」ができるかどうかが予後を左右する。
  1. 適切な治療が行われない場合、筋壊死、拘縮などが生じ、最悪の場合深部感染、切断を要する場合がある。
  1. 四肢の筋区画(コンパートメント)内の圧が異常上昇し、局所灌流障害が生じることによる症候群である。
  1. コンパートメントは、骨、筋膜、筋間中隔に囲まれており、それに皮膚を含めたものがコンパートメントの容積を規定している。コンパートメント内には筋、神経、血管が存在する。
  1. 原因として、骨折が多く、血管損傷、挫滅症候群、再灌流障害、横紋筋融解、熱傷、外部からの圧迫がある。
  1. 外傷や再灌流障害により損傷を受けた組織自体の体積が増加することにより生じる。
  1. 四肢いずれにも生じる(下腿、足部、前腕、手部、大腿、上腕)。
  1. 損傷形態と受傷機転からこの病態を想起し、臨床所見から診断することが重要。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 発症時期(受傷時期)を確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: B Gulli, D Templeman
雑誌名: Orthop Clin North Am. 1994 Oct;25(4):677-84.
Abstract/Text Compartment syndrome is a devastating consequence of extremity trauma that is preventable with early recognition and treatment. A high index of suspicion and careful clinical evaluation will detect most impending or established compartment syndromes. Compartmental pressure measurements can be a useful adjunctive evaluation. Once the diagnosis of compartment syndrome is confirmed, or highly suspect, fasciotomy should be performed without delay. The functional and cosmetic results of fasciotomy are always acceptable if done early. The results of inadequate treatment of compartment syndrome are never satisfactory.

PMID 8090479  Orthop Clin North Am. 1994 Oct;25(4):677-84.
著者: E A Ouellette
雑誌名: Hand Clin. 1998 Aug;14(3):431-50.
Abstract/Text A high index of suspicion for a compartment syndrome in the upper extremity should be maintained in all obtunded patients who are at risk for the condition. Obtunded patients are those with a dulled or altered physical or mental status secondary to injury, illness, or anesthesia; those with diminished or absent sensation in the upper extremity because of nerve injury or anesthesia; and those whose ability to communicate is impeded, such as infants and young children and the mentally ill or disabled. These patients represent a vulnerable group whose inability to demonstrate the hallmark symptoms and signs of the syndrome puts them in jeopardy of a late diagnosis of a compartment syndrome and its potentially devastating sequelae. The most likely causes of a compartment syndrome in this population are skeletal or soft-tissue trauma, prolonged limb compression, thrombolytic therapy after myocardial infarction, arterial or intravenous fluid administration, and upper extremity Surgery. Whenever a compartment syndrome of the hand, forearm, or upper arm is suspected, the obtunded patient should be examined closely and frequently, and any changes over time should be documented carefully. Intracompartmental pressure measurement provides a useful adjunct to the physical examination and history in these patients and may be diagnostic if other symptoms and signs are obscured. Once the compartment syndrome is diagnosed, emergent fasciotomy is indicated. To avoid a loss of function in the obtunded patient, special care must be taken postoperatively to assure that early motion exercises are carried out.

PMID 9742422  Hand Clin. 1998 Aug;14(3):431-50.
著者: M M McQueen, C M Court-Brown
雑誌名: J Bone Joint Surg Br. 1996 Jan;78(1):99-104.
Abstract/Text We made a prospective study of 116 patients with tibial diaphyseal fractures who had continuous monitoring of anterior compartment pressure for 24 hours. Three patients had acute compartment syndrome (2.6%). In the first 12 hours of monitoring, 53 patients had absolute pressures over 30 mmHg and 30 had pressures over 40 mmHg, with four higher than 50 mmHg. Only one patient had a differential pressure (diastolic minus compartment pressure) of less than 30 mmHg; he had a fasciotomy. In the second 12-hour period 28 patients had absolute pressures over 30 mmHg and seven over 40 mmHg. Only two had differential pressures of less than 30 mmHg; they had fasciotomies. None of our 116 patients had any sequelae of the compartment syndrome at their latest review at least six months after injury. A threshold for decompression of 30 mmHg would have indicated that 50 patients (43%) would have required fasciotomy, and at a 40 mmHg threshold 27 (23%) would have been considered for an unnecessary fasciotomy. In our series, the use of a differential pressure of 30 mmHg as a threshold for fasciotomy led to no missed cases of acute compartment syndrome. We recommended that decompression should be performed if the differential pressure level drops to under 30 mmHg.

PMID 8898137  J Bone Joint Surg Br. 1996 Jan;78(1):99-104.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから