今日の臨床サポート

肋軟骨炎

著者: 植西憲達 藤田医科大学 救急総合内科

監修: 箕輪良行 みさと健和病院 救急総合診療研修顧問

著者校正/監修レビュー済:2016/06/10
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 肋軟骨炎は通常、片側の複数の肋骨に起こる肋骨肋軟骨接合部か、胸肋関節の非化膿性の炎症である。
  1. 胸痛患者の13~36%と、外来や救急で比較的よくみられる疾患である。
  1. 体幹の動きや深呼吸、上肢の運動で悪化する。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と

閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
植西憲達 : 未申告[2021年]
監修:箕輪良行 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 肋軟骨炎は通常、片側の複数の肋骨に起こる、肋骨肋軟骨接合部または胸肋関節の非化膿性の炎症である。
  1. 通常、罹患肋軟骨の触診で疼痛が再現することと、他の疾患の除外とで診断とする。
  1. 小児でも成人でも起こり得る。胸痛患者の13~36%と、外来や救急で比較的よくみられる疾患である[1][2][3][4]
  1. 虚血性心疾患のリスクがある場合や、心肺の症状がある場合は心電図や胸部X線が必要となる。
  1. 発熱、咳嗽、胸壁腫脹がみられた場合は、胸部X線や他の画像が必要となることがある。
  1. 治療に関する臨床試験はないが[5]、アセトアミノフェンや非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)を使用することが多い。通常、数週から数カ月で自然軽快し、良好な経過をたどる。
問診・診察のポイント  
  1. 肋軟骨炎の症状はさまざまな強さの胸痛で、典型的には鋭い胸痛であるが、圧迫感を訴えることもある。体幹の動きや深呼吸、上肢の運動で悪化する[3]

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: E Disla, H R Rhim, A Reddy, I Karten, A Taranta
雑誌名: Arch Intern Med. 1994 Nov 14;154(21):2466-9.
Abstract/Text BACKGROUND: Costochondritis (CC) is a common, but poorly understood condition among patients with chest wall pain. We have prospectively analyzed distinctive features of patients presenting to the emergency department with chest pain and CC.
METHODS: Patients with a chief complaint of chest pain, not due to trauma, fever, or malignancy, were prospectively evaluated for the presence of CC and compared with another chest pain group without CC.
RESULTS: Of 122 consecutive patients studied, 36 had CC (30%) and in 17 the pain induced reproduced the original one (15%). Women made up 69% of the patients with CC (vs 31% of control subjects) and Hispanics 47% (vs 24% of control subjects). Only three patients (8%) with CC met the American College of Rheumatology criteria for fibromyalgia, while none of the control subjects did. Widespread pain was more common in the CC group (42% vs 5%). The mean sedimentation rate in the CC group was 44 +/- 31 mm/h vs 41 +/- 31 mm/h in the control group. The acute myocardial infarction rate was 6% in the CC group vs 28% in the control group. Rheumatoid arthritis and osteoarthritis were diagnosed in three and two patients, respectively, of 32 patients with CC cases. One year later, 11 (55%) of 21 patients with CC were still suffering from chest pain, but only one third still had definite CC.
CONCLUSIONS: Costochondritis is common among patients with chest pain in an emergency department setting, with a higher frequency among women and Hispanics. It is associated with fibromyalgia in only a minority of cases. Patients with CC appear to have a lower frequency of acute myocardial infarction. Spontaneous resolution is seen in most cases at 1 year.

PMID 7979843  Arch Intern Med. 1994 Nov 14;154(21):2466-9.
著者: Chadwick D Miller, Christopher J Lindsell, Sorabh Khandelwal, Abhinav Chandra, Charles V Pollack, Brian R Tiffany, Judd E Hollander, W Brian Gibler, James W Hoekstra
雑誌名: Ann Emerg Med. 2004 Dec;44(6):565-74. doi: 10.1016/S0196064404002902.
Abstract/Text STUDY OBJECTIVE: In patients presenting to the emergency department (ED) with an initial diagnostic impression of noncardiac chest pain, we determine the 30-day incidence of adverse cardiac events and characteristics associated with those events.
METHODS: The multicenter, prospectively collected Internet Tracking Registry for Acute Coronary Syndromes (i*tr ACS ) registry of patients with chest pain enrolled from June 1, 1999, to August 1, 2001, was reviewed. We included patients if the physician's initial diagnostic impression was noncardiac chest pain after the medical history, physical examination, and initial 12-lead ECG. ED records, inpatient records, and follow-up results were reviewed for evidence of an adverse cardiac event defined as ST-segment or non-ST-segment elevation myocardial infarction, unstable angina, revascularization, or cardiac death within 30 days.
RESULTS: Of 17,737 patients enrolled in i*tr ACS , 2,992 had an initial emergency physician impression of noncardiac chest pain. Of these, 85 (2.8%) patients had definite evidence for an adverse cardiac event. The adverse cardiac event group was older (61.2 versus 47.9 years), more likely to be men (58.6% versus 38.7%), and had a higher Acute Cardiac Ischemia-Time Insensitive Predictive Instrument score (26.1 versus 15.6). Factors associated with adverse cardiac events included hypercholesterolemia, diabetes, history of coronary artery disease, and history of congestive heart failure.
CONCLUSION: When the initial impression is noncardiac chest pain, high-risk features such as traditional cardiovascular risk factors or a history of coronary artery disease are associated with adverse cardiac events. In the absence of well-defined criteria, treating physicians should consider further evaluation before diagnosing patients with noncardiac chest pain if these features are present.

PMID 15573030  Ann Emerg Med. 2004 Dec;44(6):565-74. doi: 10.1016/S019・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから