今日の臨床サポート

食塊による食道閉塞

著者: 西川佳友 トヨタ記念病院 救急科

監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院

著者校正/監修レビュー済:2016/05/27
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 食塊による食道閉塞(food bolus impaction)は、食道に食塊が詰まった状態のことである。
  1. 9割近くに食道疾患(、、憩室、、など)を有する。food bolus impactionは食道異常の症状とみなす。

診断:
  1. 大半は「食べものの塊が胸に詰まった」など患者の訴えから判明する。内視鏡による診断が有用である。
  1. 閲覧には ご契約が必 要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
西川佳友 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:林寛之 : 講演料(メディカ出版),原稿料(羊土社)[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 食塊による食道閉塞(food bolus impaction)<図表>では9割近くに食道疾患( 食道アカラシア 、 好酸球性食道炎 、憩室、 強皮症 、 食道癌 など)を有する。food bolus impactionは食道異常の症状とみなす。 エビデンス[1]。'> 
  1. ゴールドスタンダードは内視鏡による解除および食道病変検索である。
  1. 唾液を飲み込めないなど完全閉塞を疑うときは緊急内視鏡による解除が必須となる。アルゴリズム エビデンス[1][2]。'> 
  1. 蛋白質分解酵素パパインには食道粘膜損傷や食道穿孔のリスク、造影剤ガストログラフィンには誤嚥による肺臓炎のリスクがあり使用を控える。 エビデンス 
  1. グルカゴン、炭酸水、ニトロ製剤などLES(lower esophageal sphincter)圧低下による解除方法も存在するが、エビデンスに乏しい。 エビデンス 
  1. 内視鏡による解除は、胃内へと押し込むpush法、体外へ取り出すextraction法に大別される。どちらも有効であるが、大きな食塊、食塊内に骨など鋭利なものが内在している場合や、遠位食道に狭窄病変が既知の場合は体外へ取り出すextraction法を選択する。
  1. 食塊内に骨など鋭利なものが存在する場合、オーバーチューブ(<図表>)を使用するなど食道粘膜保護にも注意を払う。
問診・診察のポイント  
  1. 何を飲み込んだか、どこに詰まった感じがするか、飲み込んでから何時間経過しているか、今までにも同じエピソードがあったかなどの質問は治療方針にも影響するため、可能な限り聴取する。 エビデンス[1][2]。'> 

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Ganapathy A Prasad, Jagadeshwar G Reddy, Felicity T Boyd-Enders, Jeffrey A Schmoll, Jason T Lewis, Louis-Michel Wongkeesong
雑誌名: J Clin Gastroenterol. 2008 Aug;42(7):771-5. doi: 10.1097/MCG.0b013e31815576d2.
Abstract/Text BACKGROUND: Esophageal food impaction (FI) is a distressing condition requiring urgent endoscopic intervention, with a reported recurrence rate between 10% and 20%. Knowledge of factors predisposing to recurrent FI may enable preventive measures to minimize the risk of recurrence.
OBJECTIVE: To identify risk factors associated with recurrent FI.
DESIGN: Retrospective case-control study.
SETTING: Tertiary referral center.
PATIENTS: A prospectively maintained database and medical records of all patients undergoing emergent endoscopy for FI from 1989 to 2000 were reviewed. Cases were defined as those presenting with more than 1 episode of FI, whereas controls were defined as those without recurrence within 5 years of the index episode. Several demographic, clinical, endoscopic, and follow-up variables were extracted. Statistical analysis included chi2 tests and t tests for univariate analysis, and stepwise logistic regression for multivariate analysis.
INTERVENTIONS: NA.
MAIN OUTCOME MEASUREMENTS: Predictors of recurrent FI.
RESULTS: A total of 52 cases and 124 controls were identified (recurrence rate 30%). Presence of a diaphragmatic hernia [odds ratio (OR) 2.65; confidence interval (CI) 1.19-5.89], disimpaction by piecemeal extraction (OR 2.32; CI 1.09-4.97), and acquisition of esophageal biopsies (OR 3.69; CI 1.42-9.66) increased odds for recurrent FI. Physician follow-up after FI decreased the odds for recurrent FI (OR 0.38; CI 0.18-0.80).
LIMITATIONS: Retrospective study.
CONCLUSIONS: The presence of a diaphragmatic hernia, complexity of endoscopic disimpaction technique, and lack of follow-up increased risk for recurrent FI. Collection of esophageal biopsies as a risk factor suggests a visibly more severe esophageal disorder as a potential cause for recurrent FI.

PMID 18580498  J Clin Gastroenterol. 2008 Aug;42(7):771-5. doi: 10.109・・・
著者: Hin Hin Ko, Robert Enns
雑誌名: Can J Gastroenterol. 2008 Oct;22(10):805-8.
Abstract/Text
PMID 18925301  Can J Gastroenterol. 2008 Oct;22(10):805-8.
著者: Marten Duncan, Roy K Wong
雑誌名: Gastroenterol Clin North Am. 2003 Dec;32(4):1035-52.
Abstract/Text Esophageal emergencies are a common problem facing practicing gastroenterologists and it is important to know what therapies are indicated for different situations. Patients ingesting caustic agents should be monitored intensively for signs of perforation and ultimately for signs of stricture development. Foreign bodies impacted in the esophagus should be removed promptly to prevent perforation. Although esophageal perforations are generally managed surgically, conservative management of localized perforations has become more common especially with improved antibiotics and the use of nonsurgical interventional drainage techniques. In either elected course the gastroenterologist should work closely with the surgical team.

PMID 14696296  Gastroenterol Clin North Am. 2003 Dec;32(4):1035-52.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから