今日の臨床サポート

爪下異物

著者: 佐藤信宏 新潟市民病院 救命救急・循環器病脳卒中センター

監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院

著者校正/監修レビュー済:2021/01/28
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 爪下異物は破傷風の原因になることがあり、破傷風トキソイド最終接種から10年以上経過していれば、追加接種を考慮する(推奨度1)
  1. 爪下血腫では、穿孔法が勧められる。以前は爪下血腫に対しては、爪甲剥離を行っていたが、穿孔法でも感染や爪甲の変形などの合併症は生じない(推奨度2)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
佐藤信宏 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:林寛之 : 講演料(メディカ出版),原稿料(羊土社)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、診断・治療について加筆修正を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 爪下異物は、爪下に木片や塗料片などの異物が入り込んだということで来院する。
  1. 軽度の違和感から、激しい拍動痛まで症状はさまざまである。
 
爪の解剖

爪の解剖図。爪下異物は、爪体の下に異物が入り込んだ状態である。

出典

 
  1. 爪下血腫は、指(趾)を強く打ったり、挟むことで受傷する。
  1. 爪下血腫は、爪床にある毛細血管が損傷し、爪甲と爪床の間に血液が蓄積することで、爪下に濃い暗青色に変色した部分がみられる。
問診・診察のポイント  
  1. 爪下異物ではどんな異物が入ったのか、破傷風の予防接種歴について問診で確認する。糖尿病や末梢循環不全を来すような既往、ステロイドの内服歴は、感染のリスクになるため、同時に確認しておきたい。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Margie Teng, Stephanie J Doniger
雑誌名: Pediatr Emerg Care. 2012 Apr;28(4):392-4. doi: 10.1097/PEC.0b013e318255e57d.
Abstract/Text Bedside ultrasound has become increasingly important as an adjunct to clinical diagnosis and procedures in the emergency department. It is only recently that this modality, which involves no ionizing radiation, has become incorporated into the pediatric emergency department. We report a case of a 10-year-old boy with a suspected subungual wooden foreign body. Bedside ultrasound was used to identify and characterize the foreign body before removal and then to evaluate for any residual foreign body after removal. A brief review of the technique is presented, including the use of a water bath to enhance visualization of the object and decrease the patient's discomfort. This case highlights the utility of ultrasound in detecting radiolucent soft tissue foreign bodies.

PMID 22472661  Pediatr Emerg Care. 2012 Apr;28(4):392-4. doi: 10.1097/・・・
著者: William L Atkinson, Larry K Pickering, Benjamin Schwartz, Bruce G Weniger, John K Iskander, John C Watson, Centers for Disease Control and Prevention
雑誌名: MMWR Recomm Rep. 2002 Feb 8;51(RR-2):1-35.
Abstract/Text This report is a revision of General Recommendations on Immunization and updates the 1994 statement by the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) (CDC. General recommendations on immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices [ACIP]. MMWR 1994;43[No. RR-1]:1-38). The principal changes include expansion of the discussion of vaccination spacing and timing, recommendations for vaccinations administered by an incorrect route, information regarding needle-free injection technology, vaccination of children adopted from countries outside the United States, timing of live-virus vaccination and tuberculosis screening, expansion of the discussion and tables of contraindications and precautions regarding vaccinations, and addition of a directory of immunization resources. These recommendations are not comprehensive for each vaccine. The most recent ACIP recommendations for each specific vaccine should be consulted for additional details. This report, ACIP recommendations for each vaccine, and other information regarding immunization can be accessed at CDCs National Immunization Program website at http.//www.cdc.gov/nip (accessed October 11, 2001).

PMID 11848294  MMWR Recomm Rep. 2002 Feb 8;51(RR-2):1-35.
著者: D C Seaberg, W J Angelos, P M Paris
雑誌名: Am J Emerg Med. 1991 May;9(3):209-10. doi: 10.1016/0735-6757(91)90077-w.
Abstract/Text Subungual hematoma is a commonly encountered problem in the emergency department. We designed a prospective, observational study to determine if treatment of simple subungual hematomas (SUH) by nail trephination alone is without cosmetic or infectious complications. Over a 2-year study period, 48 patients met inclusion criteria. Radiographs of all digits were taken to detect distal phalangeal fracture and SUH size was measured. Nail trephination was performed using electrocautery, and all patients reported relief of pain after the procedure. Follow-up was achieved in 45 of 48 patients with a total of 47 SUH. Average follow-up period was 10.3 +/- 4.3 months. By patient history, average time for the nail to grow back was 4.0 +/- 2.6 months. No complications of infection, osteomyelitis, or major nail deformities occurred in any patients treated by nail trephination, regardless of SUH size or presence of fracture. In simple SUH, regardless of size, nail removal with suture repair of the nail bed, as suggested in previous studies, is unnecessary.

PMID 2018587  Am J Emerg Med. 1991 May;9(3):209-10. doi: 10.1016/0735・・・
著者: Yuan-Sheng Tzeng
雑誌名: J Emerg Med. 2013 Jan;44(1):196-7. doi: 10.1016/j.jemermed.2012.05.009. Epub 2012 Jul 20.
Abstract/Text
PMID 23312377  J Emerg Med. 2013 Jan;44(1):196-7. doi: 10.1016/j.jemer・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから