今日の臨床サポート

廃用症候群(在宅医療)

著者: 荒井康之 生きいき診療所・ゆうき

監修: 和田忠志 いらはら診療所 在宅医療部

著者校正/監修レビュー済:2017/03/31

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 廃用症候群とは、人間が生活していくうえで使われるべき身体機能を有効に使わなくなったことで生じる二次的障害機能低下の総称であり訪問診療で扱うことが多い病態の1つである。
  1. 廃用症候群の主な原因は、運動不足(安静)で、その中核症状は、筋力低下や筋萎縮である。健常な人であっても、数日の安静臥床で筋力は低下する。高齢者の場合には、より筋力は低下しやすく、その回復に1カ月以上のリハビリテーションを必要とすることもある
  1. 安静を要する急性疾患を発症した場合に、安静は必要最小限にする(例:ベッド上でも上肢や下肢を動かす、人との関わりが薄れないように言葉かけを行う)
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり ます。閲覧にはご契約が必 要となります。閲覧にはご契約が必要となりま す。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約 が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 筋力の低下・筋肉量の減少(サルコペニア)の評価は廃用症候群の評価の基本となる。下方らは、歩行速度1m/秒未満、もしくは握力が男性で25kg未満、女性で20kg未満である場合を脆弱高齢者と判断し、脆弱高齢者のうち下腿周囲長(ふくらはぎの一番太いところの測定)にて30cm未満またはBMI18.5kg/m2未満を日本人高齢者のサルコペニアの簡易診断基準として提唱している。
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご
  1. 転倒のリスクとしては、①転倒の既往、②歩行能力の低下、③特定の薬物(睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬、降圧薬、血糖降下薬、抗コリン薬、抗不整脈薬(Ia群)の服用など――が挙げられている。したがって、これらのリスクを認める患者では、歩行能力のトレーニング、住環境の改善(滑りやすい床の改善、段差の解消、スリッパやサンダル)などを積極的に行うことが望ましい。また、薬剤の影響の可能性を評価し、必要によって薬剤の中止や変更を検討する。
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
荒井康之 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:和田忠志 : 特に申告事項無し[2021年]

まとめ

まとめ  
  1. 廃用症候群とは、人間が生活していくうえで使われるべき身体機能を有効に使わなくなったことで生じる二次的障害機能低下の総称である。以前は、廃用症候群という言葉は、「ギプス固定による筋力の低下」を指していたが、現在では「嚥下機能や認知機能などの機能低下」も含まれるようになっている
  1. 廃用の概念は年齢によらないが、高齢化の進展とともに廃用症候群の患者が増えており、訪問診療で扱うことが多い病態の1つである。
  1. 廃用症候群の主な原因は運動不足(安静)で、その中核症状は筋力低下・筋萎縮である。臨床的には、数日の安静臥床で筋力が低下することが知られている。ベッド上で絶対安静を取らせると、筋力は1日あたり13%減少する。また、竹内らによると、安静にして関節を動かさないと4日間で関節周囲組織が変性を開始し、3週間で拘縮を生じるとされるまた、1週間の安静によって低下した機能の回復には1以上かかることもある。 解説 
  1. 寝たきりの原因としての廃用症候群<図表>
  1. 安静を要する急性疾患を発症した場合には、安静は必要最小限にする(例:ベッド上でも上肢や下肢を動かす、人との関わりが薄れないように言葉かけを行う)。
問診・診察  
ポイント:
  1. 廃用症候群の患者を診るときには、ADLの評価筋力、関節の拘縮の程度の評価、原因の評価(身体的要因、環境的要因、社会的要因など)、合併症の評価など多岐にわたる検討が必要となる。
 
問診診察
  1. ポイント:
  1. 特に大切なのは、ADLの低下の原因を考えることである。身体的な要因であれば、基礎疾患の治療を行ったり、リハビリを行ったりする。環境的な要因であれば、ベッドや車椅子といった福祉用具の導入住宅改修など、生活環境整備を行うことが必要となる。これらの対策には医師だけですべてを対応することは困難なことが多く、ケアマネジャー、訪問看護、リハビリ専門職など、多職種で協働して患者へアプローチしていくことが必要である。
  1. 診察に関して大事になるのは褥瘡の有無や誤嚥性肺炎のリスク評価、血圧変動などの循環器評価などである
  1. 各項目の詳細な評価方法などは下記のリンク先の情報を確認してしい。
  1. 病状の評価:
  1. 病状 >詳細情報 
  1. ADL障害の程度の評価
  1. ADLの評価 >詳細情報 
  1. 筋力の低下の程度の評価
  1. 筋力低下の評価 >詳細情報 
  1. 関節の拘縮の程度の評価
  1. 関節拘縮の評価と対応 >詳細情報 
  1. 原因の評価:
  1. 廃用症候群の原因 >詳細情報 
  1. 対応策の評価:
  1. 廃用症候群の対応 >詳細情報 

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: F I MAHONEY, D W BARTHEL
雑誌名: Md State Med J. 1965 Feb;14:61-5.
Abstract/Text
PMID 14258950  Md State Med J. 1965 Feb;14:61-5.
著者: R N Baumgartner, K M Koehler, D Gallagher, L Romero, S B Heymsfield, R R Ross, P J Garry, R D Lindeman
雑誌名: Am J Epidemiol. 1998 Apr 15;147(8):755-63.
Abstract/Text Muscle mass decreases with age, leading to "sarcopenia," or low relative muscle mass, in elderly people. Sarcopenia is believed to be associated with metabolic, physiologic, and functional impairments and disability. Methods of estimating the prevalence of sarcopenia and its associated risks in elderly populations are lacking. Data from a population-based survey of 883 elderly Hispanic and non-Hispanic white men and women living in New Mexico (the New Mexico Elder Health Survey, 1993-1995) were analyzed to develop a method for estimating the prevalence of sarcopenia. An anthropometric equation for predicting appendicular skeletal muscle mass was developed from a random subsample (n = 199) of participants and was extended to the total sample. Sarcopenia was defined as appendicular skeletal muscle mass (kg)/height2 (m2) being less than two standard deviations below the mean of a young reference group. Prevalences increased from 13-24% in persons under 70 years of age to >50% in persons over 80 years of age, and were slightly greater in Hispanics than in non-Hispanic whites. Sarcopenia was significantly associated with self-reported physical disability in both men and women, independent of ethnicity, age, morbidity, obesity, income, and health behaviors. This study provides some of the first estimates of the extent of the public health problem posed by sarcopenia.

PMID 9554417  Am J Epidemiol. 1998 Apr 15;147(8):755-63.
著者: Alfonso J Cruz-Jentoft, Jean Pierre Baeyens, Jürgen M Bauer, Yves Boirie, Tommy Cederholm, Francesco Landi, Finbarr C Martin, Jean-Pierre Michel, Yves Rolland, Stéphane M Schneider, Eva Topinková, Maurits Vandewoude, Mauro Zamboni, European Working Group on Sarcopenia in Older People
雑誌名: Age Ageing. 2010 Jul;39(4):412-23. doi: 10.1093/ageing/afq034. Epub 2010 Apr 13.
Abstract/Text The European Working Group on Sarcopenia in Older People (EWGSOP) developed a practical clinical definition and consensus diagnostic criteria for age-related sarcopenia. EWGSOP included representatives from four participant organisations, i.e. the European Geriatric Medicine Society, the European Society for Clinical Nutrition and Metabolism, the International Association of Gerontology and Geriatrics-European Region and the International Association of Nutrition and Aging. These organisations endorsed the findings in the final document. The group met and addressed the following questions, using the medical literature to build evidence-based answers: (i) What is sarcopenia? (ii) What parameters define sarcopenia? (iii) What variables reflect these parameters, and what measurement tools and cut-off points can be used? (iv) How does sarcopenia relate to cachexia, frailty and sarcopenic obesity? For the diagnosis of sarcopenia, EWGSOP recommends using the presence of both low muscle mass + low muscle function (strength or performance). EWGSOP variously applies these characteristics to further define conceptual stages as 'presarcopenia', 'sarcopenia' and 'severe sarcopenia'. EWGSOP reviewed a wide range of tools that can be used to measure the specific variables of muscle mass, muscle strength and physical performance. Our paper summarises currently available data defining sarcopenia cut-off points by age and gender; suggests an algorithm for sarcopenia case finding in older individuals based on measurements of gait speed, grip strength and muscle mass; and presents a list of suggested primary and secondary outcome domains for research. Once an operational definition of sarcopenia is adopted and included in the mainstream of comprehensive geriatric assessment, the next steps are to define the natural course of sarcopenia and to develop and define effective treatment.

PMID 20392703  Age Ageing. 2010 Jul;39(4):412-23. doi: 10.1093/ageing/・・・
著者: Kenneth Fearon, Florian Strasser, Stefan D Anker, Ingvar Bosaeus, Eduardo Bruera, Robin L Fainsinger, Aminah Jatoi, Charles Loprinzi, Neil MacDonald, Giovanni Mantovani, Mellar Davis, Maurizio Muscaritoli, Faith Ottery, Lukas Radbruch, Paula Ravasco, Declan Walsh, Andrew Wilcock, Stein Kaasa, Vickie E Baracos
雑誌名: Lancet Oncol. 2011 May;12(5):489-95. doi: 10.1016/S1470-2045(10)70218-7. Epub 2011 Feb 4.
Abstract/Text To develop a framework for the definition and classification of cancer cachexia a panel of experts participated in a formal consensus process, including focus groups and two Delphi rounds. Cancer cachexia was defined as a multifactorial syndrome defined by an ongoing loss of skeletal muscle mass (with or without loss of fat mass) that cannot be fully reversed by conventional nutritional support and leads to progressive functional impairment. Its pathophysiology is characterised by a negative protein and energy balance driven by a variable combination of reduced food intake and abnormal metabolism. The agreed diagnostic criterion for cachexia was weight loss greater than 5%, or weight loss greater than 2% in individuals already showing depletion according to current bodyweight and height (body-mass index [BMI] <20 kg/m(2)) or skeletal muscle mass (sarcopenia). An agreement was made that the cachexia syndrome can develop progressively through various stages--precachexia to cachexia to refractory cachexia. Severity can be classified according to degree of depletion of energy stores and body protein (BMI) in combination with degree of ongoing weight loss. Assessment for classification and clinical management should include the following domains: anorexia or reduced food intake, catabolic drive, muscle mass and strength, functional and psychosocial impairment. Consensus exists on a framework for the definition and classification of cancer cachexia. After validation, this should aid clinical trial design, development of practice guidelines, and, eventually, routine clinical management.

Copyright © 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.
PMID 21296615  Lancet Oncol. 2011 May;12(5):489-95. doi: 10.1016/S1470・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから