今日の臨床サポート

インフルエンザ脳症

著者: 伊藤健太 あいち小児保健医療総合センター

監修: 細川直登 亀田総合病院

著者校正済:2017/07/31
現在監修レビュー中
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. インフルエンザ脳症とは、インフルエンザ感染症に伴う急性脳症を指す。急性脳症の病原体別割合では、インフルエンザは27%を占め最も多い。
  1. 臨床病理学的型が多岐に渡り、脳梁膨大部病変MERS(20%)、けいれん重積型(二相性)急性脳症AESD(10%)、急性壊死性脳症ANE(6%)である。
  1. 発生年齢は平均6.3歳(標準偏差3.4歳)、中央値6歳だが学童期、思春期にも認められる。
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご 契約が必 要となりま す。閲覧にはご契約が必要 となりま す。閲覧に はご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
伊藤健太 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:細川直登 : 未申告[2021年]

編集履歴:
2018年2月14日 誤植修正
修正箇所:詳細情報
バンコマイシン:60mg/日 分3
バンコマイシン:60mg/kg/日 分3

病態・疫学・診察

疾患(疫学・病態)のまとめ  
  1. インフルエンザ脳症とは、インフルエンザ感染症に伴う急性脳症を指す。
  1. 急性脳症はJapan Coma Scale 20以上(Glasgow Coma Scale 10~11以下)の意識障害が急性に発症し、24時間以上持続すると定義され、多くは発熱性感染症に伴う。
  1. 急性脳症の病理学的な病態は『急激で広範な非炎症性脳浮腫による機能障害』であるが、頭蓋内の炎症(脳脊髄液細胞数増加)を伴う例もある。
  1. 急性脳症の病原体別割合では、インフルエンザは27%を占め最も多い。
  1. 臨床病理学的型が多岐に渡り、脳梁膨大部病変MERS(20%)、けいれん重積型(二相性)急性脳症AESD(10%)、急性壊死性脳症ANE(6%)である。
  1. 発生年齢は平均6.3歳(標準偏差3.4歳)、中央値6歳だが学童期、思春期にも認められる。
  1. Apdm2009が流行した2009年にインフルエンザ脳症は188人報告されており、季節型インフルエンザに比し年長児が多かった。
問診・診察のポイント  
  1. 問診ではインフルエンザ感染症の曝露歴、および周囲の流行状況などの疫学情報を聴取する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Jun-ichi Takanashi
雑誌名: Brain Dev. 2009 Aug;31(7):521-8. doi: 10.1016/j.braindev.2009.02.012. Epub 2009 Mar 31.
Abstract/Text Two newly proposed infectious encephalitis/encephalopathy syndromes, in which magnetic resonance imaging (MRI) is essential for the diagnosis, have been reviewed. Acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion (AESD) is reported only in East Asian infants, characterized by a febrile seizure (usually >30 min) as the initial neurological symptom on day 1, followed by secondary seizures at day 4 to 6; affected children display variable levels of neurological sequelae. MRI shows no acute abnormality during the first two days; reduced diffusion appears in the frontal or fronto-parietal subcortical white matter during days 3 to 9, then disappears between days 9 and 25. Excitotoxic injury with delayed neuronal death is hypothesized as a possible mechanism based on MR spectroscopic findings. Clinically mild encephalitis/encephalopathy with a reversible splenial lesion (MERS) is characterized by a reversible lesion with homogeneously reduced diffusion in the corpus callosum (at least involving the splenium), sometimes associated with symmetrical white matter lesions. The most common neurological symptom is delirious behavior, followed by consciousness disturbance, and seizures, all of which completely recover within a month. The reason for the transiently reduced diffusion within the lesions is unknown; possibilities that have been postulated include intramyelinic edema, interstitial edema in tightly packed fibers, and a transient inflammatory infiltrate.

PMID 19339128  Brain Dev. 2009 Aug;31(7):521-8. doi: 10.1016/j.brainde・・・
著者: Akihisa Okumura, Satoshi Nakagawa, Hisashi Kawashima, Shinichiro Morichi, Takashi Muguruma, Osamu Saito, Jun-ichi Fujimoto, Chiaki Toida, Shuji Kuga, Toshihiro Imamura, Toshiaki Shimizu, Naomi Kondo, Tsuneo Morishima
雑誌名: J Clin Virol. 2013 Jan;56(1):25-30. doi: 10.1016/j.jcv.2012.10.007. Epub 2012 Oct 26.
Abstract/Text BACKGROUND: Every year, an estimated 200-500 children in Japan develop influenza-associated encephalopathy (IAE), and 10-30% of these children die.
OBJECTIVE: To clarify the clinical features of a severe form of acute encephalopathy seen with 2009 pandemic influenza A (H1N1).
STUDY DESIGN: This retrospective survey examined 20 children with acute encephalopathy associated with the 2009 pandemic influenza A (H1N1) who died or were in a prolonged deep coma with a flat electroencephalogram tracing and loss of spontaneous respiration. We obtained demographic, clinical, laboratory, and neuroimaging data through interviews with the attending physicians and chart reviews.
RESULTS: Subjects were 13 boys and seven girls. Their median age was 45 (range 11-200) months. Five patients had one or more pre-existing conditions. Acute encephalopathy developed within 2 days after influenza onset in 16 patients. As the initial neurological symptom, delirious behavior was seen in six children, and brief seizures in six. Eighteen patients were comatose within 6h of the onset of encephalopathy. Marked brain edema on computed tomography (CT) was seen in all but one patient. Brainstem lesions on CT were recognized in 12 patients. Sixteen patients died 0-45 (median 2.5) days after the onset of acute encephalopathy, and the others remained in deep comas without spontaneous respiration.
CONCLUSIONS: The clinical course of the patients was characterized by an onset with mild neurological symptoms and rapid deterioration of consciousness into coma. Head CT revealed marked cerebral edema, often associated with brainstem lesions.

Copyright © 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.
PMID 23107158  J Clin Virol. 2013 Jan;56(1):25-30. doi: 10.1016/j.jcv.・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから