今日の臨床サポート

突発性発疹

著者: 宇田和宏1) 岡山大学病院 小児科

著者: 宮入烈2) 国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 生体防御系内科部 感染症科

監修: 五十嵐隆 国立成育医療研究センター

著者校正済:2021/09/15
現在監修レビュー中
参考ガイドライン:
 
  1. 日本小児感染症学会. 小児感染症マニュアル2017
  1. Principles and Practice of Pediatric Infectious Diseases, Fifth Edition

概要・推奨   

  1.  突発性発疹は3-4日間持続する発熱とその後の発疹の出現という臨床経過で診断する
  1.  症状に応じた対症療法を行う
  1.  急性脳症、薬剤性過敏性症候群、血球貪食症候群などとの関連性が報告されている
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
宇田和宏 : 特に申告事項無し[2021年]
宮入烈 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:五十嵐隆 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1.  定期レビューを行った(変更なし)。

病態・疫学・診察

疾患情報  
  1. 突発性発疹は発熱で始まり解熱後に発疹を生じる症候群で、ヒトヘルペスウイルス6型(Human Herpes Virus-6 :HHV-6)、ヒトヘルペスウイルス7型(Human Herpes Virus-7:HHV-7)が原因病原体となる。
  1. 潜伏期は約10日(5~15日)とされる。
  1. 原則として季節流行性はない疾患である。
  1. HHV-6は2歳までに、HHV-7は3歳までに初感染をすることが多く、患児の95%が3歳未満である。本邦では90%以上の成人が抗体を有している。母体由来の移行抗体は生後6か月以内に消失する。その後、多くが生後6か月ごろから2歳までに初感染を受ける。HHV‐7 はHHV‐6 よりも少し月齢が経ってから感染する傾向があるため、HHV‐7による突発性発疹は臨床的には二度目の突発性発疹として経験される。
  1. 近年、本邦での突発性発疹の発症年齢の上昇が報告されており、原因として核家族化、少子化、食住環境の変化などが考えられている[1]
  1. HHV-6の初感染では不顕性感染も存在するが、本邦では約80%が突発性発疹の臨床症状を呈するとされる。
問診・診察のポイント  
  1. 症状は、発熱で発症し38~40℃の発熱が3~4日間持続する。この間は高熱にもかかわらず、比較的機嫌がよいことが知られており、鼻汁や咳嗽などの上気道症状はない。解熱後数時間~24時間で発疹が出現し、発疹出現当日は、胸部、腹部を中心とした斑丘疹で四肢には少ない。その後、顔面や四肢に広がることがあり、通常2~3日で消失する。掻痒感は伴わない。
 
 
  1. 身体所見では、咽頭所見として永山斑(病初期に口蓋垂の根元の両側に認められる粟粒大の紅色隆起)が有名であるが、頻度は40%程度と高くない[2]。また、大泉門膨隆を伴うことがある。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: L J Baraff, S Oslund, M Prather
雑誌名: Pediatrics. 1993 Jul;92(1):140-3.
Abstract/Text OBJECTIVE: To quantify the effect of antibiotic therapy on the probability of subsequent bacterial meningitis in children with fever without source treated as outpatients.
DESIGN: Bayesian meta-analyses. REPORTS INCLUDED: All reports of the organism-specific prevalence of occult bacteremia in children with fever without source treated as outpatients, and the organism-specific prevalence of subsequent meningitis in children with occult bacteremia initially treated as outpatients stratified by type of antibiotic therapy.
RESULTS: The mean probabilities of subsequent meningitis in children with occult bacteremia were 9.8%, 8.2%, and 0.3% in the no antibiotic, oral antibiotic, and parenteral antibiotic therapy groups, respectively. All cases of bacterial meningitis in children with occult bacteremia treated with oral antibiotics were due to Haemophilus influenzae. There were no cases of culture-positive bacterial meningitis in 139 bacteremic children treated with ceftriaxone (mean probability, 0.3%; 95% confidence interval, 0.0% to 1.5%). The mean probabilities of bacterial meningitis in a child with fever without source treated as an outpatient without antibiotics were: Streptococcus pneumoniae, 0.21%; and H influenzae, 0.06%.
CONCLUSIONS: Antibiotic therapy is effective in preventing meningitis in children at risk of occult bacteremia.

PMID 8516060  Pediatrics. 1993 Jul;92(1):140-3.
著者: L J Baraff
雑誌名: Pediatr Ann. 1993 Aug;22(8):497-8, 501-4.
Abstract/Text The evidence and guidelines presented in this article are meant to assist clinicians who manage children with FWS. However, physicians may choose to individualize therapy based on unique clinical circumstances or to adopt a variation of these guidelines based on a different interpretation of the evidence concerning these issues. No guidelines can eliminate all risk nor confine antibiotic treatment only to children likely to have occult bacteremia. The optimal management strategy reduces risk to a minimum at a reasonable cost and can be used in most practice settings.

PMID 8414705  Pediatr Ann. 1993 Aug;22(8):497-8, 501-4.
著者: C B Hall, C E Long, K C Schnabel, M T Caserta, K M McIntyre, M A Costanzo, A Knott, S Dewhurst, R A Insel, L G Epstein
雑誌名: N Engl J Med. 1994 Aug 18;331(7):432-8. doi: 10.1056/NEJM199408183310703.
Abstract/Text BACKGROUND: Infection with human herpesvirus-6 (HHV-6) is nearly universal in infancy or early childhood. However, the course of this infection, its complications, and its potential for persistence or reactivation remain unclear.
METHODS: We studied infants and children under the age of three years who presented to our emergency department with acute illnesses. Infants and young children without acute illness were studied as controls. HHV-6 infection was identified by blood-mononuclear-cell culture, serologic testing, and the polymerase chain reaction (PCR).
RESULTS: No primary HHV-6 infection was found among 582 infants and young children with acute nonfebrile illnesses or among 352 controls without acute illness. Of 1653 infants and young children with acute febrile illnesses, 160 (9.7 percent) had primary HHV-6 infection, as documented by viremia and seroconversion. They ranged in age from 2 weeks to 25 months; 23 percent were under the age of 6 months. HHV-6 infections accounted for 20 percent of 365 visits to the emergency department for febrile illnesses among children 6 to 12 months old. Of the 160 infants and young children with acute HHV-6 infections, 21 (13 percent) were hospitalized, and 21 had seizures. Often the seizures appeared late and were prolonged or recurrent. HHV-6 infections accounted for one third of all febrile seizures in children up to the age of two years. In follow-up studies over a period of one to two years, the HHV-6 genome persisted in blood mononuclear cells after primary infection in 37 of 56 children (66 percent). Reactivation, sometimes with febrile illnesses, was suggested by subsequent increases in antibody titers in 16 percent (30 of 187) and by PCR in 6 percent (17 of 278). No recurrent viremia was detected. Of 41 healthy newborns studied, 12 (29 percent) had the HHV-6 genome in their blood mononuclear cells; nevertheless, 6 of these newborns subsequently had primary HHV-6 infections.
CONCLUSIONS: In infants and young children HHV-6 infection is a major cause of visits to the emergency department, febrile seizures, and hospitalizations. Perinatal transmission may occur, with possible asymptomatic, transient, or persistent neonatal infection.

PMID 8035839  N Engl J Med. 1994 Aug 18;331(7):432-8. doi: 10.1056/NE・・・
著者: Mark N Prichard, Richard J Whitley
雑誌名: Curr Opin Virol. 2014 Dec;9:148-53. doi: 10.1016/j.coviro.2014.09.019. Epub 2014 Oct 22.
Abstract/Text Human herpesvirus 6 (HHV-6) infections are typically mild and in rare cases can result in encephalitis. A common theme among all the herpesviruses, however, is the reactivation upon immune suppression. HHV-6 commonly reactivates in transplant recipients. No therapies are approved currently for the treatment of these infections, although small studies and individual case reports have reported intermittent success with drugs such as cidofovir, ganciclovir, and foscarnet. In addition to the current experimental therapies, many other compounds have been reported to inhibit HHV-6 in cell culture with varying degrees of efficacy. Recent advances in the development of new small molecule inhibitors of HHV-6 will be reviewed with regard to their efficacy and spectrum of antiviral activity. The potential for new therapies for HHV-6 infections will also be discussed, and they will likely arise from efforts to develop broad spectrum antiviral therapies for DNA viruses.

Copyright © 2014 Elsevier B.V. All rights reserved.
PMID 25462447  Curr Opin Virol. 2014 Dec;9:148-53. doi: 10.1016/j.covi・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから