今日の臨床サポート

老年症候群

著者: 狩野惠彦 厚生連高岡病院 総合診療科・感染症内科

監修: 大蔵暢 やまと在宅診療所 大崎

著者校正/監修レビュー済:2020/01/24

概要・推奨   

  1. 老年症候群とは、疾患カテゴリーに分類できない高齢者に多くみられる症状や徴候のことを総称して用いる。具体的にはせん妄、尿失禁、転倒・歩行障害、食欲不振、めまい、失神、褥瘡、衰弱などが例として挙げられる。
  1. 老年症候群は、患者の生活の質(QOL; Quality of Life)の低下に多大なる影響を及ぼしうる。このため患者が独立した生活を送っていたとしても、これら老年症候群の出現・進行により、みるみるうちに介護を要する生活や施設入所が必要になるといったといった流れを引き起こしうるのである。
  1. これら老年症候群は複数の生理学的変化や基礎疾患などのリスク因子が重なり合って発症すると考えられている。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
狩野惠彦 : 未申告[2021年]
監修:大蔵暢 : 特に申告事項無し[2021年]

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: L P Fried, C M Tangen, J Walston, A B Newman, C Hirsch, J Gottdiener, T Seeman, R Tracy, W J Kop, G Burke, M A McBurnie, Cardiovascular Health Study Collaborative Research Group
雑誌名: J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2001 Mar;56(3):M146-56. doi: 10.1093/gerona/56.3.m146.
Abstract/Text BACKGROUND: Frailty is considered highly prevalent in old age and to confer high risk for falls, disability, hospitalization, and mortality. Frailty has been considered synonymous with disability, comorbidity, and other characteristics, but it is recognized that it may have a biologic basis and be a distinct clinical syndrome. A standardized definition has not yet been established.
METHODS: To develop and operationalize a phenotype of frailty in older adults and assess concurrent and predictive validity, the study used data from the Cardiovascular Health Study. Participants were 5,317 men and women 65 years and older (4,735 from an original cohort recruited in 1989-90 and 582 from an African American cohort recruited in 1992-93). Both cohorts received almost identical baseline evaluations and 7 and 4 years of follow-up, respectively, with annual examinations and surveillance for outcomes including incident disease, hospitalization, falls, disability, and mortality.
RESULTS: Frailty was defined as a clinical syndrome in which three or more of the following criteria were present: unintentional weight loss (10 lbs in past year), self-reported exhaustion, weakness (grip strength), slow walking speed, and low physical activity. The overall prevalence of frailty in this community-dwelling population was 6.9%; it increased with age and was greater in women than men. Four-year incidence was 7.2%. Frailty was associated with being African American, having lower education and income, poorer health, and having higher rates of comorbid chronic diseases and disability. There was overlap, but not concordance, in the cooccurrence of frailty, comorbidity, and disability. This frailty phenotype was independently predictive (over 3 years) of incident falls, worsening mobility or ADL disability, hospitalization, and death, with hazard ratios ranging from 1.82 to 4.46, unadjusted, and 1.29-2.24, adjusted for a number of health, disease, and social characteristics predictive of 5-year mortality. Intermediate frailty status, as indicated by the presence of one or two criteria, showed intermediate risk of these outcomes as well as increased risk of becoming frail over 3-4 years of follow-up (odds ratios for incident frailty = 4.51 unadjusted and 2.63 adjusted for covariates, compared to those with no frailty criteria at baseline).
CONCLUSIONS: This study provides a potential standardized definition for frailty in community-dwelling older adults and offers concurrent and predictive validity for the definition. It also finds that there is an intermediate stage identifying those at high risk of frailty. Finally, it provides evidence that frailty is not synonymous with either comorbidity or disability, but comorbidity is an etiologic risk factor for, and disability is an outcome of, frailty. This provides a potential basis for clinical assessment for those who are frail or at risk, and for future research to develop interventions for frailty based on a standardized ascertainment of frailty.

PMID 11253156  J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2001 Mar;56(3):M146-56. ・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから