今日の臨床サポート

パーキンソン病(進行期)

著者: 下泰司 順天堂大学 脳神経内科 運動障害疾患病態研究治療講座

監修: 高橋裕秀 昭和大学藤が丘病院 脳神経内科

著者校正/監修レビュー済:2019/09/13
参考ガイドライン:
  1. パーキンソン病診療ガイドライン2018

概要・推奨   

  1. L-ドパを十分に使用する。
  1. ドパミンアゴニストはそれぞれの特性に合わせて使用する。
  1. ドパミンアゴニストの増量や減量をする際には起こりうる副作用を十分に患者に伝えておく。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要 となります 。閲覧にはご契 約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
下泰司 : 企業などが提供する寄付講座(日本メドトロニック,アッヴィ合同会社,ボストン・サイエンティフィック,エフピー株式会社,協和キリン株式会社,日本ベーリンガーインゲルハイム)[2021年]
監修:高橋裕秀 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

イントロダクション  
  1. パーキンソン病治療を開始してから5年程度経過すると50%程度の症例で運動合併症を生じることが知られている。
  1. 海外のエキスパートの間では進行期パーキンソン病の定義として、1日5回以上のレボドパ製剤の内服下で2時間以上のオフ時間があり、1時間以上のtroublesome dyskinesiaが存在することとなっている。
  1. このような運動症状に加え、非運動症状として、認知機能低下、姿勢異常、睡眠障害、自律神経症状等が加わってくる。これらの非運動症状に対する治療も進行期パーキンソン病では重要となる。

診断方針

定義  
  1. 海外の報告では、1日5回以上のレボドパ内服下で2時間以上のオフ症状かつ1時間以上のtroublesome dyskinesia が存在する症例を進行期と考えるExpert が多い[1]
疫学  
  1. 治療を開始してから5年程度経過すると約半数の患者で運動合併症が生じる。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: P Odin, K Ray Chaudhuri, J T Slevin, J Volkmann, E Dietrichs, P Martinez-Martin, J K Krauss, T Henriksen, R Katzenschlager, A Antonini, O Rascol, W Poewe, National Steering Committees
雑誌名: Parkinsonism Relat Disord. 2015 Oct;21(10):1133-44. doi: 10.1016/j.parkreldis.2015.07.020. Epub 2015 Jul 23.
Abstract/Text Navigate PD was an educational program established to supplement existing guidelines and provide recommendations on the management of Parkinson's disease (PD) refractory to oral/transdermal therapies. It involved 103 experts from 13 countries overseen by an International Steering Committee (ISC) of 13 movement disorder specialists. The ISC identified 71 clinical questions important for device-aided management of PD. Fifty-six experts responded to a web-based survey, rating 15 questions as 'critically important;' these were refined to 10 questions by the ISC to be addressed through available evidence and expert opinion. Draft guidance was presented at international/national meetings and revised based on feedback. Key take-home points are: • Patients requiring levodopa >5 times daily who have severe, troublesome 'off' periods (>1-2 h/day) despite optimal oral/transdermal levodopa or non-levodopa-based therapies should be referred for specialist assessment even if disease duration is <4 years. • Cognitive decline related to non-motor fluctuations is an indication for device-aided therapies. If cognitive impairment is mild, use deep brain stimulation (DBS) with caution. For patients who have cognitive impairment or dementia, intrajejunal levodopa infusion is considered as both therapeutic and palliative in some countries. Falls are linked to cognitive decline and are likely to become more frequent with device-aided therapies. • Insufficient control of motor complications (or drug-resistant tremor in the case of DBS) are indications for device-aided therapies. Levodopa-carbidopa intestinal gel infusions or subcutaneous apomorphine pump may be considered for patients aged >70 years who have mild or moderate cognitive impairment, severe depression or other contraindications to DBS.

Copyright © 2015 The Authors. Published by Elsevier Ltd.. All rights reserved.
PMID 26233582  Parkinsonism Relat Disord. 2015 Oct;21(10):1133-44. doi・・・
著者: Ronald B Postuma, Daniela Berg, Matthew Stern, Werner Poewe, C Warren Olanow, Wolfgang Oertel, José Obeso, Kenneth Marek, Irene Litvan, Anthony E Lang, Glenda Halliday, Christopher G Goetz, Thomas Gasser, Bruno Dubois, Piu Chan, Bastiaan R Bloem, Charles H Adler, Günther Deuschl
雑誌名: Mov Disord. 2015 Oct;30(12):1591-601. doi: 10.1002/mds.26424.
Abstract/Text This document presents the Movement Disorder Society Clinical Diagnostic Criteria for Parkinson's disease (PD). The Movement Disorder Society PD Criteria are intended for use in clinical research but also may be used to guide clinical diagnosis. The benchmark for these criteria is expert clinical diagnosis; the criteria aim to systematize the diagnostic process, to make it reproducible across centers and applicable by clinicians with less expertise in PD diagnosis. Although motor abnormalities remain central, increasing recognition has been given to nonmotor manifestations; these are incorporated into both the current criteria and particularly into separate criteria for prodromal PD. Similar to previous criteria, the Movement Disorder Society PD Criteria retain motor parkinsonism as the core feature of the disease, defined as bradykinesia plus rest tremor or rigidity. Explicit instructions for defining these cardinal features are included. After documentation of parkinsonism, determination of PD as the cause of parkinsonism relies on three categories of diagnostic features: absolute exclusion criteria (which rule out PD), red flags (which must be counterbalanced by additional supportive criteria to allow diagnosis of PD), and supportive criteria (positive features that increase confidence of the PD diagnosis). Two levels of certainty are delineated: clinically established PD (maximizing specificity at the expense of reduced sensitivity) and probable PD (which balances sensitivity and specificity). The Movement Disorder Society criteria retain elements proven valuable in previous criteria and omit aspects that are no longer justified, thereby encapsulating diagnosis according to current knowledge. As understanding of PD expands, the Movement Disorder Society criteria will need continuous revision to accommodate these advances.

© 2015 International Parkinson and Movement Disorder Society.
PMID 26474316  Mov Disord. 2015 Oct;30(12):1591-601. doi: 10.1002/mds.・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから