今日の臨床サポート

心臓突然死の予防

著者: 池主雅臣 新潟大学 保健学科 検査技術科学専攻

監修: 今井靖 自治医科大学 薬理学講座臨床薬理学部門・内科学講座循環器内科学部門

著者校正/監修レビュー済:2019/02/07
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 突然死は「急性の症状が発症した後、1時間以内に突然意識喪失を来す心臓に起因する内因死」と定義される。
  1. 米国では年間約30~40万人が突然死しており、その原因の70~80%は心室頻拍・心室細動とされている。わが国の突然死は年間4~6万人と推定され、同様な頻脈性不整脈が主要な原因と考えられる。
  1. わが国のホルター記録中の突然死調査委員会と八木研究では、ホルター心電図検査中に偶発的に突然死を生じた79症例(50~85歳)を分析して、突然死の原因となった不整脈は頻脈性心室性不整脈が58例(心室細動;34例、心室頻拍から心室細動への移行;19例、Torsades de Pointes;5例)、徐脈からやがて心静止に移行したものが21例みられたと報告している。同様の結果は、最近の132例の研究でも報告されている。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
池主雅臣 : 未申告[2021年]
監修:今井靖 : 講演料(第一三共株式会社)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 遺伝性不整脈の診療に関するガイドライン
に基づき、改訂を行った。

まとめ

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 突然死は「急性の症状が発症した後、1 時間以内に突然意識喪失を来す心臓に起因する内因死」と定義される。
  1. 米国では年間約30~40万人が突然死しており、その原因の70~80%は心室頻拍・心室細動とされている。わが国の突然死は年間4~6万人と推定され、同様な頻脈性不整脈が主要な原因と考えられる。
  1. ホルター心電図は心臓疾患を有する(または疑われる)症例に行われるため、ホルター心電図記録中の突然死を健常例の突然死に置き換えることはできないが、突然死の原因を分析する有力な手がかりとなる。わが国のホルター記録中の突然死調査委員会と八木研究では、ホルター心電図検査中に偶発的に突然死を生じた79症例(50~85歳)を分析して、突然死の原因となった不整脈は頻脈性心室性不整脈が58例(心室細動;34例、心室頻拍から心室細動への移行;19例、Torsade de Pointes;5例)、徐脈からやがて心静止に移行したものが21例みられたと報告している。同様の結果は、最近の132例の研究でも報告されている。 エビデンス 
問診・診察のポイント  
  1. 心停止の既往は突然死のハイリスクを意味する。 エビデンス 

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Valentina Kutyifa, Arthur J Moss, Helmut Klein, Yitschak Biton, Scott McNitt, Bonnie MacKecknie, Wojciech Zareba, Ilan Goldenberg
雑誌名: Circulation. 2015 Oct 27;132(17):1613-9. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.115.015677. Epub 2015 Aug 27.
Abstract/Text BACKGROUND: Prospective data on the safety and efficacy of the wearable cardioverter defibrillator (WCD) in a real-world setting are lacking. The Prospective Registry of Patients Using the Wearable Defibrillator (WEARIT-II) Registry was designed to provide real-world data on the WCD as a strategy during a period of risk stratification.
METHODS AND RESULTS: The WEARIT-II Registry enrolled 2000 patients with ischemic (n=805, 40%), or nonischemic cardiomyopathy (n=927, 46%), or congenital/inherited heart disease (n=268) prescribed WCD between August 2011 and February 2014. Clinical data, arrhythmia events, implantable cardioverter defibrillator implantation, and improvement in ejection fraction were captured. The median age was 62 years; the median ejection fraction was 25%. The median WCD wear time was 90 days, with median daily use of 22.5 hours. There was a total of 120 sustained ventricular tachyarrhythmias in 41 patients, of whom 54% received appropriate WCD shock. Only 10 patients (0.5%) received inappropriate WCD therapy. The rate of sustained ventricular tachyarrhythmias by 3 months was 3% among patients with ischemic cardiomyopathy and congenital/inherited heart disease, and 1% among nonischemic patients (P=0.02). At the end of WCD use, 840 patients (42%) were implanted with an implantable cardioverter defibrillator. The most frequent reason not to implant an implantable cardioverter defibrillator following WCD use was improvement in ejection fraction.
CONCLUSIONS: The WEARIT-II Registry demonstrates a high rate of sustained ventricular tachyarrhythmias at 3 months in at-risk patients who are not eligible for an implantable cardioverter defibrillator, and suggests that the WCD can be safely used to protect patients during this period of risk assessment.

© 2015 American Heart Association, Inc.
PMID 26316618  Circulation. 2015 Oct 27;132(17):1613-9. doi: 10.1161/C・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから