今日の臨床サポート

抗てんかん薬(薬理)

著者: 中原 保裕 (有)ファーマシューティカルケア研究所

著者校正/監修レビュー済:2021/08/11
参考ガイドライン:
  1. 日本神経学会:てんかん診療ガイドライン2018、医学書院、2018

概要・推奨   

  1. 原則として、誘因なく2回以上てんかん発作を反復する場合に治療を開始する(推奨度1)。
  1. また、治療は年齢と発作が部分発作であるか全般発作であるのかで第1選択薬が異なる(推奨度1)。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
中原 保裕 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 抗てんかん薬の選択基準をガイドラインの記述を参考に加筆した。
  1. ビガバトリンについて更新し、スチリペントールを加えた。

病態・疫学・診察

検索結果  
まとめ:
  1. てんかんの治療薬として、ヒダントイン系薬、ヒダントイン系配合薬、オキサゾリジン系薬、バルビツール酸系薬、ベンゾジアゼピン系薬、バルプロ酸系薬、スルホンアミド系薬、フェナセミド系薬、イミノスチルベン系薬、サトスクシミド、ラモトリギン、レベチラセタム、トピラマート、ドラベ症候群治療薬、レノックス・ガストー症候群治療薬、AMPA受容体遮断薬ペランパネル(フィコンパ)、ラコサミド(ヒムパット)、ビガバトリン(サブリル)などが存在する。
  1. 治療は、発作が部分発作であるか全般発作であるのかで第1選択薬が異なる。部分発作であればカルバマゼピン(テグレトール)、全般発作であればバルプロ酸(デパケン、セレニカ)を選ぶが、部分発作ではラモトリギン(ラミクタール)、レベチラセタム(イーケプラ)も第一選択薬として用いられる。どちらの発作か判断し難い場合は、取りあえずバルプロ酸やレベチラセタム(イーケプラ)が導入しやすい。その場合には、経過の中で薬物を適正化する。
  1. 主な抗てんかん薬の治療域血中濃度と薬物動態:<図表>
  1. 抗てんかん薬の薬物相互作用:<図表>
  1. 抗てんかん薬の副作用:<図表>
  1. 他の薬剤が抗てんかん薬に及ぼす影響:<図表>
 
治療を始めるにあたり患者家族に説明すべき事柄

 
抗てんかん薬の作用機序

出典

 
治療:
  1. ポイント:
  1. 原則として、誘因なく2回以上てんかん発作を反復する場合に治療を開始する。また、治療は年齢と発作が部分発作であるか全般発作であるのかで第1選択薬が異なる。
  1. 薬物治療:
  1. 薬物治療は単剤、漸増が原則であり、複合剤(ヒダントールFなど)は基本的に使用しない。
  1. 成人の部分発作では、カルバマゼピン(テグレトール)を第1選択とすることが多い。ただし、小児の全般てんかん症候群や進行性ミオクローヌスてんかんなどではバルプロ酸(デパケン)が選択される。
  1. 高齢者の部分発作には、カルバマゼピン(テグレトール)、ラモトリギン(ラミクタール)、レベチラセタム(イーケプラ)、ガバペンチン(ガバペン)などが推奨される。
  1. 部分発作の第2選択としては、ゾニサミド(エクセグラン)、ガバペンチン(ガバペン)、フェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)、フェノバルビタール(フェノバール)、クロバザム(マイスタン)、ペランパネル(フィコンパ)、トピラマート(トピナ)、バルプロ酸などの中から、副作用、相互作用、年齢、性別などを考慮しながら、患者に合わせて選ぶ。
  1. 漸増した薬剤は、副作用の出現しない上限まで使用する。ここまで増量すれば効果の判定ができるという用量は各薬剤で存在しない。
  1. 全般発作であればバルプロ酸を選ぶことが多い。第二選択薬としては、ラモトリギン、レベチラセタム、トピラマート、ゾニサミド、クロザバム、フェノバルビタール、フェニトイン、ペランパネルが用いられる。
  1. 妊娠可能女性は、バルプロ酸以外の薬剤から選択することが望ましい。
  1. 欠神発作であればバルプロ酸、エトスクシミド、ラモトリギンが選択される。
  1. ミオクロニー発作であればバルプロ酸、クロナゼパム、レベチラセタム、トピラマートが選択される。
  1. なお、抗てんかん薬は、いったん開始すると小児期から老年期まで服用期間が長期にわたることが多い。したがって、妊娠の可能性などを考慮した薬剤選択が望ましい。
 
  1. TDM:
  1. TDMが必要な薬剤は、フェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)、バルプロ酸(デパケン、セレニカ)、カルバマゼピン(テグレトール)、ゾニサミド(エクセグラン)である。
  1. 至適血中濃度は下図を参考にしてほしい。
 
 
  1. 腎機能障害時の調整:
  1. 腎機能障害時、フェニトイン(アレビアチン)、ゾニサミド(エクセグラン)、ホスフェニトイン(ホストイン)、ジアゼパム(セルシン、ホリゾン)、クロナゼパム(リボトリール、ランドセン)、カルバマゼピン(テグレトール)では、薬剤用量の減量は必要ない。一方、エトスクシミド(エピレオプチマル、ザロンチン)、ラモトリギン(ラミクタール)、ガバペンチン(ガバペン)、トピラマート(トピナ)、ラコサミド(ヒムパット)では薬剤用量の調整が必要である。
  1. 薬剤相互作用:
  1. 薬剤相互作用は下図を参考にしてほしい。
 
抗てんかん薬の相互作用

表はあくまでも参考所見である。

 
 
  1. 副作用:
  1. 副作用に関しては下図を参考にしてほしい。
 
 
  1. 剤型:
  1. 剤型は、以下のようなものがある。
  1. 内用液:ピラセタム、オクノベル
  1. シロップ:エトスクシミド、デパケン、ガバペン
  1. 徐放剤:デパケン
  1. 坐剤:ジアゼパム
  1. 皮下注・筋注:フェノバルビタール(フェノバール)
  1. 静注:フェニトイン(アレビアチン)、フェノバルビタール(ノーベルバール)、ホスフェニトイン(ホストイン)ジアゼパム(セルシン、ホリゾン)、アセタゾラミド(ダイアモックス)
 
関連コンテンツ:
  1.  症候性てんかん 
  1.  痙攣発作(痙攣は中止後) 
  1.  小児のてんかん(小児科) 
 

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから