今日の臨床サポート

認知症治療薬(薬理)

著者: 中原 保裕1) (有)ファーマシューティカルケア研究所

著者: 『今日の臨床サポート』編集部2)

著者校正/監修レビュー済:2016/04/22

概要・推奨   

まとめ:
  1. 現在わが国で使用可能なアルツハイマー型痴呆症(AD)の治療薬物として、コリンエステラーゼ阻害薬(ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミン)とNMDA(N-methyl-D-aspartate)受容体拮抗薬(メマンチン)がある。ガランタミン、リバスチグミン、メマンチンは2011年春~夏に薬価収載され、医療現場で用いることが可能となった。
  1. 軽度~中等度ADに対するメマンチンの単剤治療の効果は一般的に低いが、中等度~高度ADに対しては特にChEIとの併用療法が認知・行動・ADL機能、興奮・攻撃性・易刺激性・食行動異常などの認知症の行動・心理症状(BPSD)に有効であり、さらに施設入所遅延効果があることが報告されている。
  1. これらの薬剤は、現在のところ進行を少しでも抑える程度の効果しか期待されない。従って、効果が認められないケースでは漫然と使わないようにする。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
中原 保裕 : 特に申告事項無し[2021年]
『今日の臨床サポート』編集部 : 未申告[2021年]

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: J Birks
雑誌名: Cochrane Database Syst Rev. 2006 Jan 25;(1):CD005593. doi: 10.1002/14651858.CD005593. Epub 2006 Jan 25.
Abstract/Text BACKGROUND: Since the introduction of the first cholinesterase inhibitor (ChEI) in 1997, most clinicians and probably most patients would consider the cholinergic drugs, donepezil, galantamine and rivastigmine, to be the first line pharmacotherapy for mild to moderate Alzheimer's disease.The drugs have slightly different pharmacological properties, but they all work by inhibiting the breakdown of acetylcholine, an important neurotransmitter associated with memory, by blocking the enzyme acetylcholinesterase. The most that these drugs could achieve is to modify the manifestations of Alzheimer's disease. Cochrane reviews of each ChEI for Alzheimer's disease have been completed (Birks 2005, Birks 2005b and Loy 2005). Despite the evidence from the clinical studies and the intervening clinical experience the debate on whether ChEIs are effective continues.
OBJECTIVES: To assess the effects of donepezil, galantamine and rivastigmine in people with mild, moderate or severe dementia due to Alzheimer's disease.
SEARCH STRATEGY: The Cochrane Dementia and Cognitive Improvement Group's Specialized Register was searched using the terms 'donepezil', 'E2020' , 'Aricept' , galanthamin* galantamin* reminyl, rivastigmine, exelon, "ENA 713" and ENA-713 on 12 June 2005. This Register contains up-to-date records of all major health care databases and many ongoing trial databases.
SELECTION CRITERIA: All unconfounded, blinded, randomized trials in which treatment with a ChEI was compared with placebo or another ChEI for patients with mild, moderate or severe dementia due to Alzheimer's disease.
DATA COLLECTION AND ANALYSIS: Data were extracted by one reviewer (JSB), pooled where appropriate and possible, and the pooled treatment effects, or the risks and benefits of treatment estimated.
MAIN RESULTS: The results of 13 randomized, double blind, placebo controlled trials demonstrate that treatment for periods of 6 months and one year, with donepezil, galantamine or rivastigmine at the recommended dose for people with mild, moderate or severe dementia due to Alzheimer's disease produced improvements in cognitive function, on average -2.7 points (95%CI -3.0 to -2.3), in the midrange of the 70 point ADAS-Cog Scale. Study clinicians blind to other measures rated global clinical state more positively in treated patients. Benefits of treatment were also seen on measures of activities of daily living and behaviour. None of these treatment effects are large. There is nothing to suggest the effects are less for patients with severe dementia or mild dementia, although there is very little evidence for other than mild to moderate dementia.More patients leave ChEI treatment groups, approximately 29 %, on account of adverse events than leave the placebo groups (18%). There is evidence of more adverse events in total in the patients treated with a ChEI than with placebo. Although many types of adverse event were reported, nausea, vomiting, diarrhoea, were significantly more frequent in the ChEI groups than in placebo. There are four studies, all supported by one of the pharmaceutical companies, in which two ChEIs were compared, two studies of donepezil compared with galantamine, and two of donepezil compared with rivastigmine. In three studies the patients were not blinded to treatment, only the fourth, DON vs RIV/Bullock is double blind. Two of the studies provide little evidence, they are of 12 weeks duration, which is barely long enough to complete the drug titration. There is no evidence from DON vs GAL/Wilcock of a treatment difference between donepezil and galantamine at 52 weeks for cognition, activities of daily living, the numbers who leave the trial before the end of treatment, the number who suffer any adverse event, or any specific adverse event. There is no evidence from DON vs RIV/Bullock of a difference between donepezil and rivastigmine for cognitive function, activities of daily living and behavioural disturbance at two years. Fewer patients suffer adverse events on donepezil than rivastigmine.
AUTHORS' CONCLUSIONS: The three cholinesterase inhibitors are efficacious for mild to moderate Alzheimer's disease. It is not possible to identify those who will respond to treatment prior to treatment. There is no evidence that treatment with a ChEI is not cost effective. Despite the slight variations in the mode of action of the three cholinesterase inhibitors there is no evidence of any differences between them with respect to efficacy. There appears to be less adverse effects associated with donepezil compared with rivastigmine. It may be that galantamine and rivastigmine match donepezil in tolerability if a careful and gradual titration routine over more than three months is used. Titration with donepezil is more straightforward and the lower dose may be worth consideration.

PMID 16437532  Cochrane Database Syst Rev. 2006 Jan 25;(1):CD005593. d・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから