今日の臨床サポート

大動脈弁閉鎖不全症

著者: 合田亜希子1) 兵庫医科大学 循環器・腎透析内科

著者: 増山 理2) 兵庫医科大学 循環器内科

監修: 伊藤浩 岡山大学循環器内科

著者校正/監修レビュー済:2020/09/03
参考ガイドライン:
  1. 日本循環器学会:弁膜症治療のガイドライン(2020年改訂版)
  1. 日本循環器学会:先天性心疾患、心臓大血管の構造的疾患(structural heart disease)に対するカテーテル治療のガイドライン
  1. 米国心臓協会(AHA), 米国心臓病学会(ACC):2017 AHA/ACC Focused Update of the 2014 AHA/ACC Guideline for the Management of Patients With Valvular Heart Disease
  1. 米国心臓協会(AHA), 米国心臓病学会(ACC):2014 AHA/ACC Guideline for the Management of Patients With Valvular Heart Disease: Executive Summary
  1. 欧州心臓協会(ESC), 欧州心臓・胸部外科学会(EACTS):2017 ESC/EACTS Guidelines for the management of valvular heart disease
  1. 日本循環器学会:循環器超音波検査の適応と判読ガイドライン(2010年改訂版)
  1. 欧州心臓血管イメージング協会(EACVI), 米国心エコー図学会(ASE):2017 Recommendations from EACVI and ASE: The Clinical Use of Stress Echocardiography in Non-ischaemic Heart Disease
  1. 日本循環器学会:感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン(2017年改訂版)
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 聴診上胸骨左縁第3肋間で拡張期逆流性雑音を聴取し、胸部X線写真で左室拡大による左第4弓突出・心胸郭比拡大を認める患者はARが疑われる。経胸壁心エコー図検査による診断と重症度評価が勧められる(推奨度1)。
  1. 経胸壁心エコー図検査による評価が困難な場合は、経食道心エコー図検査が勧められる(推奨度1)。特にARの原因として感染性心内膜炎(推奨度1)もしくは大動脈解離(推奨度2)が疑われる患者には、経食道心エコー図検査が勧められる。
  1. 重度ARの患者において、心不全・胸痛の症状があいまいな場合には、運動負荷試験による運動耐用能の評価が勧められる(推奨度1)。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
合田亜希子 : 特に申告事項無し[2021年]
増山 理 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:伊藤浩 : 講演料(第一三共,興和,アストラゼネカ,小野,ノバルティスファーマ),研究費・助成金など(興和,Canon),奨学(奨励)寄付など(第一三共,田辺三菱,小野薬品,興和,Boston,武田,ベーリンガーインゲルハイム,持田,バイエル),企業などが提供する寄付講座(日本メドトロニック)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 2020年改訂の弁膜症治療ガイドラインに基づき、手術適応の修正を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 大動脈弁閉鎖不全症(aortic regurgitation、AR)とは、大動脈弁閉鎖が不完全であることにより、大動脈弁の逆流が生じ、拡張期逆流性雑音、速脈、労作時呼吸困難、息切れ、全身倦怠感、下肢浮腫、起坐呼吸、夜間発作性呼吸困難などの心不全症状、および心電図で左室容量負荷所見を来す疾患である。
  1. 大動脈弁閉鎖不全症は、心エコー図検査により診断に至る。
  1. ARの原因として、リウマチ熱、老年者の石灰化大動脈弁、感染性心内膜炎、外傷性、先天性二尖大動脈弁など弁自体の器質的異常によるものとMarfan症候群、大動脈解離など上行大動脈拡大・基部拡大に伴うものがある。
  1. 拡張期逆流性雑音、速脈、労作時呼吸困難、息切れ、全身倦怠感、下肢浮腫、起座呼吸、夜間発作性呼吸困難などの心不全症状、および心電図で左室容量負荷所見があればARを疑い、心エコー図検査を施行する。
  1. 心エコー図検査にて、カラードプラー法を用いて逆流ジェットを検出することにより診断される。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. ARでは、症状出現(心不全、胸痛)の有無、左室拡大の程度、左室収縮能低下の程度により手術適応が決定される。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Terminology and Diagnostic Criteria Committee, Japan Society of Ultrasonics in Medicine
雑誌名: J Med Ultrason (2001). 2016 Oct;43(4):557-97. doi: 10.1007/s10396-016-0702-4.
Abstract/Text
PMID 27038348  J Med Ultrason (2001). 2016 Oct;43(4):557-97. doi: 10.1・・・
著者: Robert O Bonow, Blase A Carabello, Kanu Chatterjee, Antonio C de Leon, David P Faxon, Michael D Freed, William H Gaasch, Bruce W Lytle, Rick A Nishimura, Patrick T O'Gara, Robert A O'Rourke, Catherine M Otto, Pravin M Shah, Jack S Shanewise, Rick A Nishimura, Blase A Carabello, David P Faxon, Michael D Freed, Bruce W Lytle, Patrick T O'Gara, Robert A O'Rourke, Pravin M Shah, American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines
雑誌名: J Am Coll Cardiol. 2008 Sep 23;52(13):e1-142. doi: 10.1016/j.jacc.2008.05.007.
Abstract/Text
PMID 18848134  J Am Coll Cardiol. 2008 Sep 23;52(13):e1-142. doi: 10.1・・・
著者: Rick A Nishimura, Catherine M Otto, Robert O Bonow, Blase A Carabello, John P Erwin, Robert A Guyton, Patrick T O'Gara, Carlos E Ruiz, Nikolaos J Skubas, Paul Sorajja, Thoralf M Sundt, James D Thomas, ACC/AHA Task Force Members
雑誌名: Circulation. 2014 Jun 10;129(23):2440-92. doi: 10.1161/CIR.0000000000000029. Epub 2014 Mar 3.
Abstract/Text
PMID 24589852  Circulation. 2014 Jun 10;129(23):2440-92. doi: 10.1161/・・・
著者: Douglas H J Elder, Li Wei, Benjamin R Szwejkowski, Renata Libianto, Adnan Nadir, Maheshwar Pauriah, Sushma Rekhraj, Tiong K Lim, Jacob George, Alex Doney, Stuart D Pringle, Anna-Maria Choy, Allan D Struthers, Chim C Lang
雑誌名: J Am Coll Cardiol. 2011 Nov 8;58(20):2084-91. doi: 10.1016/j.jacc.2011.07.043.
Abstract/Text OBJECTIVES: The aim of this study was to investigate the effect of renin-angiotensin system blockade on outcomes in patients with aortic regurgitation (AR).
BACKGROUND: Angiotensin-converting enzyme (ACE) inhibitors have the potential to reduce afterload, blunt left ventricular wall stress, and limit left ventricular dilation and hypertrophy. However, long-term studies have yielded inconsistent results, and very few have assessed clinical outcomes.
METHODS: The Health Informatics Centre dispensed prescription and morbidity and mortality database for the population of Tayside, Scotland, was linked through a unique patient identifier to the Tayside echocardiography database. Patients diagnosed with at least moderate AR from 1993 to 2008 were identified. Cox regression analysis was used to assess differences in all-cause mortality and cardiovascular (CV) and AR events (heart failure hospitalizations, heart failure deaths, or aortic valve replacement) between those treated with and without ACE inhibitors or angiotensin receptor blockers (ARBs).
RESULTS: A total of 2,266 subjects with AR (median age 74 years; interquartile range: 64 to 81 years) were studied, with a mean follow-up period of 4.4 ± 3.7 years. Seven hundred and five patients (31%) received ACE inhibitor or ARB therapy. There were 582 all-cause deaths (25.7%). Patients treated with ACE inhibitors or ARBs had significantly lower all-cause mortality and fewer CV and AR events, with adjusted hazard ratios of 0.56 (95% confidence interval [CI]: 0.64 to 0.89; p < 0.01) for all-cause mortality, 0.77 (95% CI: 0.67 to 0.89; p < 0.01) for CV events, and 0.68 (95% CI: 0.54 to 0.87; p < 0.01) for AR events.
CONCLUSIONS: This large retrospective study shows that the prescription of ACE inhibitors or ARBs in patients with moderate to severe AR was associated with significantly reduced all-cause mortality and CV and AR events. These data need to be confirmed by a prospective randomized controlled outcome trial.

Copyright © 2011 American College of Cardiology Foundation. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.
PMID 22051330  J Am Coll Cardiol. 2011 Nov 8;58(20):2084-91. doi: 10.1・・・
著者: P L Michel, J Acar
雑誌名: Eur Heart J. 1995 Apr;16 Suppl B:2-6.
Abstract/Text Although no epidemiological studies are available to evaluate the exact risk of infective endocarditis complicating native cardiac disease, analysis of data in the literature shows that cardiac disease can be classified into three groups of decreasing risk: (1) high risk disease includes cyanotic congenital heart lesions, previous bacterial endocarditis, aortic valve disease, mitral regurgitation and uncorrected left-to-right shunt, but not atrial septal defect; (2) cardiac conditions of moderate risk include mitral valve prolapse with valvar regurgitation or leaflet thickening, isolated mitral stenosis, tricuspid valve disease, pulmonary stenosis and hypertrophic cardiomyopathy; (3) conditions of low or no risk include isolated atrial septal defect, ischaemic heart disease and/or previous coronary artery bypass graft surgery, surgically corrected left-to-right shunt with no residual shunt, mitral valve prolapse with thin leaflets in the absence of regurgitation, and calcification of the mitral annulus.

PMID 7671919  Eur Heart J. 1995 Apr;16 Suppl B:2-6.
著者: David R Murdoch, G Ralph Corey, Bruno Hoen, José M Miró, Vance G Fowler, Arnold S Bayer, Adolf W Karchmer, Lars Olaison, Paul A Pappas, Philippe Moreillon, Stephen T Chambers, Vivian H Chu, Vicenç Falcó, David J Holland, Philip Jones, John L Klein, Nigel J Raymond, Kerry M Read, Marie Francoise Tripodi, Riccardo Utili, Andrew Wang, Christopher W Woods, Christopher H Cabell, International Collaboration on Endocarditis-Prospective Cohort Study (ICE-PCS) Investigators
雑誌名: Arch Intern Med. 2009 Mar 9;169(5):463-73. doi: 10.1001/archinternmed.2008.603.
Abstract/Text BACKGROUND: We sought to provide a contemporary picture of the presentation, etiology, and outcome of infective endocarditis (IE) in a large patient cohort from multiple locations worldwide.
METHODS: Prospective cohort study of 2781 adults with definite IE who were admitted to 58 hospitals in 25 countries from June 1, 2000, through September 1, 2005.
RESULTS: The median age of the cohort was 57.9 (interquartile range, 43.2-71.8) years, and 72.1% had native valve IE. Most patients (77.0%) presented early in the disease (<30 days) with few of the classic clinical hallmarks of IE. Recent health care exposure was found in one-quarter of patients. Staphylococcus aureus was the most common pathogen (31.2%). The mitral (41.1%) and aortic (37.6%) valves were infected most commonly. The following complications were common: stroke (16.9%), embolization other than stroke (22.6%), heart failure (32.3%), and intracardiac abscess (14.4%). Surgical therapy was common (48.2%), and in-hospital mortality remained high (17.7%). Prosthetic valve involvement (odds ratio, 1.47; 95% confidence interval, 1.13-1.90), increasing age (1.30; 1.17-1.46 per 10-year interval), pulmonary edema (1.79; 1.39-2.30), S aureus infection (1.54; 1.14-2.08), coagulase-negative staphylococcal infection (1.50; 1.07-2.10), mitral valve vegetation (1.34; 1.06-1.68), and paravalvular complications (2.25; 1.64-3.09) were associated with an increased risk of in-hospital death, whereas viridans streptococcal infection (0.52; 0.33-0.81) and surgery (0.61; 0.44-0.83) were associated with a decreased risk.
CONCLUSIONS: In the early 21st century, IE is more often an acute disease, characterized by a high rate of S aureus infection. Mortality remains relatively high.

PMID 19273776  Arch Intern Med. 2009 Mar 9;169(5):463-73. doi: 10.1001・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから