今日の臨床サポート

尿道炎

著者: 安田 満 札幌医科大学医学部感染制御・臨床検査医学講座

監修: 中川昌之 公益財団法人 慈愛会 今村総合病院 泌尿器科顧問

著者校正/監修レビュー済:2018/04/05
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 尿道炎とは、パートナーに感染している原因菌が性行為により外尿道口から尿道内に侵入して発症する炎症で、性感染症(sexually transmitted infections、STI)の一種である。
  1. 男性の性感染症の年次推移:
 
診断:
  1. 淋菌性尿道炎:
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となり
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
安田 満 : 未申告[2021年]
監修:中川昌之 : 研究費・助成金など(武田薬品工業株式会社)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 性感染症診断・治療ガイドライン 2016
に基づき、核酸増幅同定法の表と薬剤情報を改訂した。
また、性感染症の年次推移と淋菌の各種抗菌薬感受性成績の図を改訂した。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 尿道炎はパートナーに感染している原因菌が性行為により外尿道口から尿道内に侵入して発症する炎症で、性感染症(sexually transmitted infections、STI)の1種である。尿道炎は男性におけるSTIのなかで最も罹患率が高い。
  1. 尿道炎の主要原因菌はNeisseria gonorrhoeae(淋菌)とChlamydia trachomatis(クラミジア)であり、日常の臨床現場においては、両菌による尿道炎の診断、治療を確実に行うことが重要である。
  1. 淋菌性尿道炎とクラミジア性尿道炎は感染症法で五類感染症に指定され、定点医療機関が患者の発生について届出を行うことになっている。両尿道炎の患者数は2002年をピークに減少していたが、2009年以降はほぼ横ばい状態が続いている。患者数はクラミジア性尿道炎のほうが淋菌性尿道炎より多い。
 
男性の性感染症の年次推移

淋菌性およびクラミジア性尿道炎は2002年をピークに減少傾向を示していたが、2009年以降はほぼ横ばい状態である。

 
  1. 近年、尿道炎の感染経路は口腔性交が増加している。また、尿道炎患者の咽頭に淋菌、クラミジアが無症候性に感染していることもある。
  1. 淋菌の検出は分離培養法が基本であるが、核酸増幅同定法による検出も可能である。クラミジアの分離培養法は一般臨床では困難であり、検出は核酸増幅同定法で行う。
  1. 尿道炎は抗菌化学療法で治療するが、淋菌とクラミジアでは選択薬の種類と投与法が異なる。近年、淋菌においては薬剤耐性化が急速に進行しており[1]、使用可能な抗菌薬が限られている。
問診・診察のポイント  
  1. 尿道炎の感染源は、淋菌性尿道炎では風俗店に勤務している女性が多く、クラミジア性尿道炎では恋人などの一般女性が多い。 解説 

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Masatoshi Tanaka, Yosuke Koga, Hiroshi Nakayama, Akiko Kanayama, Intetsu Kobayashi, Takeshi Saika, Takako Iyoda
雑誌名: Sex Transm Dis. 2011 Sep;38(9):871-5. doi: 10.1097/OLQ.0b013e31821d0f98.
Abstract/Text OBJECTIVES: To determine the antibiotic susceptibility and the genotype distributions of N. gonorrhoeae isolates in Fukuoka, Japan, and to evaluate the specific associations between genotypes and antibiotic resistance.
METHODS: Antibiotic susceptibility testing and N. gonorrhoeae multiantigen sequence typing (NG-MAST) were performed on 242 and 239 N. gonorrhoeae isolates, respectively, in Fukuoka, Japan in 2008.
RESULTS: No isolates showed resistance to spectinomycin, ceftriaxone, or cefixime, although 34 (14.0%) and 149 (61.6%) isolates displayed decreased susceptibility to ceftriaxone (minimum inhibitory concentration range, 0.06-0.5 mg/L) and cefixime (minimum inhibitory concentration range, 0.06-0.5 mg/L), respectively. Furthermore, 171 (70.7%), 68 (28.1%), 39 (16.1%), and 1 (0.4%) isolates were resistant to ciprofloxacin, tetracycline, penicillin, and azithromycin, respectively. The 239 isolates were divided by NG-MAST into 67 sequence types (STs); the 4 most common STs were ST2958 (20.5%), ST4018 (7.5%), ST1407 (6.7%), and ST4487 (5.9%). ST2958 and ST1407 were characterized by a multidrug-resistant phenotype, whereas ST4018 and ST4487 presented a susceptible phenotype. Interestingly, ST1407, which is now common in Europe and Australia, was identified as a predominant ST in this study.
CONCLUSIONS: This is the first report combining N. gonorrhoeae antibiotic susceptibility testing with molecular typing by using NG-MAST in Japan. Although a large diversity in NG-MAST was identified, based on comparisons with the international data, the ST1407 with a multidrug-resistant phenotype currently seems to be circulating worldwide.

PMID 21844744  Sex Transm Dis. 2011 Sep;38(9):871-5. doi: 10.1097/OLQ.・・・
著者: E Jernberg, A Moghaddam, H Moi
雑誌名: Int J STD AIDS. 2008 Oct;19(10):676-9. doi: 10.1258/ijsa.2008.008038.
Abstract/Text There are no evidence-based guidelines for the treatment of Mycoplasma genitalium-positive genital infection. In a retrospective survey, we analysed the treatment results of patients tested for M. genitalium at Olafia, Unit for Sexual Transmitted Diseases in Oslo. Out of 10,109 patients, 452 had a positive polymerase chain reaction. Between 72% and 100% of patients in the different treatment groups returned for test of cure after four to five weeks. First-line treatment with 1 g single dose azithromycin had a recovery rate of 79%. It was as effective as an extended five-days' course of azithromycin. Ofloxacin 200 mg b.i.d for 10 days cured 56% and moxifloxacin 400 mg o.d. for seven days as either second-, third- or fourth-line treatment after azithromycin or ofloxacin failure cured 100%. Azithromycin 1 g as a single dose seems to be the best choice of treatment for M. genitalium, with moxifloxacin 400 mg x 1 for seven days if treatment fails.

PMID 18824619  Int J STD AIDS. 2008 Oct;19(10):676-9. doi: 10.1258/ijs・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから