今日の臨床サポート

腎結石症・尿管結石症

著者: 磯谷周治 順天堂大学大学院

監修: 堀江重郎 順天堂大学大学院医学研究科 泌尿器外科学

著者校正/監修レビュー済:2019/02/20
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 腎結石症・尿管結石症とは、腎および尿管に結石を認める状態である。
  1. 生涯罹患率は男性で9.0%、女性で3.8%である。男性では30~60歳代、女性は50~60歳代にピークを認める。
  1. 通常は、中年以降の男性に急激に発症した、血尿を伴う腰背部痛、CVA knocking painを認めたとき、尿路結石を疑う。
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には ご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧に はご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必 要となります。閲覧に はご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と

閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約 が必 要となります。閲覧にはご契約が必要とな ります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな ります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります 。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が 必要となり ます。閲 覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな ります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要と なります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要とな

閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
磯谷周治 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:堀江重郎 : 未申告[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、詳細、治療法について修正を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 一般に尿管結石は、通常では臨床症状として、側腹部から背部にかけての疹痛、CVA knocking painがみられる。通常は腹膜刺激症状を伴うことはない。
  1. 尿路結石は、上部尿路結石(腎結石、尿管結石)と下部尿路結石(膀胱結石、尿道結石)に分類される。Hospital surveyで報告されている頻度としては、上部尿路結石が全体の約96%を占め、また男女比は2.4:1で男性に多い傾向がある[1]。頻度が高い状態で、推計生涯罹患率は男性では約15%、女性では約7%であり、食生活や生活様式の欧米化によりここ40年で4倍に頻度が増えている。
  1. 尿路結石ではさまざまな程度の血尿も認めるが、尿管結石の完全嵌頓の場合には、尿潜血・血尿は陰性になることもある。
  1. 診断には画像診断が非常に有用で、尿路結石の確定診断・除外診断はCTにて尿路内の結石を証明するか、腎機能が正常なら排泄性尿路造影(DIP)にて患側腎、尿管の通過障害や造影不良を確認するかのどちらかで得られることが多い。
病歴・診察のポイント  
  1. 尿路結石(上部尿路結石)の症状は背部の疼痛が重要な徴候であり、通常激しい背部痛、側腹部痛が認められる。痛みは波があるが、疼痛が0にならないことが多い。また、自発痛の割には圧痛が少ないことも特徴である。発熱を認める場合は腎盂腎炎の合併を考慮する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者:
雑誌名: Am J Emerg Med. 2004 Nov;22(7):560-3.
Abstract/Text
PMID 15666261  Am J Emerg Med. 2004 Nov;22(7):560-3.
著者:
雑誌名: J Urol. 2008 Feb;179(2):564-9. Epub 2007 Dec 21.
Abstract/Text
PMID 18082222  J Urol. 2008 Feb;179(2):564-9. Epub 2007 Dec 21.
著者:
雑誌名: BMJ. 2014 Mar 26;348:g2191. doi: 10.1136/bmj.g2191.
Abstract/Text
PMID 24671981  BMJ. 2014 Mar 26;348:g2191. doi: 10.1136/bmj.g2191.
著者:
雑誌名: Urology. 2002 Jun;59(6):839-42.
Abstract/Text
PMID 12031364  Urology. 2002 Jun;59(6):839-42.
著者: P Bove, D Kaplan, N Dalrymple, A T Rosenfield, M Verga, K Anderson, R C Smith
雑誌名: J Urol. 1999 Sep;162(3 Pt 1):685-7.
Abstract/Text PURPOSE: Hematuria testing is routinely performed in patients with acute flank pain to screen for ureterolithiasis and to help determine the need for excretory urography. Unenhanced helical computerized tomography (CT) has recently been shown to be superior to excretory urography in diagnosing ureteral obstruction and can evaluate many other causes of flank pain. Given the speed, accuracy and safety of CT the value of hematuria testing for acute flank pain should be reexamined.
MATERIALS AND METHODS: We reviewed the medical records of 267 consecutive patients with acute flank pain referred for unenhanced helical CT. Microscopic and dipstick urinalysis data were obtained in 195 patients. Using helical CT as the gold standard, we calculated the sensitivity, specificity, predictive value and accuracy of hematuria for diagnosing ureterolithiasis.
RESULTS: Of the patients with ureterolithiasis 33% had 5 or less, 19% had 1 or less and 11% had no red blood cells (RBCs) per high power field. Of the patients without ureterolithiasis 24% had greater than 5 and 51% had greater than 1 RBC per high power field. Of the patients with ureterolithiasis 14% had a negative dipstick test and 1 RBC or less per high power field. There were 25 patients without ureterolithiasis who had CT abnormalities unrelated to the urinary tract, of whom 8 had greater than 1 RBC per high power field.
CONCLUSIONS: Absence of hematuria in the setting of acute flank pain cannot exclude a diagnosis of ureterolithiasis and should not obviate other diagnostic testing. Even when strongly positive on microscopy, hematuria has insufficient positive predictive value for diagnosing ureterolithiasis and may be misleading as other serious conditions resulting in acute flank pain may yield a positive test.

PMID 10458342  J Urol. 1999 Sep;162(3 Pt 1):685-7.
著者:
雑誌名: Urology. 1995 May;45(5):753-7.
Abstract/Text
PMID 7747369  Urology. 1995 May;45(5):753-7.
著者: Takashi Kobayashi, Koji Nishizawa, Kenji Mitsumori, Keiji Ogura
雑誌名: J Urol. 2003 Oct;170(4 Pt 1):1093-6. doi: 10.1097/01.ju.0000080709.11253.08.
Abstract/Text PURPOSE: Hematuria is absent in a significant proportion of patients with acute ureterolithiasis. We determined whether time from pain onset has any impact on the sensitivity of hematuria tests in the diagnosis of ureterolithiasis.
MATERIALS AND METHODS: We retrospectively reviewed the records of 537 patients with suspected acute unilateral renal colic during a 29-month period with regard to the interval between pain onset and urinalysis, including the dipstick test and microscopic red blood cell count as well as other clinical findings. Although ureterolithiasis was determined by plain x-ray and ultrasonography primarily, stone absence was diagnosed by computerized tomography.
RESULTS: Ureterolithiasis was diagnosed in 452 patients (84.2%). The dipstick test had higher sensitivity (0.780 vs 0.718) but it was equivalent on ROC analysis compared with microscopic examination (area under the curve 0.696 vs 0.694, p = 0.92). Hematuria test sensitivity was 0.95, 0.83, 0.65, 0.68, 0.77, 0.86 and 0.68 on days 0, 1, 2, 3, 4, 5 to 7 and 8 or more from pain onset, respectively (ANOVA p = 0.004). On logistic regression analysis including hydronephrosis grade, and stone size and location the interval between onset and urinalysis was the only independent factor affecting the incidence of negative hematuria in patients with ureterolithiasis (p = 0.03, 95% CI 0.89 to 0.99).
CONCLUSIONS: The interval between pain onset and urine collection has a significant impact on the diagnostic performance of hematuria tests. The incidence of negative hematuria is highest on the days 3 and 4.

PMID 14501699  J Urol. 2003 Oct;170(4 Pt 1):1093-6. doi: 10.1097/01.ju・・・
著者:
雑誌名: Ann Emerg Med. 2013 Nov;62(5):526-33. doi: 10.1016/j.annemergmed.2013.06.006. Epub 2013 Jul 11.
Abstract/Text
PMID 23850311  Ann Emerg Med. 2013 Nov;62(5):526-33. doi: 10.1016/j.an・・・
著者:
雑誌名: Eur Urol. 2002 Apr;41(4):351-62.
Abstract/Text
PMID 12074804  Eur Urol. 2002 Apr;41(4):351-62.
著者:
雑誌名: Urol Res. 2009 Dec;37(6):349-52. doi: 10.1007/s00240-009-0219-z. Epub 2009 Oct 14.
Abstract/Text
PMID 19826802  Urol Res. 2009 Dec;37(6):349-52. doi: 10.1007/s00240-00・・・
著者:
雑誌名: N Engl J Med. 2014 Sep 18;371(12):1100-10. doi: 10.1056/NEJMoa1404446.
Abstract/Text
PMID 25229916  N Engl J Med. 2014 Sep 18;371(12):1100-10. doi: 10.1056・・・
著者:
雑誌名: AJR Am J Roentgenol. 1999 Jun;172(6):1491-4.
Abstract/Text
PMID 10350278  AJR Am J Roentgenol. 1999 Jun;172(6):1491-4.
著者:
雑誌名: J Urol. 1999 Feb;161(2):534-7.
Abstract/Text
PMID 9915442  J Urol. 1999 Feb;161(2):534-7.
著者:
雑誌名: J Chin Med Assoc. 2008 Jan;71(1):30-6. doi: 10.1016/S1726-4901(08)70069-8.
Abstract/Text
PMID 18218557  J Chin Med Assoc. 2008 Jan;71(1):30-6. doi: 10.1016/S17・・・
著者:
雑誌名: Eur Radiol. 1998;8(2):212-7.
Abstract/Text
PMID 9477267  Eur Radiol. 1998;8(2):212-7.
著者:
雑誌名: AJR Am J Roentgenol. 2007 Apr;188(4):927-33.
Abstract/Text
PMID 17377025  AJR Am J Roentgenol. 2007 Apr;188(4):927-33.
著者:
雑誌名: J Urol. 2013 Jun;189(6):2142-6. doi: 10.1016/j.juro.2012.12.029. Epub 2012 Dec 20.
Abstract/Text
PMID 23261481  J Urol. 2013 Jun;189(6):2142-6. doi: 10.1016/j.juro.201・・・
著者:
雑誌名: Radiology. 2009 Apr;251(1):105-11. doi: 10.1148/radiol.2511081084. Epub 2009 Feb 27.
Abstract/Text
PMID 19251939  Radiology. 2009 Apr;251(1):105-11. doi: 10.1148/radiol.・・・
著者:
雑誌名: Ann Emerg Med. 2015 Feb;65(2):189-98.e2. doi: 10.1016/j.annemergmed.2014.09.008. Epub 2014 Nov 4.
Abstract/Text
PMID 25441242  Ann Emerg Med. 2015 Feb;65(2):189-98.e2. doi: 10.1016/j・・・
著者:
雑誌名: BJU Int. 2013 Apr;111(4):622-7. doi: 10.1111/j.1464-410X.2012.11292.x. Epub 2012 Jul 3.
Abstract/Text
PMID 22757744  BJU Int. 2013 Apr;111(4):622-7. doi: 10.1111/j.1464-410・・・
著者: Takahiro Yasui, Masanori Iguchi, Sadao Suzuki, Kenjiro Kohri
雑誌名: Urology. 2008 Feb;71(2):209-13. doi: 10.1016/j.urology.2007.09.034.
Abstract/Text OBJECTIVES: We evaluated the epidemiological details and chronological trends of upper urinary tract stones in Japan using a nationwide survey of urolithiasis.
METHODS: All patient visits to urologists that resulted in a diagnosis of first-episode upper urinary tract stones in 2005 were enumerated irrespective of admission and treatment. The study included all hospitals approved by the Japanese Board of Urology, thus covering nearly all urologists practicing in Japan. We compared the estimated annual incidence according to gender and age with the incidence determined from nationwide surveys between 1965 and 1995.
RESULTS: The estimated annual incidence of first-episode upper urinary tract stones in 2005 was 134.0 per 100,000 (192.0 in men and 79.3 in women). The estimated age-standardized annual incidence of first-episode upper urinary tract stones in 2005 was 114.3 per 100,000 (165.1 for men and 65.1 for women), which represents a steady increase from 54.2 in 1965. The annual incidence has increased in all age groups except during the first 3 decades of life and the peak age for both men and women has also increased.
CONCLUSIONS: The annual incidence of upper urinary tract stones has steadily increased in Japan and this trend will continue in the near future. This probably results from improvements in clinical-diagnostic procedures, changes in nutritional and environmental factors, and general apathy toward metabolic clarification and metaphylaxis.

PMID 18308085  Urology. 2008 Feb;71(2):209-13. doi: 10.1016/j.urology.・・・
著者:
雑誌名: Urology. 2008 Nov;72(5):1001-5. doi: 10.1016/j.urology.2008.06.038. Epub 2008 Sep 25.
Abstract/Text
PMID 18817962  Urology. 2008 Nov;72(5):1001-5. doi: 10.1016/j.urology.・・・
著者:
雑誌名: J Endourol. 2010 Jun;24(6):923-30. doi: 10.1089/end.2009.0670.
Abstract/Text
PMID 20482232  J Endourol. 2010 Jun;24(6):923-30. doi: 10.1089/end.200・・・
著者:
雑誌名: Eur Urol. 2007 Dec;52(6):1610-31.
Abstract/Text
PMID 18074433  Eur Urol. 2007 Dec;52(6):1610-31.
著者:
雑誌名: Int J Urol. 2010 May;17(5):462-5. doi: 10.1111/j.1442-2042.2010.02499.x. Epub 2010 Feb 25.
Abstract/Text
PMID 20202002  Int J Urol. 2010 May;17(5):462-5. doi: 10.1111/j.1442-2・・・
著者:
雑誌名: Int J Urol. 2011 Sep;18(9):672-4. doi: 10.1111/j.1442-2042.2011.02810.x. Epub 2011 Jun 26.
Abstract/Text
PMID 21707766  Int J Urol. 2011 Sep;18(9):672-4. doi: 10.1111/j.1442-2・・・
著者:
雑誌名: AJR Am J Roentgenol. 2002 Jan;178(1):101-3.
Abstract/Text
PMID 11756098  AJR Am J Roentgenol. 2002 Jan;178(1):101-3.
著者:
雑誌名: J Urol. 1999 Sep;162(3 Pt 1):688-90; discussion 690-1.
Abstract/Text
PMID 10458343  J Urol. 1999 Sep;162(3 Pt 1):688-90; discussion 690-1.
著者:
雑誌名: Am J Med. 1973 Feb;54(2):234-40.
Abstract/Text
PMID 4539855  Am J Med. 1973 Feb;54(2):234-40.
著者:
雑誌名: Cochrane Database Syst Rev. 2015 Jun 29;6:CD006027. doi: 10.1002/14651858.CD006027.pub2.
Abstract/Text
PMID 26120804  Cochrane Database Syst Rev. 2015 Jun 29;6:CD006027. doi・・・
著者:
雑誌名: Drug Intell Clin Pharm. 1985 Jun;19(6):433-6.
Abstract/Text
PMID 3891284  Drug Intell Clin Pharm. 1985 Jun;19(6):433-6.
著者:
雑誌名: Emerg Med Australas. 2012 Apr;24(2):144-50. doi: 10.1111/j.1742-6723.2011.01502.x. Epub 2011 Nov 28.
Abstract/Text
PMID 22487663  Emerg Med Australas. 2012 Apr;24(2):144-50. doi: 10.111・・・
著者:
雑誌名: Lancet. 2006 Sep 30;368(9542):1171-9.
Abstract/Text
PMID 17011944  Lancet. 2006 Sep 30;368(9542):1171-9.
著者:
雑誌名: Eur Urol. 2009 Sep;56(3):455-71. doi: 10.1016/j.eururo.2009.06.012. Epub 2009 Jun 21.
Abstract/Text
PMID 19560860  Eur Urol. 2009 Sep;56(3):455-71. doi: 10.1016/j.eururo.・・・
著者:
雑誌名: BJU Int. 2011 Jul;108(2):276-9. doi: 10.1111/j.1464-410X.2010.09801.x. Epub 2010 Nov 17.
Abstract/Text
PMID 21083640  BJU Int. 2011 Jul;108(2):276-9. doi: 10.1111/j.1464-410・・・
著者:
雑誌名: Urol Int. 2010;84(3):254-9. doi: 10.1159/000288224. Epub 2010 Apr 13.
Abstract/Text
PMID 20389151  Urol Int. 2010;84(3):254-9. doi: 10.1159/000288224. Epu・・・
著者:
雑誌名: Cochrane Database Syst Rev. 2014 Apr 2;4:CD008509. doi: 10.1002/14651858.CD008509.pub2.
Abstract/Text
PMID 24691989  Cochrane Database Syst Rev. 2014 Apr 2;4:CD008509. doi:・・・
著者:
雑誌名: Int J Urol. 2013 Aug;20(8):818-30. doi: 10.1111/iju.12048. Epub 2012 Dec 20.
Abstract/Text
PMID 23278872  Int J Urol. 2013 Aug;20(8):818-30. doi: 10.1111/iju.120・・・
著者:
雑誌名: Scand J Urol Nephrol. 2010 Dec;44(6):420-4. doi: 10.3109/00365599.2010.497769. Epub 2010 Jul 7.
Abstract/Text
PMID 20604720  Scand J Urol Nephrol. 2010 Dec;44(6):420-4. doi: 10.310・・・
著者:
雑誌名: Int J Urol. 2011 Nov;18(11):792-5. doi: 10.1111/j.1442-2042.2011.02850.x. Epub 2011 Sep 14.
Abstract/Text
PMID 21917021  Int J Urol. 2011 Nov;18(11):792-5. doi: 10.1111/j.1442-・・・
著者:
雑誌名: J Urol. 2005 Jul;174(1):167-72.
Abstract/Text
PMID 15947613  J Urol. 2005 Jul;174(1):167-72.
著者:
雑誌名: J Urol. 2008 Jan;179(1):194-7; discussion 197. Epub 2007 Nov 14.
Abstract/Text
PMID 18001796  J Urol. 2008 Jan;179(1):194-7; discussion 197. Epub 20・・・
著者:
雑誌名: J Urol. 2005 Aug;174(2):595-9.
Abstract/Text
PMID 16006908  J Urol. 2005 Aug;174(2):595-9.
著者:
雑誌名: J Urol. 2005 Jan;173(1):127-30.
Abstract/Text
PMID 15592053  J Urol. 2005 Jan;173(1):127-30.
著者:
雑誌名: Urology. 2005 Dec;66(6):1160-4.
Abstract/Text
PMID 16360432  Urology. 2005 Dec;66(6):1160-4.
著者:
雑誌名: J Urol. 2006 Nov;176(5):2055-8; discussion 2058.
Abstract/Text
PMID 17070254  J Urol. 2006 Nov;176(5):2055-8; discussion 2058.
著者:
雑誌名: J Urol. 2015 Aug;194(2):418-23. doi: 10.1016/j.juro.2015.01.110. Epub 2015 Feb 7.
Abstract/Text
PMID 25661296  J Urol. 2015 Aug;194(2):418-23. doi: 10.1016/j.juro.201・・・
著者:
雑誌名: J Urol. 2000 Mar;163(3):721-5.
Abstract/Text
PMID 10687964  J Urol. 2000 Mar;163(3):721-5.
著者:
雑誌名: J Urol. 1988 Apr;139(4):700-3.
Abstract/Text
PMID 3352025  J Urol. 1988 Apr;139(4):700-3.
著者:
雑誌名: Nephrol Dial Transplant. 2006 Apr;21(4):1117-8. Epub 2005 Dec 19.
Abstract/Text
PMID 16364989  Nephrol Dial Transplant. 2006 Apr;21(4):1117-8. Epub 2・・・
著者:
雑誌名: Int J Urol. 2006 May;13(5):613-5.
Abstract/Text
PMID 16771736  Int J Urol. 2006 May;13(5):613-5.
著者:
雑誌名: BJU Int. 2010 Apr;105(8):1162-7. doi: 10.1111/j.1464-410X.2009.08974.x. Epub 2009 Nov 20.
Abstract/Text
PMID 19930180  BJU Int. 2010 Apr;105(8):1162-7. doi: 10.1111/j.1464-41・・・
著者:
雑誌名: J Urol. 2011 Nov;186(5):1904-9. doi: 10.1016/j.juro.2011.06.066. Epub 2011 Sep 23.
Abstract/Text
PMID 21944085  J Urol. 2011 Nov;186(5):1904-9. doi: 10.1016/j.juro.201・・・
著者:
雑誌名: J Endourol. 2006 Mar;20(3):179-85.
Abstract/Text
PMID 16548724  J Endourol. 2006 Mar;20(3):179-85.
著者:
雑誌名: Eur Urol. 2015 Jan;67(1):125-37. doi: 10.1016/j.eururo.2014.07.003. Epub 2014 Jul 23.
Abstract/Text
PMID 25064687  Eur Urol. 2015 Jan;67(1):125-37. doi: 10.1016/j.eururo.・・・
著者:
雑誌名: Eur Urol. 2012 Jan;61(1):146-58. doi: 10.1016/j.eururo.2011.09.016. Epub 2011 Sep 28.
Abstract/Text
PMID 21978422  Eur Urol. 2012 Jan;61(1):146-58. doi: 10.1016/j.eururo.・・・
著者:
雑誌名: J Endourol. 2011 Aug;25(8):1275-80. doi: 10.1089/end.2011.0067. Epub 2011 Jul 13.
Abstract/Text
PMID 21751882  J Endourol. 2011 Aug;25(8):1275-80. doi: 10.1089/end.20・・・
著者:
雑誌名: J Urol. 2012 Jan;187(1):164-8. doi: 10.1016/j.juro.2011.09.054. Epub 2011 Nov 17.
Abstract/Text
PMID 22100003  J Urol. 2012 Jan;187(1):164-8. doi: 10.1016/j.juro.2011・・・
著者:
雑誌名: J Endourol. 2008 Dec;22(12):2677-80. doi: 10.1089/end.2008.0095.
Abstract/Text
PMID 19025388  J Endourol. 2008 Dec;22(12):2677-80. doi: 10.1089/end.2・・・
著者:
雑誌名: Br J Urol. 1991 Aug;68(2):122-4.
Abstract/Text
PMID 1884136  Br J Urol. 1991 Aug;68(2):122-4.
著者:
雑誌名: J Urol. 1995 May;153(5):1403-7.
Abstract/Text
PMID 7714951  J Urol. 1995 May;153(5):1403-7.
著者:
雑誌名: J Urol. 1997 Apr;157(4):1197-203.
Abstract/Text
PMID 9120901  J Urol. 1997 Apr;157(4):1197-203.
著者:
雑誌名: Ann Intern Med. 1997 Apr 1;126(7):497-504.
Abstract/Text
PMID 9092314  Ann Intern Med. 1997 Apr 1;126(7):497-504.
著者:
雑誌名: J Urol. 1996 Mar;155(3):839-43.
Abstract/Text
PMID 8583588  J Urol. 1996 Mar;155(3):839-43.
著者:
雑誌名: Urol Res. 2006 Jun;34(3):184-9. Epub 2006 Feb 4.
Abstract/Text
PMID 16463053  Urol Res. 2006 Jun;34(3):184-9. Epub 2006 Feb 4.
著者:
雑誌名: Eur Urol. 2009 Jul;56(1):72-80. doi: 10.1016/j.eururo.2009.03.031. Epub 2009 Mar 13.
Abstract/Text
PMID 19321253  Eur Urol. 2009 Jul;56(1):72-80. doi: 10.1016/j.eururo.2・・・
著者:
雑誌名: J Urol. 1993 Dec;150(6):1761-4.
Abstract/Text
PMID 8230497  J Urol. 1993 Dec;150(6):1761-4.
著者:
雑誌名: Br J Urol. 1994 Apr;73(4):362-5.
Abstract/Text
PMID 8199822  Br J Urol. 1994 Apr;73(4):362-5.
著者:
雑誌名: Lancet. 1973 Jan 20;1(7795):129-31.
Abstract/Text
PMID 4118468  Lancet. 1973 Jan 20;1(7795):129-31.
著者:
雑誌名: N Engl J Med. 1986 Nov 27;315(22):1386-9.
Abstract/Text
PMID 3534570  N Engl J Med. 1986 Nov 27;315(22):1386-9.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから