今日の臨床サポート

遊走腎

著者: 井崎博文1) 徳島県立中央病院泌尿器科

著者: 金山博臣2) 徳島大学 医学科器官病態修復医学講座泌尿器科学分野

監修: 中川昌之 公益財団法人 慈愛会 今村総合病院 泌尿器科顧問

著者校正/監修レビュー済:2021/06/16
患者向け説明資料
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
井崎博文 : 特に申告事項無し[2021年]
金山博臣 : 講演料(武田薬品工業株式会社),奨学(奨励)寄付など(小野薬品工業株式会社,大鵬薬品工業株式会社,アステラス製薬株式会社)[2021年]
監修:中川昌之 : 研究費・助成金など(武田薬品工業株式会社)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、遊走腎の患者の男女比について加筆・修正した。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 遊走腎は、臥位では正常な位置にある腎臓が、立位で2椎体以上または5cm以上下降する状態である。<図表>
  1. 内臓下垂の部分症状と考えられ、腎周囲脂肪組織の発育不良、腹部筋肉の緊張低下などが誘因になる。
  1. 男女比は3:100と女性、特に痩身で体脂肪の乏しい神経質な女性にみられることが多いが、最近は若い男性にもみられるようになっている。
  1. 立位では肝臓の荷重負荷がかかるなどの要因から右腎(70%)に多く、両腎(20%)、左腎(10%)と続く。
  1. ほとんどは無症候性であるが、10~20%の患者の立位負荷で症状を呈する。具体的には腎の下垂で腎動静脈が過度に牽引されることによる血流不全や尿管の屈曲や蛇行による腎盂内圧の上昇により側腹部痛や背部痛を認め、時に悪心嘔吐などの消化器症状を伴う。肉眼的血尿を認めることもある。また、無症候性であっても顕微鏡的血尿や蛋白尿など尿所見に異常を認めることがある。
問診・診察のポイント  
  1. 立位歩行や荷重負荷により側腹部痛や背部痛が持続または増悪する患者では本症を疑う。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Cary Siegel
雑誌名: J Urol. 2005 Jun;173(6):2024. doi: 10.1097/01.ju.0000161244.98818.46.
Abstract/Text
PMID 15879813  J Urol. 2005 Jun;173(6):2024. doi: 10.1097/01.ju.000016・・・
著者: E Plas, K Daha, C R Riedl, W A Hübner, H Pflüger
雑誌名: J Urol. 2001 Aug;166(2):449-52.
Abstract/Text PURPOSE: Symptomatic nephroptosis is a rare disease requiring surgical therapy only in select cases. Laparoscopic nephropexy has been reported as minimally invasive treatment for symptomatic patients. We evaluated our long-term outcome after laparoscopic fixation of the kidney with an alloplastic mesh graft.
MATERIALS AND METHODS: Since 1992, 30 patients have undergone laparoscopic transperitoneal nephropexy for symptomatic nephroptosis. All patients were preoperatively investigated by excretory urography (IVP) and split renal scan in the supine and upright positions. For fixing the kidney to the abdominal wall a polyglactin and polypropylene mesh graft was used in 6 and 24 cases, respectively. A total of 17 patients with a minimum followup of 5 years participated in an assessment of long-term outcome. Clinical examination, IVP and split renal function testing were performed with patients lying and standing. Patients were further questioned about postoperative satisfaction and whether they would undergo the procedure again.
RESULTS: Of 17 patients 10 completed all investigations, 3 were contacted by telephone and 4 were lost to followup. Median followup was 5.9 years. Improvement in symptoms was reported in all cases with complete relief in 11 and intermittent flank pain requiring no medication in 2. There were no postoperative urinary tract infections or hematuria observed with improved hypertension requiring no postoperative medication in 1 case. Postoperatively IVP showed no recurrence in 8 of 10 patients but there was 5 cm. or greater recurrent ptosis in 2. Recurrence developed after using the polyglactin and polypropylene mesh grafts. Comparing preoperative and postoperative (123)iodine renal scans revealed significant improvement in renal function in 9 cases (p <0.05). There was no postoperative difference in split renal function and only 1 patient did not improve. No complications were noted except 1 symptomatic recurrence 3 months after the initial operation that required open surgical fixation. A total of 11 patients were completely satisfied with the long-term outcome and 2 were moderately satisfied. Of the patients 12 would undergo the procedure again, including 2 with persistent slight flank pain. One patient was inconsistent in regard to whether she would undergo the procedure again.
CONCLUSIONS: Symptomatic nephroptosis is a bothersome disease requiring therapy only after thorough evaluation, including IVP and split renal scan with patients supine and upright. The good clinical outcome and highly satisfactory cosmetic result support laparoscopic nephropexy as the treatment of choice. Short-term and long-term results prove the efficacy of renal fixation with alloplastic mesh graft as minimally invasive therapy with a high success rate.

PMID 11458045  J Urol. 2001 Aug;166(2):449-52.
著者: Ali S Gözen, Jens J Rassweiler, Frank Neuwinger, Stephan Bross, Dogu Teber, Peter Alken, Martin Hatzinger
雑誌名: J Endourol. 2008 Oct;22(10):2263-7. doi: 10.1089/end.2008.0365.
Abstract/Text BACKGROUND AND PURPOSE: Laparoscopy has been reported recently as a minimally invasive approach for nephropexy. We evaluated our long-term outcomes and quality of life (QoL) after laparoscopic retroperitoneal nephropexy (LRNP).
PATIENTS AND METHODS: Forty-eight patients with symptomatic nephroptosis with a mean age of 36.2 years underwent LRNP between February 1993 and October 2004 in two German centers. Preoperatively, intravenous urography (IVU) and a renal scan were performed in supine and upright positions. Postoperatively, the IVU and renal scan were repeated. The patients were asked after a median follow-up of 8.16 years for long-term postoperative outcome with a mailed questionnaire about their QoL, symptoms, and whether they would undergo the operation again.
RESULTS: No major intraoperative complications were observed. The mean operative time was 95 minutes (range 50-200 min). The median blood loss was less than 50 mL. Postoperatively, 94.1% of the kidneys radiographically showed no ptosis or ptosis less than one vertebral body. We were able to contact 41 of 48 (85.4%) patients, of whom 95% had no objective symptoms after the operation and 91% had an improvement of their pain symptoms. Of the contacted patients, 70.7% reported an improvement in their QoL and 87% would undergo the operation again.
CONCLUSION: LRNP is a minimally invasive, suitable, established method for managing symptomatic nephroptosis with good long-term clinical outcomes and patient satisfaction. This approach also improves patients' perceived QoL.

PMID 18937591  J Endourol. 2008 Oct;22(10):2263-7. doi: 10.1089/end.20・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから