今日の臨床サポート

ベーチェット病(眼科)

著者: 園田康平 九州大学大学院医学研究院眼科学分野

監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科

著者校正/監修レビュー済:2020/04/09
参考ガイドライン:
  1. 日本眼炎症学会ぶどう膜炎診療ガイドライン作成委員会:ぶどう膜炎診療ガイドライン,日眼会誌123巻6号,635-696,2019
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 眼発作が頻発する場合、その頻度抑制のためにコルヒチンおよびシクロスポリンを単独または併用して投与する。両剤を併用しても後眼部発作を頻発する症例や、両剤が副作用で使用できない症例に対して、インフリキシマブの点滴静注を考慮する(推奨度2)。
  1. 前眼部の炎症に対してはステロイド薬の点眼治療を行う。同時に、虹彩後癒着を起こさないよう十分に瞳孔管理を行う必要がある(推奨度2)。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
園田康平 : 講演料(ノバルティスファーマ(株)),奨学(奨励)寄付など(大塚製薬(株),わかもと製薬(株),千寿製薬(株),HOYA(株),参天製薬(株),エーザイ(株)),企業などが提供する寄付講座(ニデック)[2021年]
監修:沖波聡 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った。

病態・疫学・診察

疾患情報  
  1. ベーチェット病は、皮膚粘膜病変を特徴とする、原因不明の自己免疫性疾患である。
  1. ベーチェット病は、指定難病であり、重症度基準Ⅱ度以上の場合などでは、申請し認定されると保険料の自己負担分の一部が公費負担として助成される。([平成27年1月施行])
  1.  難病法に基づく医療費助成制度 
  1. ベーチェット病の診断は、わが国では特定疾患診断基準に準拠して行う。 >詳細情報 
  1. ①口腔内難治性アフタ潰瘍、②結節性紅斑などの皮膚症状、③虹彩毛様体炎・網脈絡膜炎(ぶどう膜炎)、④外陰部潰瘍――を主症状とする、慢性再発性の全身性炎症性疾患である。
  1. 日本では現在、約1万8,000人の報告がある。発病年齢は、男女とも20~40歳に多く、30歳代前半にピークを示す。
  1. ベーチェット病のさまざまな症状のなかでも、特に眼症状は重篤で失明に至る場合も多く、本症患者のQOLを著しく低下させている。
問診・診察のポイント  
  1. 主症状・副症状は多岐にわたるため、特定科の所見にこだわることなく、時間をかけて全身症状をきめ細かに問診することが大切である。主症状であっても、時間的に同時に起こるとは限らず、数年前にさかのぼって、視覚異常、口腔内異常、皮膚異常、陰部異常、胃腸障害、発熱などの有無を問診する。問診のなかで特に繰り返すような症状には注意を払う。眼症状は軽微なケースも存在するので、細かいエピソードにも注意が必要である。特に眼科的診察は自覚症状があるとき、出た直後に行うことが望ましい。眼炎症は軽微な場合は2~3日で消退するため、眼所見を見落とす可能性があるからである。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Annabelle A Okada, Hiroshi Goto, Shigeaki Ohno, Manabu Mochizuki, Ocular Behçet's Disease Research Group Of Japan
雑誌名: Arch Ophthalmol. 2012 May;130(5):592-8. doi: 10.1001/archophthalmol.2011.2698.
Abstract/Text OBJECTIVE: To describe the effects of infliximab on refractory uveoretinitis in patients with Behçet disease during the first year of treatment.
METHODS: Data were collected prospectively at 8 tertiary uveitis centers. Safety was analyzed in 63 patients. Efficacy was analyzed in 50 patients, after exclusion of those who had received infliximab for various reasons before the study.
RESULTS: Eighty-nine percent (56 of 63) of the patients were male, with 70% (44 of 63) of the patients aged 25 to 44 years. The safety analysis demonstrated that 34 episodes of adverse effects occurred in 46% (29 of 63) of patients during 1 year, including 3 episodes of infusion reactions. No adverse effects were deemed serious. The efficacy analysis at 1 year showed that uveoretinitis had improved in 69% (33 of 48), had improved somewhat in 23% (11 of 48), was unchanged in 8% (4 of 48), and had worsened in no patients. The mean number of ocular attacks per 6-month period decreased from 2.66 at baseline to 0.44 during months 1 through 6 of infliximab therapy and to 0.79 during months 7 through 12. Forty-four percent (21 of 48) of patients had no ocular attacks during the 1-year period. Efficacy was best for patients with uveoretinitis duration of less than 5 years. The mean best-corrected visual acuity improved logarithm of the minimum angle of resolution from 0.736 at the first infliximab infusion to 0.616 at the end of 1 year (P = .01).
CONCLUSIONS: Infliximab treatment for Behçet disease uveoretinitis was well tolerated, with nonserious adverse effects occurring in about half of the patients. At the end of 1 year, uveoretinitis had improved or improved somewhat in 92% (44 of 48) of patients, accompanied by improvement in the mean visual acuity.

PMID 22652845  Arch Ophthalmol. 2012 May;130(5):592-8. doi: 10.1001/ar・・・
著者: Shigeaki Ohno, Satoshi Nakamura, Sadao Hori, Machiko Shimakawa, Hidetoshi Kawashima, Manabu Mochizuki, Sunao Sugita, Satoki Ueno, Kazuyuki Yoshizaki, Goro Inaba
雑誌名: J Rheumatol. 2004 Jul;31(7):1362-8.
Abstract/Text OBJECTIVE: Behçet's disease (BD) with uveoretinitis is a chronic refractory disease accompanied by ocular attacks. As the decrease in visual acuity due to ocular attack is seriously life-threatening, development of a new drug is anticipated. Since tumor necrosis factor-a (TNF-a) is involved in the symptoms of BD, particularly the activity of ocular symptoms, suppression of TNF-a might be effective in treating BD with uveoretinitis. We conducted a clinical trial of infliximab, an anti-TNF-a chimeric monoclonal antibody, in patients with BD.
METHODS: In this open label trial, the efficacy, safety, and pharmacokinetics of repeated administration of infliximab were evaluated in 13 patients with BD accompanied by refractory uveoretinitis. Infliximab was administered 4 times at Weeks 0, 2, 6, and 10 at doses of either 5 or 10 mg/kg by intravenous drip infusion. Frequency of ocular attacks was used as the primary index for evaluation of efficacy, with visual acuity and extraocular symptoms as secondary indices.
RESULTS: The mean numbers of ocular attacks, converted to frequency per 14 weeks, were 3.96 times for the 5 mg/kg group and 3.79 times for the 10 mg/kg group during the observation period. Following treatment with infliximab, they decreased to 0.98 times and 0.16 times, respectively. A serious adverse event, tuberculosis, was observed in one case in the 10 mg/kg group. Serum infliximab concentration increased with dosage.
CONCLUSION: Administration of infliximab in patients with BD with refractory uveoretinitis suppressed the frequency of ocular attacks, and multiple administration was well tolerated, suggesting that infliximab is effective for this condition.

PMID 15229958  J Rheumatol. 2004 Jul;31(7):1362-8.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから