今日の臨床サポート

続発緑内障

著者: 岩尾圭一郎1) 健軍桜木眼科

著者: 稲谷 大2) 福井大学医学部眼科学教室

監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科

著者校正/監修レビュー済:2018/10/03
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 続発緑内障とは、他の眼疾患、全身疾患あるいは薬物使用が原因となって眼圧上昇が生じる緑内障である。
  1. 現在の緑内障ガイドラインでは、緑内障診断は緑内障性視神経症(GON)を有する症例で定義されているが、本症の一部では、GONによる視神経の形態変化や視野変化の評価が困難なものが含まれ、従来どおり続発性の眼圧上昇を有する症例を含めるものとなっている。しかしながら、一部の文献ではGONを伴っていない場合に高眼圧症として扱っているものもある。
  1. 眼圧上昇の機序により、続発開放隅角緑内障(線維柱帯~前房・線維柱帯・Schlemm管より後方に房水流出抵抗の主座が存在するもの)、続発閉塞隅角緑内障(瞳孔ブロック、虹彩-水晶体の前方移動による直接隅角閉塞、水晶体より後方に存在する組織の前方移動、周辺虹彩前癒着によるもの)に大別される。
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
岩尾圭一郎 : 未申告[2021年]
稲谷 大 : 講演料(ノバルティス,興和,参天製薬,千寿製薬,グラウコス),奨学(奨励)寄付など(千寿製薬,エイエムオー・ジャパン,参天製薬)[2021年]
監修:沖波聡 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 緑内障診療ガイドライン(第 4 版)
に基づき、確認および改訂を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報  
  1. 続発緑内障は、他の眼疾患、全身疾患あるいは薬物使用が原因となって眼圧上昇が生じる緑内障である[1]
  1. 現在の緑内障ガイドラインでは、緑内障診断は緑内障性視神経症(GON)を有する症例で定義されているが、本症の一部では、GONによる視神経の形態変化や視野変化の評価が困難なものが含まれ、従来どおり続発性の眼圧上昇を有する症例を含めるものとなっている。しかしながら、一部の文献では、GONを伴わない場合には高眼圧症として扱っているものもある[1]
  1. 眼圧上昇の機序により、続発開放隅角緑内障(線維柱帯~前房・線維柱帯・Schlemm管より後方に房水流出抵抗の主座が存在するもの)、続発閉塞隅角緑内障(瞳孔ブロック、虹彩-水晶体の前方移動による直接隅角閉塞、水晶体より後方に存在する組織の前方移動、周辺虹彩前癒着によるもの)に大別される。
  1. 続発緑内障の分類:<図表>
  1. 原因疾患を把握し、眼圧上昇機転を理解して原因疾患の治療を行うことが眼圧下降の基本である。しかしながら、大部分の症例は、点眼をはじめとする眼圧下降薬を併用しながら原因疾患の治療に当たる場合が多い。
問診・診察のポイント  
  1. 過去の全身疾患や眼科疾患の既往、服用歴を確認する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: D J Forster, N A Rao, R A Hill, Q H Nguyen, G Baerveldt
雑誌名: Ophthalmology. 1993 May;100(5):613-8.
Abstract/Text BACKGROUND: The Vogt-Koyanagi-Harada syndrome is a bilateral panuveitis associated with neurologic and dermatologic manifestations.
METHODS: The authors reviewed the charts of all patients with Vogt-Koyanagi-Harada syndrome seen at their institution over the past decade to determine the incidence of glaucoma, as well as the results of medical and surgical therapy for glaucoma, in this group of patients.
FINDINGS: Of 42 patients diagnosed with Vogt-Koyanagi-Harada syndrome, evidence of glaucoma requiring either medical or surgical intervention occurred in 16 patients (38.1%). Of these, nine (56.3%) had open-angle glaucoma and seven (43.7%) had angle-closure secondary to pupillary block. In 5 (31.3%) of the 16 patients, medical therapy alone was sufficient to control intraocular pressure. Eleven patients (68.7%) required surgical intervention, consisting of laser iridotomy, surgical iridectomy, trabeculectomy with or without 5-fluorouracil, and/or Molteno implantation.
CONCLUSION: The relative success of each of these procedures in this group of patients is discussed. Glaucoma is a common complication in the Vogt-Koyanagi-Harada syndrome, and one that is often difficult to control.

PMID 8098519  Ophthalmology. 1993 May;100(5):613-8.
著者: A Kishi, N Nao-i, A Sawada
雑誌名: Am J Ophthalmol. 1996 Nov;122(5):735-7.
Abstract/Text PURPOSE: We studied a case of Vogt-Koyanagi-Harada syndrome with transient shallow anterior chamber and increased intraocular pressure as initial manifestations.
METHODS: We examined the patient using ultrasound biomicroscopy and speculated on the mechanisms of increased intraocular pressure.
RESULTS: Ultrasound biomicroscopic examinations revealed the swollen ciliary body with anterior rotation and supraciliary space at the time of increased intraocular pressure.
CONCLUSIONS: We confirmed that the swollen ciliary body with anterior rotation and supraciliary space caused transient angle-closure glaucoma in this patient with Vogt-Koyanagi-Harada syndrome.

PMID 8909219  Am J Ophthalmol. 1996 Nov;122(5):735-7.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから