今日の臨床サポート

慢性糸球体腎炎

著者: 永澤元規1) 大阪大学医学部附属病院・老年総合内科

著者: 安田 隆2) 吉祥寺あさひ病院

監修: 木村健二郎 地域医療機能推進機構 東京高輪病院

著者校正/監修レビュー済:2018/04/05
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 慢性糸球体腎炎とは、やが持続的に認められ、経過とともに浮腫、高血圧などの臨床症状や腎機能低下を認める疾患である。
  1. 慢性糸球体腎炎は、単一の疾患名ではなく症候群であり、さまざまな疾患を含んでいる。が最も多く、約40%を占めている。
  1. のほかに、一次性膜性増殖性腎炎などの一次性(原発性)以外に、全身性エリテマトーデス、紫斑病などの全身性疾患に伴う二次性(続発性)のもの、そして菲薄基底膜症候群などの遺伝性のものがある。
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が

閲覧にはご契約
  1. 閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
閲覧にはご契
閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
閲覧にはご契
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
永澤元規 : 特に申告事項無し[2021年]
安田 隆 : 未申告[2021年]
監修:木村健二郎 : 未申告[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 慢性糸球体腎炎は、 蛋白尿 や 血尿 が持続的に認められ、経過とともに浮腫、高血圧などの臨床症状や腎機能低下を認めるものをいう。
  1. 慢性糸球体腎炎は、上記の症状、検査所見を呈する症候群的病名であり、原因疾患はさまざまである。
  1.  IgA腎症 、一次性膜性増殖性腎炎などの一次性(原発性)以外に、全身性エリテマトーデス、紫斑病などの全身性疾患に伴う二次性(続発性)のもの、そして菲薄基底膜症候群などの遺伝性のものがある。
  1. 透析導入の原因疾患としては、糖尿病性腎症に1998年以降、第1位の座を譲ったが、依然として慢性糸球体腎炎は上位を占める重要な疾患である。
  1. 慢性糸球体腎炎のなかで、IgA腎症が最も多く、約40%を占めている。
問診、診察のポイント  
  1. 経過を確認する:尿潜血、 尿蛋白 の出現時期、健診結果、肉眼的血尿の有無、上気道感染との関連の有無などを聴取する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Yoshinori Taji, Takashi Kuwahara, Satoru Shikata, Takeshi Morimoto
雑誌名: Clin Exp Nephrol. 2006 Dec;10(4):268-73. doi: 10.1007/s10157-006-0433-8. Epub 2006 Dec 20.
Abstract/Text BACKGROUND: Antiplatelet agents have been widely used in the management of immunoglobulin A (IgA) nephropathy in the Japanese population. To systematically evaluate the effects of antiplatelet agents for IgA nephropathy, we conducted a meta-analysis of the published studies.
METHODS: Data sources consisted of MEDLINE, EMBASE, the Cochrane Library, Ityu-shi (Japanese medical database), and bibliographies from the studies. The quality of the studies was evaluated from the intention to treat analysis and allocation concealment, as well as by the Jadad method. Meta-analyses were performed on the outcomes of proteinuria and renal function.
RESULTS: Seven articles met the predetermined inclusion criteria. The use of antiplatelet agents showed statistically significant effects on proteinuria and renal function. The pooled risk ratio for proteinuria was 0.61 (95% confidence intervals (CI) 0.39-0.94) and for renal function it was 0.74 (95% CI 0.63-0.87).
CONCLUSIONS: Antiplatelet agents resulted in reduced proteinuria and protected renal function in patients with IgA nephropathy. However, studies of high-quality design were rare, and most studies assessed surrogate outcomes. More properly designed studies are needed to reach a definitive assessment of this matter.

PMID 17186331  Clin Exp Nephrol. 2006 Dec;10(4):268-73. doi: 10.1007/s・・・
著者: Claudio Pozzi, Simeone Andrulli, Lucia Del Vecchio, Patrizia Melis, Giovanni B Fogazzi, Paolo Altieri, Claudio Ponticelli, Francesco Locatelli
雑誌名: J Am Soc Nephrol. 2004 Jan;15(1):157-63.
Abstract/Text Proteinuria plays a causal role in the progression of IgA nephropathy (IgAN). A previous controlled trial showed that steroids are effective in reducing proteinuria and preserving renal function in patients with IgAN. The objective of this study was to evaluate the long-term effectiveness of steroids in IgAN, examine the trend of proteinuria during follow-up (starting from the hypothesis that the degree of reduction in proteinuria may influence IgAN outcome), and evaluate how histologic scores can influence steroid response. A secondary analysis of a multicenter, randomized, controlled trial of 86 adult IgAN patients who were receiving supportive therapy or intravenous methylprednisolone plus oral prednisone for 6 mo was conducted. Ten-year renal survival was significantly better in the steroid than in the control group (97% versus 53%; log rank test P = 0.0003). In the 72 patients who did not reach the end point (doubling in baseline serum creatinine), median proteinuria significantly decreased (1.9 g/24 h at baseline, 1.1 g/24 h after 6 mo, and 0.6 g/24 h after a median of 7 yr). In the 14 progressive patients, proteinuria increased from a median of 1.7 g/24 h at baseline to 2.0 g/24 h after 6 mo and 3.3 g/24 h after a median of 5 yr. Steroids were effective in every histologic class. Cox multivariate regression analyses showed that, in addition to steroids, a low baseline histologic score, a reduction in proteinuria after 6 mo, and no increase in proteinuria during follow-up all were independent predictors of a beneficial outcome. Steroids significantly reduce proteinuria and protect against renal function deterioration in IgAN. The histologic picture and proteinuria during early and late follow-up improve the prediction of outcome, but considerable variability remains outside the model.

PMID 14694168  J Am Soc Nephrol. 2004 Jan;15(1):157-63.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから